就活において最も重要なのが役員面接(最終面接)です。合格率は5割を下回ることもあり、命運の分かれ目です。しかし対策を十分に行えば内定を勝ち取ることができます。

本コラムでは、役員面接で合格率を上げるポイント・対策方法についてご紹介いたします。

JEEKに他にも「就活のスーツに関する対策の仕方」「自宅でできる面接対策の方法」の記事もあるので、ぜひご覧ください。

役員面接は格別

役員面接とは

通常役員面接は、最終もしくはそれに準ずる状況で設定されます。企業側にとっても就活生にとっても最終的な確認を行う場となります。

面接官が変わる

一次面接や二次面接の相手が人事や現場社員の時とは異なり役員面接では役員、社長との面接になります。そのためより対策が必要となります。

見られる点が変わる

現場社員や人事は、一緒に働きたいか、この会社が合っているかなどを見てくれます。一方、役員、、社長は会社の経営者側の人間なので雇用することが会社の利益に繋がるかどうかという視点で評価します。

経営者がどういう人材を今後必要とするのかまでしっかりと考えることができるとなおよいです。

役員面接の攻略法

役員面接のコツ

事前に逆質問を用意しておきましょう。逆質問の時間は必ず与えられます。

質問内容ですがレベルが低い質問はNGです。役員面接ではよりコアな話を聞き出しましょう。

例えば「会社経営で一番大切にしていることは何ですか?」「会社がここまで成長した一番の理由は何ですか?」という質問など事業に関することや役員、社長だからこそ答えられる質問を用意するとよいです。

リラックスして受けること

あまり緊張しすぎて社会人としてふさわしくない言動をしないようにしましょう

難しいかもしれませんが、落ち着いてうまく会話のキャッチボールを進めることが合格率につながります。

自然体を見せられた方が印象も良くなります。特にあいさつや動作の際は、硬くならず礼儀正しくかつ新人らしく元気にというのは忘れずに心がけましょう。

合格率を上げる方法

役員面接の合格率アップに一番大切なのは、決定権のある人を見極めることです。

そして、その人に向かってアピールしましょう。これはとても重要なポイントです。例えばもし面接官の中に社長がいれば、社長を中心にアイコンタクトして話しましょう。

そして、自分が企業の価値観に合っていることをアピールします。事前に社長のメッセージや企業の方向性、ポリシーなどをとことん調査し、企業のビジョンや社長の考え方を理解しておくとアピールがより伝わります。

そして、入社の意志や熱意を伝える際には、未来に向けたアピールをすることをこころがけて「学生時代の〇〇の経験をいかして貴社の△△に貢献していきます」といった感じで、具体的な事業内容を盛り込むとさらに合格率をあげることができます。

第一志望という

役員面接は最終面接ですから、必ず入社意志について聞かれます。「こちらが内定を出したら断らずに来るか」という確認ですが、この質問への答え方は合格率に大きくかかわってきます。

迷うそぶりをみせず必ずはっきりと入社する旨を伝えます。第一志望かと聞かれれば、もしそうでなかったとしても第一志望だと言ってのける心構えでいてください。

ここだけは、正直になる必要はありません。

(出展:キャリアアカデミー:「役員面接での合格率をあげるためには」「役員面接の傾向と対策」より)

最後に

ちょっとしたミスくらいでは慌てず堂々としていてください。そのためにも、役員面接の前には、本当にその企業が自分に合っているかを再度確認し、入社意志を固め、自信をもって臨めるようにしっかり準備しておきましょう。

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう