みなさんは面接が怖いと感じたことはありませんか?圧迫面接にあった、質問に答えられなかった、頭が真っ白になった…理由は様々だと思います。

一度そういった経験をすると、面接恐怖症になり、自信を持った振る舞いができなくなってしまいます。そこで、今回は、面接が怖くなった時の対処法について解説します。

JEEK(ジーク)には、他にも「面接で聞かれる長所短所の答え方」「集団面接攻略方法」のコラムもございますので、ぜひお読みください!

原因を知る

あなたが面接を怖いと感じている理由はなんですか?就職活動を始めると、嫌なことがたくさんありますよね。面接で嫌な思いをしたという方もいらっしゃるでしょう。

また、手応えを感じた企業の面接で不採用通知をもらったり、最終面接で落とされたりすると、何が正解かわからなくなります。

まずは、面接が怖いと感じている原因を知りましょう。ノートに書き出したり、家族に話したり、友達に共感してもらうと気持ちがすっきりします。

あなたは今、気持ちの切り替えが上手くいかず、面接は怖いものだという強迫観念に捉われているのです。どんなに一生懸命やっても上手くいかないことはたくさんあります。それは就職活動だけではないです。

「落ちても私には次がある」前向きに考えましょう。

初対面の人と話すのが苦手

面接が怖いと感じてしまうのは、もともとの性格で、初対面の人と話すと異常に緊張してしまうからという方もいます。恥ずかしがり屋や引っ込み思案の性格だと就職活動そのものがつらいですよね。ましてや、面接なんて恐怖そのもの。

一番の対策は、不安要素をなくす為に、面接前の準備を完璧にすることです。面接当日に緊張しすぎてしまうと分かっているからこそ、準備すべきにしましょう。

まずは、面接の雰囲気に慣れることが重要です。大学のキャリア支援課に足を運び正直に「面接が怖い」と相談しましょう。プロのキャリアカウンセラーもいるので、精神的なサポートも受けることができます。

また面接の練習をお願いすれば、職員の方がしてくれます。同時に社会人のアドバイスを頂戴する貴重な機会になります。無理に性格を直そうとしなくて大丈夫です。

あなたの素直さや誠実さを理解いてくれる企業がきっと見つかります。

適度なリフレッシュ

就職活動を真剣に行い、自分自身の将来としっかりと向き合っているからこそ、面接が怖いと感じることもあります。根を詰めていませんか?

気づけば毎日スケジュール帳には、会社説明会や選考の予定が入っていて、家に帰れば履歴書、エントリーシートと格闘して休む暇がない…。

頑張りすぎると心まで疲れ果ててしまいます。頑張りすぎて疲れ果ててしまった心は、もとに戻るまでに時間がかかります。

就職活動は長期決戦です。途中で倒れてしまわない為にも、好きなことをして、好きなものを食べて、友達と遊ぶ時間も取り入れてあげましょう。

頑張っている自分へのご褒美だと思えばよいです。また頑張ろうという気持ちになれます。ストレス発散方法を見つけておくことは、社会人になってからも大いに役立ちます。

リフレッシュをすることで、気持ちを切り替えることができ、面接が怖いという思いを断ち切ることができます!

(出展:キャリアアカデミー「面接が怖いと感じた時のアドバイス」より)

最後に

面接が怖いと感じたときのアドバイスを紹介してきましたが、いかがでしたか?この記事を読んでいるあなたは、面接が怖いと感じていてどうにかしたい!と思っているはずです。

そのどうにかしたいと思う気持ちを持っているあなたは強い人です。きっと克服できます。まずは頑張っている自分を認めること、そして自分を信じることを大切にしてください。

キャリアアカデミーでは、就活のテクニックはもちろん、講師が精神的な支柱となってくれます。不安の尽きない就職活動において、頼れる存在がいるか否かは大きな差になります。

生徒一人ひとりに寄り添ったサポートで、内定率96%を誇るキャリアアカデミー。まずは、無料相談会だけでも足を運んでみてはいかがでしょうか?

>>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう