現在専門学校に通っていている学生も多くいます。専門学生が就活に有利になると聞いたことがあると思います。

たが、なかには大学を卒業したほうが就活に有利と考える方がいると思います。ではいったい専門学生と大学生はどちらが就活に有利なのでしょうか?

本コラムでは専門学生が大学生と比べて就活で有利か解説しています。

JEEK(ジーク)には、他にも「就職活動の流れ」「就活で必要な資格」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

専門学校の方が就活に有利?

専門性を活かせる

大学と専門学校であると大学のほうが有利に見えることが多いですが、専門学校のほうが有利になることも当然あります。

専門学校というのは、その名前の通り、専門的なことを最初から勉強していくことになります。

大学等であると一般教養から学んでいくことが多いため専門性だけを追求していきたい場合には専門学校のほうが就活で有利になります。

面接で話をしやすい

就活の際に専門学校であると何を勉強してきたのか、どのようなことをしていきたいのかが、学校名から採用担当者や人事がある程度分かってくれるため、話をしやすい傾向があります。

また専門学校の専門性と、職場の専門性が一致している場合には、職場としても積極的に話を振ってきてくれることもあります。

なかには欠点もある

就活の面で有利になる場面はありますが、一方で大学とは違い「専門的なことしか勉強していない」ということで、あまり良く見てくれない職場もあります。

専門学校だから絶対に有利ということでもなく、また大学だから絶対に有利ということでもありません。

学んでいく専門性、そして「何をしていきたいのか」を明確にしておく必要があります。

医療系は就活に特に有利

専門学校は即戦力にたけている

就活の際に、専門家への就職は一般の職業とは事情が大きく違うことが多いです。代表的な例として医療系の職種があります。

医療系の職種は大学でも専門学校と同じ様な勉強をしていくことが多いです。カリキュラム等は違ってきますが、専門学校と大学の違いは授業の密度です。

専門学校の場合、とにかく授業を詰め込んでいき、国家試験の合格を目指していくことが多いです。一方、大学ではある程度余裕を持たせて授業をしていくため専門学校よりも卒業に時間がかかることになります。

つまり専門学校は即戦力を身につけていくことに長けています。

ただ就活までの時間がない

就活のサポートをしてくれることはあまりなくまた、時間もあまりありません。

一方、大学であると卒業までに時間はかかるものの、余裕を持って卒業でき、就活も専門学校より余裕を持って進めていける傾向があります。

専門学校は行動力が命取り

時間との勝負

専門学校の就活は時間との勝負になることが多いです。

大学よりも短い時間で卒業をすることができるメリットは、逆に就活にかける時間が必然的に少なくなるというデメリットにつながることもあります。

専門性を活かして戦うべき

どのような専門学校かによって就活の内容は変わっていきますが、専門学校で勉強することを軸に就活を進めていくことをオススメします。

勉強したこととは関係ない職種に就職をしようとすると、専門学校に通っていたという事実を上手く活かすことができず、就活で苦労をしてしまうことがあるので注意です。

積極的に行動しよう

受身的ではなく主体的に動いていくことが専門学校の就活での一番のポイントです。興味のある専門分野は常にチェックをしておき、時間を無駄にせず、積極的に行動を起こしていくと良いです。

(出展:キャリアアカデミー「大学と専門学校、どちらが就活に強いのか」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・専門学生は大学と比べ専門性に長けている

・医療系の専門学校は、即戦力になるので有利

・専門学校は専門性を活かせる企業でないと不利になるので注意

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。こちらのキャリアアカデミーのイベントでは徹底した就活対策(ES対策、面接対策など)を行っています!まずはこのイベントからスタートしませんか?

>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう