採用面接でかなりの頻度で聞かれる1つが自分の長所と短所です。自分の長所や短所は自己分析を行ったからわかるけど面接でほんとにこんな長所や短所を言って大丈夫なの?と不安に思う方が多いと思います。

そこで今回は採用面接で成功するキーワードをもとに紹介します!

JEEK(ジーク)には、他にも「リクルーター面談とは?」「就活で人気企業の特徴とは?」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

長所短所は企業へ自分を最もアピールできるポイント

企業は何をみているのか?

企業が採用面接で長所短所を聞く理由は大きく分けて2つです。「あなたの人柄を知り企業に合っているか必要か」「企業に入ったときに何をしてくれるのか」という2点を重視する傾向にあります。

まずは自己分析!

もしあまり短所や長所が見つからないとかあまり自覚できないと人がいたら自己分析がしっかりできていない可能性があります。面接の練習の前に自己分析ができていないと臨機応変に対応できません。まずは自己分析からはじめましょう。

>>自己分析のやり方とは?

自分に合うキーワードを探そう

すでに自己分析が済んできてある程度自分の長所短所がわかっているが、これを面接で言っていいのかわからないことがあると思います。そこで次に行うのがキーワードを探すことです。以下にキーワードを紹介します。

   長所           短所 

            慎重 ⇔ 心配性

           協調性 ⇔ 周りに流されやすい

           積極的 ⇔ 強引気味

    意見をはっきり言える ⇔ 自己主張が強い

        決断力がある ⇔ 考えが浅い

        観察眼がある ⇔ 人眼を気にし過ぎる

      よく物事を考える ⇔ 優柔不断

         仕事が早い ⇔ ミスが多い

        好奇心旺盛  ⇔ 欲張りすぎる

         行動が早い ⇔ そそかっしい

          我慢強い ⇔ ためこみがち

       人から頼られる ⇔ 自分のことがおろそかになってしまいがち 

・アドバイス!

皆さんお気づきかと思いますが実は長所と短所は表裏一体なのです。つまり短所か長所どちらか一方わかればよいのです。

キーワードの次はエピソードで肉付け

どんなワードを用いればいいのかわかったと思います。その次にやらなくてはいけないのがエピソードを付け加えることです。

キーワード選定 ⇒ エピソードを付け加える ⇒ 完成 となります。

キーワードを選定する際に自分の過去を思い返したと思います。そこでそのエピソードをより端的にまとめ、わかりやすくキーワードを混ぜながら文章を作っていきましょう。あまり長くする必要はありません。長すぎるとマイナス点になることもあります。ただ短すぎないように注意しましょう。

なぜ長所と短所を表裏一体で考えるのか?

なかには長所と短所を違うベクトルで考え、表裏一体で考えなくていいのではないのかと思う方もいると思います。

実は表裏一体で考えると長所短所をうまく述べることができます。「長所は~です。一方~~な反面があります。」のように話すことができるというものです。これは長所と短所を端的に話せとてもまとまりのある文章になります。

では次にその例文を紹介します。

回答例1

「私の長所は前向きなところです。特に辛い時にも前向きに考えることができるところです。この前向きさを活かし、入社してからもリーダーとして周囲に道を示していけると考えております。

その反面、少し楽観的になってしまう傾向があります。ものごとを楽観視し過ぎると、ミスやリスクが増えるといった良くない影響もあったため、現在は楽観的に陥らないように気を付けるようにしています。」

さきほども紹介しましたがこれが表裏一体で長所と短所を述べる方法です。長所も短所も捉え方次第で短所を必然的にカバーすることができます。

また、長所と短所のこの関係をうまく利用することで、互いに説得力が増します。

今回の例は面接で簡単な受け答えした場合を想定したものなので具体的エピソードは書いていませんが、聞かれたら答えられるようにしておきましょう。

回答例2

「長所は前向きさです。特に困難に直面した時でも前向きに考えられることが強みです。これは研究において厳しい状況に置かれたときに、それを悲観的に取らず、成長するために乗り越えるべき壁と捉え、自力で勉強し、粘り強く考え抜いた経験から言えます。

一方で心配性という短所も抱えております。物事が計画通りに進むかどうか、失敗しないかどうか、度々不安に駆られます。しかしながら前向きさと心配性のバランスを保つことで、前向きでありながら楽天的にならず、リスクを正確に把握することができるため、強みになると自負しております。

この相反する二つの特徴を理解し、コントロールして活かすように日頃から心がけております。」

上記の例はあえて相反する強みと弱みを上げるという方法です。前向きかつ心配性って意味がわからないですよね。面接官も疑問に思います。あえて気を引くことでより効果的な自己PRにすることができます。

自分の中には、矛盾する二つの要素があるということを把握していて、そのバランスが大事であり、うまくコントロールしているという流れです。実際よく考えてみれば人間味があり、前向きなときも不安に駆られる時もあると納得感を与えることができます。

この二つの例に共通するところは、長所と短所を絡めているところです。上手く関係を持たせることで納得感を持たせています。是非参考にしてみてください。

(出展:キャリアアカデミー「「短所」と「長所」の答え方」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・面接の対策は自己分析をしてから行うと軸がしっかり定まる

・長所と短所は表裏一体

・長所と短所をうまくまぜ自己PRをしましょう!

JEEKでは長期インターン探しのサポートを行っております! 就活のために少しでも早く動き出したい。 自分に向いている仕事がわからない。 どんな些細な質問でもお待ちしております! 少しでも長期インターンに興味がある方はJEEKの公式LINEアカウントを登録してみてくださいね!

キャリアアドバイザーが個別で質問に回答します!

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう