ES(エントリーシート)で頻出の設問である「学業で力を入れたこと」。やはり学生の本分は勉強。企業も、しっかりと向学心をもって学生時時代を過ごしている学生を好みます。

みなさんはどうでしょうか?胸を張って、大学時代に勉強したといえるような研究はありますか?あるという方は、非常に少ないのではないでしょうか。

そこで、今回は、ESで学業に関して書く際のポイントを解説していきます。

JEEK(ジーク)では、ほかにも「ESを早期に出すメリット」「ESを書く前に知っておきたいこと」のコラムがございますので、ぜひご覧ください!

専門的でも大丈夫!

ESに学業について書く際に悩むのは、企業のビジネスと学業領域が異なるときです。理系で専門的に行ってきた研究があり、それを活かした仕事に就きたいと考えて居る学生以外は、誰もがこの違いに悩まされることでしょう。

しかし、ここで重要なのは学業領域について専門的なこと述べるのではなく、いかにあなたが一生懸命学問に取り組んできたかを率直に述べることです。

技術職以外は、あなたの専門性よりも、あなたのパーソナリティーをESから見出そうとしています。

そこで、あなたが懸命に取り組んだとを書くことで、あなたが学生時代にどのようにして成長してきたかを企業は知ることができるので、会社でどのような活躍をしてくれるのかということを考える際に参考にすることが出来ます。

「何を得たか」が重要

実は最も大切なことは、その頑張りで「何を得たか」ということです。ESは、企業側があなたのパーソナリティーを面接の前に知っておくためのツールです。

企業が知りたいことは、あなたがどんな人間性を備えていて、どんな任務に耐えうる人なのかということです。学業に対してあなたが努力した結果が、失敗でも成功でも構いません。

今のあなたが、それらの経験の上にあるということが重要なのです。

何を得たかについて、簡潔に伝わる言葉を探しましょう。焦点を当てるべき場所をきちんと把握しておくことで文章も書きやすくなり、人事担当者にも伝わりやすくなります。

どんな書き方をすればいい?

ESに学業について書くときは、時系列で書くことを避けます。例えば、あながたどうやって学業に取り組み、結果いろいろなことがあって、ようやく○○を身に着けた、という具合で書いたとしましょう。

あなたにとっては思い出しやすい経験談であっても、他人から見ればだらだらと書き記した、独りよがりの文章に見えてしまいます。そこで、ESの限られた欄には、学業で「得たこと」をまず提示して、その後で「頑張ったこと」を述べましょう

この書き方であれば、応募者が殺到しESの添削時間が短い人事担当者に、あなたのESを印象づけることができます。言いたいことを文頭に、簡潔にわかりやすい言葉で書くことがとても大事なのです。

最後に

ESの学業欄に書く文言は、企業によって何度も変えなければならないものではありません。1度テンプレートを書いてしまえば、使いまわしがききます。書き初めにきちんとポイントをおさえて、目に留まるESにしましょう。

長期インターンに応募するときにも自己PR文が必要になってきます。 JEEKの公式LINEアカウントを登録すれば、無料でJEEKのキャリアドバイザーが自己PR文を添削してくれます!

書類選考で落ちる方は全体の5割にのぼる場合もあるので、是非JEEKの公式LINEを追加してアドバイザーに添削してもらいましょう!

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう