ハイレベルな環境の中で自分を磨き続けるエンジニアインターン生にインタビュー

ハイレベルな環境の中で自分を磨き続けるエンジニアインターン生にインタビュー

プロフィール

高橋佑一朗 (たかはしゆういちろう)
株式会社ホットティー 元インターン生

学校で学べないことをインターンで

-----インターンを始めたきっかけは?
A.学校では学べないことってたくさんあると思うのですが、現場の実際の風景だったり、技術だったり、というものは実際にインターンをしないとわからないので、それを学びたいと思い始めたのがきっかけです。

-----ご友人にインターンをやっている方はいましたか?
A.そうですね。周りもインターンを始めている方が2、3人いたので。

-----インターンをすると実務が学べるよと友人から聞いたのですか?
A.一度、エンジニアインターンというのに参加して、インターンってこういうものをやっているんだよと聞いて、やってみたいなと思いました。

-----今、インターンを始めて何か月目ですか?
A.ホットティーは3か月ほどでやめてしまって、今は別の会社でやっています。インターンはもう3、4社目です。すべてエンジニアとして働きました。

技術力の高さに圧倒された!

-----専門はあるのですか?
A.アプリですね。一番好きでもあります。

-----ホットティーでは何をされていたのですか?
A.ソーシャルゲームの画面を作成していました。フロントですね。デザインはもうあったので、それを使っていきます。

-----ホットティーでは他の大学生もインターンをされていたと思うのですが、どうでした?
A.優秀な方が多かったです。やはりプログラミングの技術力というのはまったく違いました。

-----3社もやっているとその中でも抜きんでていくのでは?
A.3社目のインターン先の上司の方がすごく厳しくしていただいたので、大変感謝しています。その方にも、まだまだ低いレベルだよって言われて。自分なりに切磋琢磨しています。

-----3社やっていく中で、求められているレベルの高さでインターンをする前とのギャップはありましたか?
A.自分がやっていく中で、自分ができないというのはわかるんです。なのでもっと高い水準にもっていかなきゃと思っています。求められているレベルが高いなとは感じていません。

-----3社に勤務したということで詳しく教えていただいてもよろしいでしょうか?
A.まず、最近カップル向けのアプリが人気ですよね。ということでPairyというアプリを実際に作っていました。また一休さんなどを開発していました。

-----どのような基準でインターンする企業を選ばれているのですか?
A.自分がやりたいことと、会社さんがやりたいことが同じであることが大切だと思っています。使っているプログラミング言語も重要です。本当に学びたい言語だったら、その言語をつかっている企業の中から選定します。

自分にしか作れないものを

-----将来どんなサービスを作っていきたいですか?
A.自分にしか作れないものを作っていきたいなと思っているのですが、そして作ったものをみんなに受け入れられたらいいなと思います。

-----将来的にはソーシャルゲームを開発したいのですか?
A.ソーシャルゲームというよりは、アプリケーションを作りたいですね。個人的に作りたいなと思っているのはユーティリティ系のアプリです。旅行に行ったときって、有名なところだったりガイドブック載ってるところしか行けないですよね。でも知っている人は知っている場所、マイナーだけどすっごくいい場所ってあると思うんです。そういうのをみんなでシェアできたらいいと思っています。まず、旅の記録と、どこ行ったという写真と、簡単なコメントをアプリで投稿できるものを作りたいと思っています。

-----貴重なお話ありがとうございました!