コイニー株式会社 現在大学入学前!4月から大学生になるインターン生にインタビュー!!

プロフィール

出崎毅哉さん
アメリカの高校卒業
次の4月から早稲田国際教養
去年11月からマーケティング職インターン

目次

1.インターンを始めたキッカケは!?
2.コイニーを選んだ理由は!?
3.どんな仕事を任されているのですか?
4.インターンをして良かったと思った瞬間は!?
5.インターンで身に付いた力は!?
6.将来の夢は?
7.最後に学生へメッセージをお願いします!
---------------------------------------
【インタビュー概要】
1.インターンを始めたきっかけは?
 自分は高校生活をアメリカで過ごしたのですが、アメリカでは高校生の段階でインターンシップを始める人も結構いて….。自分の周りの同級生にもやっている人が数人いたので話を聞いてみました。もともと自分自身ビジネス系に興味があったのでインターンシップに挑戦してみたいなとずっと思っていましたが、やはり、学生と社会人との間には差があるのではないかと思い少しためらっていました。しかし実際、その壁も含め、とりあえず始めてみないと何も分からないと思い、インターンシップに参加することにしました。

2.コイニーを選んだ理由は?
 自分がアメリカに住んでいた時にスマートフォン決済が流行りだしていました。
自分自身カフェやレストランなどでスマートフォン決済を行ったことがあり、スマートフォン決済自体に親近感を感じていました。日本に帰ってきたときに日本にもそのようなサービスがあると知り、興味を持ったので今回コイニー株式会社で働くことを決めました。

3.どのような仕事を任されているのですか?
 自分はマーケティングチームの一員としてダイレクトメールという、実際に中小企業の事業者様のほうにチラシや広告を送らせていただく業務を任されていて、その封筒作りだったり、その中にどのようなチラシを入れればお客様に使ってもらえるかを日々研究しながら、少しでも多くの方にご利用いただけるように日々頑張っています。

5.インターンをしてよかったと思う瞬間は?
 営業で、今実際にコイニーを利用していただいているお客様の方へお伺いすることがあるのですが、そこで実際に話し、感謝をされたりするととても嬉しくなりますね。

6.インターンで身についた力は?
 一つ一つの行動を起こす前にまず自分で考えるようになりました。なぜそのことをしなければいけないのか、なぜそれをするのかという理由付けを自分の頭の中でできるようになったことは、やはり行動を起こす前に自分を納得させるのと、周りの社員の方々を説得させることにもなるので、特にその能力が身に付きました。

6.将来の夢は?
 自分は日本の文化と海外の文化を両方見てきて、日本にはもっと世界に広めてもいいと思うサービスが沢山あると思っていて、そこで自分の語学力であったり、日本で身に着けた知識を生かして、将来的には自分が素晴らしいと思う日本のサービスを海外に広めたいと思います。

7.最後に学生へメッセージをお願いします!
 やはりインターンシップを始める前は、企業で働くということに高いハードルと引け目を感じていたのですが、実際に始めてみないと何ができないのかも分からないので、とりあえず一歩を踏み出して始めてみる。そこから、自分に足りないものや、自分が苦手なものを少しずつ発見でき、それを克服していく事が次のステップに繋がるので、やはりインターンシップを通して自分の苦手なことなどを発見していく事はとても大事だと思う。とにかく一歩踏み出すことが大切だと思います。