就活の面接前日には、何か落ち着かず見落としていることはないかとか、もう少し何かやっておくことがあるのでは?と考え込んでしまうことが多いのではないでしょうか。適切な面接の事前準備をすると緊張もほぐれ、選考結果が大きく変わります。

そこで今回は前日に何を準備すると良いのか準備事項について詳しく解説していきます。

JEEK(ジーク)には、他にも「【2019卒必見】就職活動の流れ・スケジュール」「就活で印象の良いバック選び方」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

面接前日には情報を整理しよう

会社概要を確認しよう!

面接前日には、再度志望企業の企業概要に目を通しておきましょう。創立年月日・資本金・社長名・経営方針・業務内容・売上高・利益・社員数などといった企業情報は、面接時に触聞かれたり、業務内容に基づく話をしたりしなくてはいけません。

会社概要のポイントを押さえて、うっかり忘れていたと言うことのないように準備しておきましょう。

エントリーシートをチェックしよう

面接の質問では、エントリーシート(ES)に書いた志望動機や自己PRについて質問されます。そのため自分のESの内容の再確認が必要です。確認する際、掘り下げた質問にも対応できるようエピソードを広げ、どんな質問にでも対応できるようにしていきましょう。

情報を把握することで自信につながる

志望企業を熟知しESを確認することで、自信が生まれ緊張することなく面接に挑めます。自分が当日何を話すのか明確にし、会社概要等の情報を押さえていれば臨機応変に対応もできます。

可能であれば志望する企業の最新情報をチェックするだけでなく、当日の朝の新聞には目を通しましょう。トップニュース、経済面、社会面などに志望企業のニュースが出ているかもしれません。

面接の練習を行う

練習方法を紹介!

前日は志望企業の面接のシミュレーションをすると効果的です。イメージトレーニングをするとしないとでは、実際の面接の結果に差が出るものです。

想定される設問を準備して、面接時の答え方をイメージすれば、実際の面接時にもスムーズに受け答えができるはずです。

特に、面接シミュレーションの受け答えの一つとして重要な設問「なぜ、その企業を志望するのか?」を再確認しておきましょう。先ほども説明したように志望動機についてまず間違いなく聞かれます。

前もって答えられるように準備することで自信をもって答えられますし、パニックになることもありません。多忙のあまり、面接を受ける企業の思い違いを確認する上でも、前日の準備としては欠かせません。

暗記に頼りすぎないこと

練習をすることはもちろん必要です。ただESを丸暗記するのは避けましょう。ESは面接官の手元にあります。そのまま読み上げても意味がありません。

ESで書いたことにプラスして自分のエピソードを加え、自己PRや志望企業に書かなかった情報も足していきましょう。

練習時のポイント!

暗記したことを思い出しながら話すと、時折面接官に目線が行かないこともあります。話すときは相手の目を見て話さなければ、熱意がないと感じられ評価が落ちてしまいます。そのため目線を上げて練習するのが望ましいです。あとはしゃべり方に抑揚をつけたり、話のリズムを意図的にかえたりすることでより印象が良くなります!

ただし練習もほどほどにすること

面接の前日だからと言って、あまりに練習に励みすぎてもだめです。プレッシャーになり本番緊張してしまったり、志望動機を間違えないようにと徹底した丸暗記のように読み上げてしまったりして逆効果にもつながります。そのため練習は長くても2時間ほどにしましょう。

面接の準備が終わったら

次に面接の練習が終わったら何をするとよいか紹介します。

身支度を前日に行うと良い

当日慌てないように、前日に面接に来ていくスーツを揃え、ハンカチ、ティッシュの携帯などの準備も忘れずに行いましょう。

また、社会人としての身だしなみとして、が伸びていないか、スーツやワイシャツは汚れていないか、を磨き上げてあるかどうかも、前日準備として必須チェック項目です。

服装や持ち物に気を配ることは、社会人としての最低限のマナーです。こうした気遣いは、面接官に好印象を与えますので、忘れずに実行しましょう。

そして、面接前日最後の準備は、目覚ましのセットです。面接時間に遅刻するなど、絶対起きてはいけないことです。

寝起きが良くない人、中々起きられない人は、あらかじめ目覚めの方法について対策をしておきましょう。早めに寝たり、目覚ましを複数セットしたり、念には念を入れましょう。寝坊してしまっては練習した意味がなくなってしまいます。

万全な準備を整え、当日の朝もスムーズに事が運べるようにしましょう。朝起きたらもう一度、準備が整っているか確認し、時間に余裕をもって出掛けましょう。心に余裕をもって出かけられると自然と緊張もほぐれます

(出展:キャリアアカデミー「面接の前日にやるべきことは?」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・面接前日は会社概要、ESチェックを必ず行うこと

・面接練習はESをもとに話を広げること。

・寝る前に身支度を整えると朝をスムーズに過ごせ、緊張がほぐれ

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。こちらのキャリアアカデミーのイベントでは徹底した就活対策(ES対策、面接対策など)を行っています!まずはこのイベントからスタートしませんか?

≫「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう