面接や面談で頻出の「他社の選考状況はどうなっています?」という質問をされます。いったこれはどういう質問なのかや答え方について解説してきます。

JEEK(ジーク)には、他にも「SPIとは?」「就活生はどれくらいエントリーするのか」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

他社の選考状況を聞く意図とは?

就活の面接では「他社の選考状況はどうなっていますか」と聞かれることが良くあります。そこでまず初めにその意図について詳しく紹介します。

来る気があるか確かめている

簡単に言えば、本当に来る気があるのか探りを入れたいから聞いています。他社の方に気があるのではないか面接官も不安に思っているということです。

形式的にほぼ全員に聞き、様子を見ている企業も多いので、聞かれること自体に問題はありません。

聞かれるタイミングによって意図がわかることも

面接の状況によっても「他社の選考状況」について聞く意図は少し変わってきます。例えば、一次面接で聞かれた場合は、この業界に興味があると言っているけど本当にそうなのか、他の受験企業を聞けばわかるだろうといった意図です。

一方、選考をある程度進めた上で聞かれた場合は、内定を出したら本当にこの会社に来るのかどうか探る意図です。このように状況によって多少変わってきます。

質問パターン

それでは次にどのように質問してくるのか詳しく紹介します。

詳細に聞いてくる

「現在の就活状況」の質問の仕方にも様々なスタイルがあります。「現在の就活状況を教えてください」と丸投げしてくる場合もありますが、より詳細に聞いてくる場合がほとんどです。

「他にどのような企業を受けていますか」、「順調に進んでいますか、どういう状況ですか」といったように順々に深堀していく場合が多いです。

異色の企業(軸からぶれているように見える企業)があれば「なぜその企業を受けているのですか」といった質問も飛んできます。就活の軸がぶれないように気を付けましょう

また「選考の手ごたえはあったか」、「あとどれくらいで内定がもらえそうか」といった立ち入ったことも聞いてきます。

正しい質問の答え方

ではいったどのように受け答えをすると関係を悪くせず内定を獲得出来るのか紹介します。

すべてを話す必要はない

「現在の就活状況」は答え方次第で大きく結果が変わる重要な質問です。慎重に答えましょう。選考状況すべてをさらす必要は全くありません。都合の良い企業の状況だけ伝えましょう。

たとえば、同じ業界の企業に絞って教える、就活の軸に沿った企業を伝えるということが考えられます。活動状況を教える企業も事前に決めておき、面接する企業ごとに変えるのが良いです

そのようにすると無駄な懸念を抱かせずに進めることができます。嘘までつく必要はないですが、必要のないことは話さないようにしましょう。

志望度が低いとは言わないこと

他の企業の選考状況を話すことで、「当社との違いは」や「実際どっちに行きたいのか」など問われることが多いです。

志望度が高いならその旨を話せば良いですが、低い場合はまだ迷っているなどぼかしましょう。違いは絶対答えられるようにしておきましょう。くれぐれも志望度が低いことは悟られないように気を付けてください。

相乗効果もある

「現在の就活状況」を話すことで有利に働くこともあります。他社で既に内定をもらっている場合や良いところまで進んでいる場合です。

あの企業が評価している人物なら安心できるというある意味お墨付きのように評価してもらえる場合があります。状況によりますが、有効に使いましょう。

(出展:キャリアアカデミー「面接で「現在の就活状況」を訊かれる意図と答え方」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・他社の選考状況はかなり詳細に聞かれる

・すべてを正直に話す必要はなく、余分なことは話さないほうがいい。

・内定の話をすると企業にとって信用できる人物と判断され有利になることもある

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。こちらのキャリアアカデミーのイベントでは徹底した就活対策(ES対策、面接対策など)を行っています!まずはこのイベントからスタートしませんか?

>>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう