面接で緊張してしまって言いたいことが上手く言えなかった、思い通りのパフォーマンスができなかった経験はないでしょうか。

そこで本コラムでは、就活生が良く行っているリラックス法をご紹介します。

JEEK(ジーク)には、他にも「面接の流れとマナー」「自宅でできる面接対策の方法」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

リラックス法1 深呼吸すること

一番始めに行うべきことは深呼吸を行うことです。呼吸を落ち着かせることで余分な力が抜け、表情が和らぎます。面接前は特に表情が固くなりますので一度大きく呼吸をし、リラックスしましょう。

リラックス法2 緊張を前向きにとらえる

面接で緊張しない方法の前に緊張に対するイメージを変えましょう。そもそも緊張が必ずしも悪いとは限りません。

緊張するということは、面接の重要性を理解していて、本気になっていて、さらに向上心もあるという証拠です。緊張にはそういう側面もあるので、なるべくポジティブに捉えましょう

そうすることで少し気持ちがほぐれます。これも一種の面接で緊張しない方法、和らげる方法です。

リラックス法3 緊張を把握する

面接で緊張しやすい人はまずその事実と向き合いましょう。逃げているといつまでたっても克服できません。まずは自分の緊張状態を把握できるようになりましょう。今緊張している、落ち着いてきたとか緊張に意識を向けてみましょう。

その上で面接や面接練習に挑みましょう。そうすることで自分の程よい緊張状態がわかってきます。それがあなたの最も集中力が高いタイミングです。なるべく面接のときに自分をその状態に持って行けると完璧です。

リラックス法4 過去を振り返る

いままでやってきた自己分析、業界・企業研究を振り返り自信を持つことです。自己分析や企業研究がしっかりできていて、質問も準備してという状態で面接に臨めば余裕も生まれます。

プレゼンも練習をしっかりやっている場合とぶっつけでやる場合で緊張の仕方が変わるのと同じです。スポーツや音楽の発表会も同じです。練習をしっかりやり、自信が持てれば緊張しすぎることはありません

リラックス法5 慣れてしまう

面接で緊張してしまう人は、とにかく場数を経験してください。その時上記を意識できば、落ち着いて面接に臨めます。

はじめは緊張して何も考えられないかもしれませんが、だんだんと慣れてくることによって考えられるようになります。

そうすることで緊張をコントロールできるようになってきます。慣れこそが誰にでも共通する最強の面接で緊張しない方法です。面接に余裕が感じられるほど受けてみてください。

(出展:キャリアアカデミー「面接で緊張しない方法とは」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

深呼吸をして呼吸を整えるとリラックスできる

・緊張を前向きにとらえてほど良い緊張感の中、面接を受けると良い

・逆質問を用意し、自信をもつと緊張せず最高のパフォーマンスが発揮できる

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。こちらのキャリアアカデミーのイベントでは徹底した就活対策(ES対策、面接対策など)を行っています!まずはこのイベントからスタートしませんか?

>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう