今回はプログラミングを初めてやる人が、どういう方法で勉強すれば良いのかをお話したいと思います。

何のためにプログラミングを勉強するのか?

まずはプログラミングを始める前に、なぜプログラミングを勉強するのか?を考えてみましょう。

手っ取り早くプログラミングの勉強法を教えてくれよと思うかもしれませんが、少なくとも半年〜1年といったプログラミングを学ぶ期間を考えると、事前の理由付けが非常に大事であると私は考えております。

みなさんは何でプログラミングを勉強しようと考えましたか?

・何か作りたいものがあった

・まわりの友達がやっていて楽しそうだった

・就活で有利だと聞いた

・手に職をつけたかった

などなど、色々な理由があると思います。

きっかけは人それぞれ何でも良いと思います。ですが、プログラミングの本質は勉強をすることではなく何かを作ることなので、本格的に始める前に「〇〇を作りたいから勉強するんだ」という動機にした方が早く成長することができます。

つまり、下記のように考えるということです。

◯◯を作りたい!

→そのために△△や□□といったものを学ぶ必要があるな。

→まずは簡単な△△からやってみよう!

何を作りたいかで選ぶプログラム言語という章でお話をしましたが、その時に作りたいのが、何かによって〇〇や△△や□□に入るものが変わります。

例えば、こんな流れです。

・自分の好きな食べ物を投稿するWebサイトが作りたい! 

→HTMLとCSSとPHPを学ぶ必要があるな。

→まずは簡単なHTMLからやってみよう!


・ペット好きな人が集まって交流するアプリを作りたい! 

→SwiftとRubyを学ぶ必要があるな。 

→まずは簡単なSwiftからやってみよう!

とにかく何でも大丈夫なので、「作るものを決めること」が非常に大事です。これを定めて3ヶ月で作り切るぞ!とアクションを起こすことができれば、プログラミングの勉強で現れる障害物は簡単に乗り越えることができるでしょう。

作るものを決めたら、必要なものを調べよう

先ほどの例でも2つ挙げましたが、作るものを決めたら必要なプログラミング技術を調べましょう。

何を作りたいかで選ぶプログラム言語のページを参考にしても良いですし、友達や先輩に聞いてみても大丈夫です。もちろんJEEKのキャリアアドバイザーに聞いても大丈夫ですよ!

Webサイトでも、アプリでも、IoTでも何でも自分の好きなものを作ってみましょう!作るものを決めたら、ある程度の期限を定めて、あとはひたすら勉強するのみです!

期限設定は1~3ヶ月をオススメしております。というのも半年後と設定しても長すぎて勉強に身が入らないので、できるだけ短期間で集中してやることがとても大事です。

そのペースメーカーとして、プログラミングスクールに通うのも良い手だと思います!

まずはよく使うものだけを勉強しよう

では早速勉強しようと思い、プログラミングの本を買って来たとします。するとどうでしょう、その本そこそこ分厚くありませんか?汗

プログラミングは構文などがとても多いため、その分だけ本も分厚くなって行きます。

ですが心配しないでください!全部を覚える必要は全くありません!(熟練した人でも全部を覚えてることは絶対にありません。)

本に書いてある知識のうち、実際によく使うのはほんの一部なので、それだけを習得すれば良いのです。では、その「よく使うもの」はどうやって見分ければ良いでしょうか?

プログラミング本の読み方

1. はじめて読む時は、パラパラと一通り見て、気になったところだけ試してみましょう。全部をやる必要はありません。

2. 実際に作りたいものを作ってみる。

3. 2の過程でよく出てくるものだけ覚える。

たったコレだけです!といっても、必ず勉強途中でつまづくと思うのでもう少し具体的にお話します。

これだけ勉強すればプログラミングは書ける!

プログラミング言語で覚えれば良いのは、実は3つだけしかありません。

1. データの持ち方

2. 条件分岐 

3. 繰り返し

※HTMLとCSSは正確にはプログラミング言語では無いので、それ以外のものに該当します。

では1つ1つお話していきましょう。(書き方は言語によって変化します。例ではRubyを用いております。)

1. データの持ち方

とりあえず例を見てみましょう!

name = '田中太郎'

これはとても簡単ですよね。nameの中に「田中太郎」という名前が入っております。

names = ['田中太郎', '山田花子', '鈴木一郎']

これは先ほどのnameと違い名前を複数持っております。namesの中に「田中太郎」と「山田花子」と「鈴木一郎」の3つの名前が入っております。

このようにデータの持ち方は大きく分けて1つだけの場合と、複数の場合がございます。でもたったこれだけです。

これ以外にもハッシュや連想配列というものがあったりしますが、重要なのはそれがどれだけの数のデータを持っているかなので、そこまで大きくは変化しません。

例えば、作りたいものの例で言うと、「自分の好きな食べ物をデータとして持とう!」と思った時に使います。

foods = ['ラーメン', '焼肉', 'ケーキ', 'みかん']

2. 条件分岐

いわゆるif文というやつです。〇〇の条件が正しい時には△△という処理を、正しくない時は□□という処理を行うというだけです。

i = 5if i == 0  print 'iは0です。'else  print 'iは0以外です。'end

上記は、iが0ならば「iは0です。」と表示して、iが0以外なら「iは0以外です。」と表示するプログラムです。

例えば、作りたいものの例で言うと、サービスを使ってくれている人が「ネコが好きならネコの写真を表示して、犬が好きなら犬の写真を表示しよう!」と思った時に使います。

3. 繰り返し

いわゆるfor文というやつです。〇〇という処理をn回繰り返して行うことを行います。

for number in 1..5 do  print numberend

上記は、1から5までの数字を表示するプログラムです。

例えば、作りたいものの例で言うと、「自分の好きな食べ物を全て表示しよう!」と思った時に使います。

以上になります!

プログラミングで勉強することはコレだけだと思うと、自分でもできそうだなと思ってきませんか?もちろん他にも学ぶことはあるのですが基本はコレだけで何とかなります。

昔の偉い人は言いました。

「全てのプログラムは繰り返しと条件分岐だけで書ける」

なので極論を言ってしまえば、今回学んだ3つの項目だけで、みなさんが作りたいものは作ることができるということです!あとはコレに肉付けして、他にも便利な方法を学んでいくという流れになります。


では最後の例で、食べログのお話をしましょう。みなさん食べログって知ってますか?様々なレストランの口コミが見られるサービスです。私も土日に少し高いところでご飯を食べる時に必ず使います!

ではJEEKのオフィスがある渋谷駅のまわりで、5,000円以下で食べれる、口コミの評価が3.5以上のお店を見たい!と思った時に、プログラムではどんな動きをしているでしょうか?

みなさんも一度考えて見てください。

・渋谷駅のまわり

・5,000円以下

・口コミの評価が3.5以上

これらは全て条件分岐ですよね。つまり先ほど勉強したif文で表現することができます!

そして、それらのお店を全て表示するときは…そう!繰り返しのfor文を使うのでしたね!

たったこれだけで、みなさんが使う食べログの一番重要な機能を作ることができました。とても簡単ですよね?

このようにしてパラパラと簡単に勉強をするだけでも、すぐに何かを作ることができます!ここまで来れば、プログラミングの楽しさを感じていただけるのではないでしょうか?

あとは自分の作りたいものに一直線に進むだけ!

ココまで来れば一番はじめに考えた、自分の作りたいものに向けて何が必要か想像できるようになってきたのではないでしょうか。あとはそれらを使うための勉強をするだけで、あっという間にプログラミングはあなたの特別なスキルになります。

今みなさんが使っている、ツイッターやインスタグラムやLINEも、このようにして作られております。(もちろんJEEKもね!)確かにこれなら大学生でも、もしかしたら世界中で使われるようなサービスが作れるかもしれないですよね!

インスタグラムやfacebookを作ったのは実はただの大学生でした。詳しくはプログラミング有名人という記事に書いてありますので是非読んでみてくださいね。

それでは最後にまとめをして、今回のお話は終わりにしたいと思います!

まとめ

  1. プログラミングを勉強し始める前に「作りたいもの」を決める。
  2. そのためにどんな技術が必要かリストアップしてみる。
  3. プログラミングの基本は「データの持ち方」「条件分岐」「繰り返し」の3つだけ。
  4. 作るための行程が見えたら、後はそれを勉強するだけ。

このエントリーをはてなブックマークに追加