Profile

漫画、アニメの分野で世界と戦うことを決意した石黒さん。日本の漫画産業が直面する危機と、サービスにかける想い。そして、すべての大学生に送る「成功の秘訣」について伺いました! 株式会社MAGIA CEO 石黒  燦

「課金」という従来の手法では、世界で通用しない!

Q:それでは実際のサービスについてお伺いします。今回はMangaXというサービスについて伺いますが、まずMangaXというサービスをはじめたきっかけについて教えていただけますか?

石黒さん:実はいま、世界では「ブランド」としての日本の漫画が崩れつつあります。そして、その原因として「課金」という従来のWEBコミックが取っている手法があります。現在、漫画を扱った多くのサービスでは、漫画の第一話と最終話を無料にして、ユーザーを呼び込むという手法が取られています。つまり漫画の全話を読むには課金が必要なんですね。

しかし、調べていくにつれ、漫画やアニメのカルチャーが普及していない地域において、課金という文化は存在しないことが分かりました。課金の文化が存在しない地域においては、従来の課金というやり方では通用しません。そこで課金に代わる、新しいビジネスモデルを構築したいと考え、サービスをはじめました。

漫画の産業構造を変える

Q:実際にサービスをはじめてみて、難しかった点や大変だった点はありますか?

石黒さん:そうですね、いろいろ問題はありましたが、一番は漫画のクオリティです。従来のWEBコミックはあまり漫画のクオリティが高くないのですが、「漫画の産業構造を変える」という自分の目標からすると、クオリティの問題を避けては通れませんでした。そこで、高いクオリティの漫画を描ける漫画家を引っ張ってくる必要があったのですが、そこが一番難しい問題でした。

Q:それではどのようにクオリティの高い漫画を描ける漫画家を集めたのですか?

石黒さん:漫画家をめざす人にとって、新しいキャリアの選択肢を用意しました。そもそも漫画家は自分がどこに所属しているかを気にします。漫画家であれば一流の商業雑誌に所属したいでしょうし、漫画家は一流の商業雑誌に所属することをめざしています。

しかし、現状では、漫画家をめざす人は、学業や別の仕事と漫画家を両立することが難しく、一流の商業雑誌をめざすにあたって、失敗するリスクが高いです。そのため、漫画家としてデビューせず、同人雑誌といった趣味の領域で漫画を描いている人がたくさんいます。

そこで、わたしは「漫画家をめざす人がリスクを負わないで漫画家をめざせる」、そういった環境をつくることが必要だと考えました。

MangaXでは漫画家のスケジュールを管理をすることで、いつでも自由に漫画を描ける環境が整っています。また漫画家をめざす人だけでなく、漫画家を引退した人にも、新しく漫画を描く環境を整えています。

「商業雑誌のように厳しい編集や〆切に追われたくない」という引退した漫画家は意外といます。そういった人たちが自由気ままに漫画を描ける環境も必要なんですよね。あとは、MangaXでは海外の漫画家を獲得することにも力を入れています。 最近は海外で漫画家のレベルが上がっているんですよね。

例えばこの漫画を見てください。

危機に瀕する日本の漫画産業

――すごい迫力がありますね。これはデビュー前の漫画家ですか?

石黒さん:はい。MangaXに所属する漫画家で、20代の中国人です。

――20代ですか!?

石黒さん:そうです(笑)。他にも優れた海外の漫画家はたくさんいます。まだまだ若い人も多いですし、いまのままでは、いずれ日本の漫画産業は崩れてしまいます。

――日本の漫画産業が危機に瀕しているということですか。

石黒さん:そこで日本のブランドを維持することが必要なのですが、海外の漫画家と戦うという選択を取るよりいい戦略があります。それは海外の漫画家を日本に呼び込んで、日本で戦わせることによって、ブランドを維持するという方法です。

MangaXでは多言語での配信を行っており、海外の漫画家は、それぞれの価値観にもとづいて自由に漫画を描いています。あくまで日本の文化をベースにしつつも、それぞれの国の価値観を盛り込むことによって、新しい、独特の世界観が生まれます。従来のWEBコミックにはなかったクオリティをこうして実現することで、日本のブランドを維持しつつ、ユーザーを獲得しています。

漫画を読む「わくわく」感をすべての国の人へ!

Q:MangaXはクオリティが高いと同時に、サービスもすべて無料ですよね?

石黒さん:漫画産業のビジネスを構築するにあたって、コンテンツがすべてを握っています。収益化やプロモーションは二の次です。コンテンツをどこでも、しかもすべて無料で見られるようにすることによって、まず日本を愛してもらいます。お金を回収するのは、そこからでも遅くないです。

そうしないと、せっかくのユーザーを失ってしまうことになります。またいつでも無料で漫画を読める、ということも大切です。例えば、従来の週刊連載誌では、少し読まないうちに内容に追いつけなくなる、ということがよくあります。

しかし、すべて無料ですので少し読まないうちに置いていかれるということはありません。「読みたい!」と思った次の瞬間から、すぐに漫画を読めます。また、漫画を単行本で出すのではなく、WEBで配信することで、どこの地域でどういった漫画が流行ったかが一発で分かります。そのためマーケティング戦略も立てやすいです。

Q:そしてユーザーを獲得してから、資金を得るという流れですか?

石黒さん:自分たちは版権を持っているので、他の企業とのコラボも可能です。また、キャラクタービジネスを応用していくことも考えています。しかし、漫画やアニメについて、何かお金を出して買ってもらうのは、ファンになってくれてからでいいです。まずは多くのユーザーに漫画を読んでもらうこと、そして日本の文化を愛してもらうことが大切です。

自分自身、いままで漫画を読めなかった貧困国の子供たちにも漫画を読んでほしいという想いがあります。わたしたちが子供の頃に抱いた「わくわく」感を貧困国の子供たちにも感じてほしいのです。いままで漫画を読まなかった人にも読んでもらう。そしてどんどん漫画を普及して、漫画を愛してもらう。漫画を愛する人が増えれば、漫画産業は成長します。

「最高の漫画を世界へ」。これがわたしたちの目標であり、世界観です。

「ワンチャン力」のすすめ

――すべての人が漫画を愛する時代がくれば、日本の漫画産業はますます成長しますね。 それでは終わりに、何か他の大学生へのメッセージをお願いします!

石黒さん:何をするにしても、「偶然」に助けられることはあります。自分自身、起業していても、全然事業と関係ない分野の人から、漫画産業の紹介を受けることがあります。大学生風に言うと「ワンチャン」ですね(笑)。

ビジネスでは「ワンチャン力」が重要です(笑)。そこでどのように「ワンチャン」を得るかが求められるんです。例えば、スーツを着て名前を名乗っても、すぐに忘れられてしまいます。しかし、例えば、アニメのTシャツを着ていけば、相手に覚えてもらえますよね?(笑)。アニメのTシャツを着ていくことによって、いわば「認知コスト」を下げているわけです。「認知コスト」を下げて、相手にすぐに覚えてもらう、そうすれば相手から声をかけられるチャンスも増えます。

あとは「ワンチャン力」を上げるには、試行回数が重要です。「ワンチャン力」がある人は、あらゆる機会に顔を出していて、チャンスを増やしています。どういった形にせよ、「ワンチャン力」を上げることが成功の秘訣ですね!(笑)

――「ワンチャン力」って面白い考えですし、すぐに実践に移せそうですね! 今日はたくさんのお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

MangaXは3月よりリリース予定ですので是非、楽しみにお待ちください! MangaXホームページ (3月上旬リリース予定)

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう