みなさんは就活塾をご存知ですか?実は、受験に予備校があるように、就活にも就活塾(就職予備校)が存在します。

自己分析、企業研究、エントリーシート添削、面接対策など、就活のあらゆるシーンを、講師がサポートしてくれます。

「就活塾」という単語を、一度は聞いたことがある方もいるかもしれませんが、全く知らないという方も多いかと思います。

そこで、本コラムでは、就活塾の決め方から、申し込み、入金まで、就活塾に入塾するまでの流れを詳しく解説します。

JEEK(ジーク)には、他にも「就活塾(就職予備校・就活スクール)の利用料金」「優良就活塾の見分け方とは」に関するコラムもございますので、併せてお読みください!

就活塾を決める

まずは入塾する就活塾を決めます。近年就活塾は増加しており、各塾の特徴を理解したうえで選択する必要があります。

自分に合った就活塾を見つけよう

就活塾を選ぶためのポイントがいくつかあります。代表的な例を挙げると

・運営年数

・内定率

・コスト(時間的費用、金銭的費用)

・内定保証の有無

などです。各就活塾とも各々の特徴を持っていますが、上記のようなポイントで比較すると、失敗することはありません

入塾前に無料イベントに参加しましょう

自分に合った就活塾の候補を絞ったら、入塾する前に、無料セミナー・入塾相談会・事前説明会に参加するようにしましょう。

ほとんどの就活塾では、入塾の前に、学生の不安を解消するような機会を設けてくれています。

そういったイベントを通して、受講回数、講義内容などに関しての疑問を解消し、自分が求めるサポートが受けられることを確認したうえで入塾を決めるようにしましょう。

また、費用や時間、通塾頻度等に関する不安もそこで相談するようにしましょう

>>JEEK(ジーク)おすすめの就活塾の無料説明会を探す

入塾の申し込み

無料セミナー・入塾相談会・事前説明会に参加して、入塾する就活塾を決めたら、いよいよ入塾の手続きに入ります。

説明会・相談会の際に、入塾手続きに関して指示がある場合が多いですが、改めて入塾する就活塾のホームページで、入塾の手続きに関して調べてみましょう。

説明会・相談会で入塾手続きに関して指示がなかった場合は、ホームページ上で行います。

多くの就活塾では、ホームページ上で申込が可能です。他にも、メールや電話によって申し込みを受け付けている就活塾もあります。

ほとんどの就活塾は希望者は全員入塾することができます。入塾に際して選考等はありませんし、当然学歴は無関係です。

面談が設定される場合もありますが、それは入塾可否を決定するものではなく、入塾後のサポートの方針を決めるためのものです。

入金・受講開始

入塾手続きが完了したら、いよいよ受講開始です。また、受講料の支払いもこのタイミング行われます。入金のタイミングは就活塾によって異なります

初回講義までに入金しなければならない、数回の講義を受けた後で入金しなければならないなど、各就活塾にルールがります。

説明会・相談会の際等に振込先に関しても支持があるので、従うようにしましょう。

最後に

就活塾に入るのは、誰もが初めての経験です。どのように就活塾を選べばいいのか、入塾までに何をすればいいのかを少しでもイメージできれば幸いです。

近年は、悪徳・詐欺と言われる就活塾も存在し、自力で就活塾を探すのは困難になっています。

JEEK(ジーク)では、実績・学生満足度ともにトップクラスのおすすめ就活塾を紹介しておりますので、就活塾をご検討されている方は、ぜひご相談ください!

JEEK(ジーク)ではこんなことも!

JEEKにまだ登録していないという方は、この機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか。

JEEKでは専属のキャリアコンサルタントがあなたの就職活動をサポートします。就職活動の際に必要な履歴書や面接の対策に関する相談や、あなたに合ったスクール・インターンの紹介なども行っています。

ぜひご登録ください!

>>就活の不安をアドバイザーが解決!就活個別相談のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう