人材業界の業務について

人材業界はその存在の発生により、世の中の働き方を大きく変えました。 終身雇用が一般的だった日本で、「派遣」の制度を強く根ざしました。 不況が起こるまでは大きな成長を見せていた人材業界ですが、不況発生により赤字化や倒産が相次ぐ状況となりました。 その後人材業界は本当に「必要とされる企業」が生き残り、「業務の総合化」(=人材サービス全ての過程を担うようなサービス)を行う方向へ進んでいます

人材業界特有の業務

人材業界は現在大きく分けて3つの分野に分かれています。 この3つ分野で人材会社が行う業務のおよそ全体をカバーしています。 これらは大企業では独立せず、3つの分野を全て持っているところが多いです。 これが先程も述べた人材業界の「総合化」を表しています。 また人材コンサルティングを含む企業もあります。人材管理のコンサルティングを専門に行なっています。

3つの分野とは以下のものです。 ・人材派遣 ・人材紹介 ・求人メディア

・人材派遣 人材派遣とは、派遣会社に派遣志望で登録している人を、派遣を募集している企業の元へ送ることをしています。 営業はそのような派遣を募集している企業を見つけたり、新規で獲得することを行っていきます。 企画はそのシステムを使いやすくわかりやすいものにするために改善をしたり、キャンペーン等を行うことで活動を活性化させます。

・人材紹介 転職を希望する求職者と労働者を求める企業とを仲介し、両者の要求を満たすようなマッチングの実現を目的としたサービスが「人材紹介」です。 そのようなマッチングを実現させるために、営業は企業の要望をしっかりヒアリングします。 一方アドバイザーは労働者にとって有益なアドバイスを与えることで採用まで導いていきます。

・求人メディア 「求人メディア」事業とは、仕事を探している人に対し、紙面ないしweb上に一覧にまとめた求人情報を提供するサービスのことである。 営業職が見つけてきた求人情報をライターが紙面に起こしたり、紙面上のデザインを決定したりします。 またマーケティング担当者はいかに求人に募集を促すか、CMや駅の広告を用いて促進しています。

その他にもどの企業にも経理、総務や人事その他の職種が存在します。

人材業界の業務内容について、理解できましたでしょうか。 各企業によって紹介した内容とは多少異なる可能性がございます。 そのため、募集している企業の求人をよく読むことが必要です! そうしておくことで、面接に進む際に積極的に質問ができるなど、好印象になる可能性もあります。

人材業界のインターンを探してみましょう!

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう