就活では必ずES(エントリーシート)、面接で志望動機について答えなければいけません。しかし、多くの方はいったい何から書き始めていいのかどんな内容を書けばいいのかわからないと思います。

そこで本コラムでは、志望動機の正しい書き方・好印象になる方法を完全伝授します。

JEEK(ジーク)には、他にも「業界・企業研究のやり方とは?」「筆記テスト・SPI・適性検査(性格検査)の対策方法」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

志望動機はまず業界・企業研究から

志望動機は、業界研究・企業研究を元に、自分の価値観企業の価値観(理念やポリシー)事業内容仕事内容を擦り合わせることにより作成することができます。

そのために考えなくてはいけないのが企業の魅力についてです。企業の魅力を要素ごと理解することでなぜその企業を選んだのか明確になります。

企業の魅力は大きく5つにわかれます。「目標」「活動内容」「風土・人」「特権」「特権」「基本データ」です。

目的・目標の魅力

目的・目標の魅力とは、企業のポリシーに関することです。具体的には、「経営理念」「経営ポリシー」「ビジョン」「経営戦略」「経営目標」に関するものです。

この中で、最初2つは、個人の価値観と照らし合わせて、自分が共感できるかどうかを考えて下さい。後の3つは、会社の方向性に関するものであり、「将来性」に繋がるものです。

ビジョンや、経営戦略が具体的であればある程、会社はそれを実現しやすくなります。

活動の魅力

活動内容の魅力とは、事業内容や商品・製品やサービス内容の魅力と、実際に自分がやりたい仕事やミッションに関するものです。

業界によって、これらの内容は同一分野のものですが、個別企業によって、そのスケール感や製品・商品、サービス内容が異なります。

また、実際に仕事上で要求されるレベル感も大きく異なっています。また、個々人の入社後の「夢」「やりたいこと」と大きく関連します。

風土・人の魅力

風土・人の魅力とは、一言では、社風やそこでイキイキと人が働いているかどうか、自分のやりたいことが実現できそうであるかどうかに関するものです。

社会人になると1日の大半は、会社の人と接します。その為、一緒に働く人との相性や関係性が人の幸・不幸に大きく関連してきます。

特権の魅力

特権の魅力とは、入社後の生活を支える基盤に関するものです。一般的には、業界により、ある程度の共通性があります。

ただし、当然のことながら、企業の業績に連動して上下します。

基本データ

最後に、基本データは、上記4つを支えるインフラに関するものです。売り上げや従業員数等数字で捉えられるため、同業他社との比較が容易です。

この要素を意識して企業研究を行いましょう。自分の軸をしっかりと作ることで企業間の比較が楽になり、自分にとってどこで働くのがベストなのか判断することができます。

志望動機について考えよう

以上をもとに企業研究を行ったら志望動機を書いてみましょう。しかし、どうやって書き始めてよいかわからないと思います。

上記を踏まえて、志望企業の作り方を紹介します。構造としては、「自己PR」で紹介したプレップ法をベースに作ります。

Step1:Point

結論は、上記4つの魅力要因の中から、自分が一番魅力を感じた結論を伝えます。結論から伝えることで何が魅力的なのか明確になりだけでなく、論理的で非常にわかりやすいです。

Step2:Reason

自分が結論を導き出した理由は、自己の大切にしてきた価値観と一致しているからであることを伝えます。

Step3:Example

自分が魅力を感じた結論の具体例とそれを魅力に感じた理由としての自分の経験を伝えます。

自分のエピソードを織り交ぜながら理由を明確にすることでオリジナルの志望動機になり、ほかの就活生との差別化ができます。

また、エピソードを書くことで今後あなたがどのように成長していくのか企業が理解できるのでエピソードを含めるのはとても大切です。

Step4:Point

もう一度結論を強調するためにPointを繰り返します。念押しをすることで話にまとまりが生まれ、論理的になり、企業に伝わりやすいです。

内定の取れる志望動機・履歴書例

志望企業を書くときに具体的にどのように考えればいいのか紹介します。

「企業理念に大変共感している」

→その共感する理由を具体的エピソードによって語る

「御社は今後大きく伸びると思うし、その役に立てる自信がある」

→志望企業が今後成長するという根拠を社会の将来像や自分の経験と重ねて語る

「志望企業の製品やサービスへの愛着、思い入れを語る」

→企業の製品やサービスに愛着を感じる理由を自分の経験を踏まえて語る

「社長の著書を読んで感動した。この社長のもとで働きたいと思った」

→どんな点が、感動したのかを語ると同時に、自分の経験を語る

「OB・OG訪問した社員の方から聞いた仕事の進め方や社風について語る」

→何が魅力的だったかを明確にすると同時に、自己の価値観を語る

(出展:就活コーチ「志望動機・履歴書・例文書き方」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・志望動機を書く前に業界研究・企業研究をすべき

・企業研究の際は、企業の魅力を要素分解してもとめ企業間の比較をしよう

・志望動機はプレップ法をベースに作成しよう

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。

就活コーチは、プロのコーチが「納得の就活と内定獲得」を親身になってマンツーマンでサポートする就活塾・就職塾(就活予備校・就職予備校)です。

一人一人への内定までの手厚くサポートで、高い学生満足度を誇り、毎年難関企業への内定者を輩出しています。こちらのイベントをきっかけに就活をスタートしませんか?

>>「就活コーチ無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう