就職活動やインターンの面接で誰もが遭遇するであろう「圧迫面接」。いざ圧迫面接に遭遇すると、頭が真っ白になり、うまく話せなくなってしまうことがあります。

しかし、企業も意地悪で圧迫面接をしているのではなく、意図をもってしています。そこで、今回は、圧迫面接をテーマに、企業側が圧迫面接をする意図、その乗り切り方等を解説していきます。

JEEK(ジーク)には、他にも「自宅でできる面接対策とは?」「面接で他社の選考状況を聞いてくる意図とは?」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

圧迫面接とは

圧迫面接とは、その名の通り、面接官が学生を圧迫するような形式の面接です。一口に圧迫面接と言っても、その手法は様々です。

学生が回答したことに対して、反論しようがない指摘をしたりすることもあれば、学生の回答を聞いていない素振りを見せることや、いらいらした態度を見せることもあります。

最終選考や最終前の面接で、強弱の差はあれど、多くの企業が圧迫面接を実施しています。実は多くの企業が圧迫面接を実施するのには理由がありました。

企業が圧迫面接をする理由とは?

企業が圧迫面接をする理由は、学生の「ストレス耐性」をはかるためです。

もし、仕事をしていてお客さんとの商談の場で相手がこんな態度だったらどんな対応をしますか?仕事の現場では、自分勝手な客、できそうにない無理をいう客と向き合わねばならないことはよくあることです。

企業は実際の仕事の場面でのそういったストレスフルな状況で、適切な対策ができる人材が欲しいと考えています。

圧迫面接はこのようなストレスに対してどんな反応をとるか、そしてどんな機転の利いた答えを返せるか、いやな相手とうまくコミュニケーションをとれるかを見るために行われるのです。

ただ、圧迫面接は怖い面接だ、と思っているだけでは対応が難しいですが、なぜそのような面接がなされるかを知っていれば対策もできるというものです。

怖がらせるための面接ではないということをよく知っておきましょう。

大事なのは開き直り?圧迫面接に遭遇したら

圧迫面接はとても怖いと思います。ただでさえ緊張しているのに、相手が高圧的な態度で答えに窮する質問をしてくるのですから当たり前です。

ですが、お話したように圧迫面接には意味があって、面接官は本気であなたを困らせようとしているわけではありません。

「さて、どんな質問がくる?」くらいの気持ちを持つことが対策になります。よく学生がはまる落とし穴は、困った質問やひどい態度をされるのは、自分がなにか悪かったのだと思ってしまうこと

今までの会話のなかでなにかミスをしたのではと落ち込んでしまうのです。しかし先ほどから述べている通り圧迫面接はストレス耐性を測るものなので特にあなたに問題があるという可能性はないです。

それを踏まえても、相手の不遜な態度は確かに怖いと思います。しかしよく考えてください。面接官だってただの人です。

会社をでたら、そのあたりを歩いている普通の人なのだと開き直ってください。圧迫面接対策の一番のポイントは、平常心をなくさないこと。圧迫面接だと思ったら、にこりと笑ってみせるくらいの度胸をもってください。

そして困難な局面をうまく乗り切る能力があることをアピールする場だということを思い出し、それに尽力しましょう。

否定は絶対NG!圧迫面接への答え方

圧迫面接が、困難な局面での対応能力について見ている場なのだとしたら、やってはならないことはなんでしょうか。

一番いけないことは、動揺して感情のコントロールを失ってしまうことです。対策としては、「腹が立っても怒らない」「不愉快な思いをしても顔にださない」「感情が揺れても絶対泣かない」この3つを守って冷静に対応してください。

そして次に大事なことは反論しないことです。まず相手の言葉を受け入れてから、前向きな意見を述べましょう。論破しようとしたり、否定したりするとさらに圧力的な質問がくるおそれがあります

例えば「学生時代に〇〇の研究を頑張ったといいますが、成績はよいとはいえませんよね」などといわれた場合でも「いえ、よいです」とはいわないこと。

「そのとおりです」と肯定してから「努力が点数に反映されなかったことは、反省点ですが」などと付け加え、続けてどんなに研究をがんばったかというエピソードを話す、といった感じです。

なにを言われても前向きな返事ができるようにしておきましょう。圧迫面接は、答えの内容よりも、あなたの態度、感情の動きをみられているということをくれぐれも忘れないようにしてください。

圧迫面接は怖くない!

圧迫面接の目的は、あなたのストレス耐性をみようというもの。脅したり困らせたりすることが目的ではないということを忘れないでください。

それがわかっていれば、圧迫面接は、ストレスへの対応能力をアピールする場に変わります。一番の対策は、平常心を失わないで、普段のあなたで答えることです。ポイントは、明るく前向きに

しかし、最後にひとつ忠告をしておきます。あってはならないことですが、たまに圧迫面接の意味を取り違えた面接官がいます。気に入らない、といった理由でしつこく答えられない質問を繰り返したり、セクハラまがいのことをされたりすることも。

明らかにおかしいと思ったら辞退する勇気を。また「その程度の会社なのだ」と割り切ることも必要です。さあ、心の準備はできましたか?どんな面接も事前の心構えをしっかしして乗り切ってください!

(出展:キャリアアカデミー「圧迫面接を乗り切る対策とは」より)

最後に

圧迫面接についてご理解いただけましたか?ストレス耐性をはかると分かっても、いざ遭遇すると、頭が真っ白になってしまうものです。

しかし、面接の本質はコミュニケーション。しっかりと練習を積めば、圧迫面接であっても克服することができます。

面接対策は一人では難しいです。専門家のアドバイスが最も確実。キャリアアカデミーでは、人事部や面接官の経験がある講師と一緒に、模擬面接を何度も繰り返すことで、面接慣れをすることができます。

面接に慣れてしまえば、圧迫面接も怖くはありません。圧迫面接だけでなく、面接に対して不安がある方は、ぜひキャリアアカデミーの無料説明会だけでも足を運んでみてください!

>>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう