就活の選考の中で、面接と並行して行われることが多いのがグループワークです。

やることが面接と違う以上、心構えも準備も違ったものが必要です。本コラムではグループワークの目的や実例を紹介しながら、どんな準備が必要かを説明します。

JEEK(ジーク)には、他にも「グループディスカッションの攻略法」「グループワークでよく聞かれるテーマ」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

企業がグループワークを行う意図

グループワークとは?

一般的に就活の選考として行われるグループワークは、志望者を4~6人程度の小さな班に分け、何かを議論・発表・作成していくという内容です。

本来はライバルとなる同じ立場の就活生と協力して、合格に向けて取り組む必要があります。

企業の狙いは?

それでは、なぜ企業は選考にグループワークを取り入れるのでしょうか。企業がグループワークで見ようとしているものは、より実践的な状況での社会人・業務への適性です。

実際に企業へ入社すると、面接のように上司や同僚と面と向かって、一問一答のやりとりで業務を進めていくことはほとんどありません。

お客様や関係者を巻き込んで、合議・検討していくことがほとんどです。そのため、疑似的にそういった場を作りだし、その中での言動を見て適性を判断していくことが狙いです。

グループワークの具体例

次に、グループワークではどんなテーマで議論が行われるか紹介していきます。

企業に関する系

・企業で売り出す新商品(サービス)を考えプレゼンするというテーマ

これはよく出されるテーマの1つです。発想力はもちろんニーズがどれくらいあり、どんな層の人が買ってくれるのかなど様々な要素を含むため単純なものではありません。

人事の方は、このテーマに対しあなたがどんな発想をするのか目的・目標・裏付けなどがしっかりとできているか見ています。良く出されるテーマなので自分で予行練習をし対策を十分しましょう。

・ある顧客の例が提示され、その顧客に対する提案を作成し提案資料を作るというテーマ

このお題では、資料作成スキルを主に見られます。具体的には図解力やPCスキルです。

いかに顧客に対して信用されるプレゼンを行えるか、また、どのようにして顧客にものやサービスを売っていくかが鍵を握ります。プレゼンの時に、うまく図や数字を用いることができるかなどを見ています。

実務系

・ある研究データなどが提示され、そこから読みとれること・対策などをまとめてプレゼンするテーマ

単純に分析力を見られます。分析は「そのデータから予想されること」はもちろん「何が今後必要か」なども問われます。

あらゆる事前知識を持ち合わせていないと答えることが困難なものもあります。こちらも日ごろから練習してないと答えるのが難しいです。

もし人並みにできても周りのライバルと差がつきません。ライバルとの差をつけるためにもしっかりと対策をしましょう。

・世間一般で問題提起されていること(例:成人年齢の引上げ)に対し、反対派(あるいは賛成派)の人に翻意してもらうための資料を作るというテーマ

資料を作る際は明確な理由がないと突っ込まれてしまいます。

直感や経験からではなく、テーマをしっかり分解し、何が問題で何を解決しないといけないのか、またそれに伴い何が必要かなどを考える必要があります。

・ブロックなどを使い「海をイメージできるもの」といった漠然としたテーマを基に作品を作り上げるもの

こういった内容はクリエイティブ系の会社に多いです。いかに創造的に考えられたか、アイディアが豊富か、ユニークさ等を見ています。クリエイティブな仕事は自らアイディアを生み出さないといけません。

こういった些細なテーマでもクリエイティブな能力を測れるので普段から想像力を磨いていく必要があります。

発想系

・「富士山を北海道へ移動させるにはどうすればいいか」といった、常識では想定できない議題が提示され、議論・プレゼンするテーマ

 これらのグループワークで共通して評価の対象となるのは、「協調性」や「リーダー、サポート役などの役割と能力」「視野の広さ」「論理性」などです。

グループワークで気を付けること

就活の選考ですが、グループワークは面接とは全く異なる形態なので、注意すべき点・心掛ける点も大きく違っています。

事前にしっかり確認してから、本番に臨むようにしましょう。それでは注意することを紹介していきます。

協力することが最も大切

他の就活生と協力してワークを進めなければなりません。同じ企業を受けるライバルですが、一時停戦し協力し合いましょう。

協力し1つのことを成し遂げたほうがより早く決まりますし企業から見たら決断能力の高さ、臨機応変な行動、チームワークが良いなどいろんな面で評価されます

そのような評価をもらうためには根拠を明確にしチームの皆さんに主張する必要がありますが、話を早く進めたいからと言って一方的に根拠のない意見を言っても意味がありません。根拠を明確に話すことが最善の策です。

1つのポイントは、相手のことを理解し知ることです。相手のこと少しでも知っている方が議論は早く進むので、ワーク開始前の待機時間に積極的に自己紹介などを行っておくのがお勧めです。

必ず役割を持つこと

グループワークではいくつか定型化された役割があります。「リーダー」「タイムキーパー」「書記」がよく言われるものです。

自分が得意な立場があれば、積極的に担いにいきましょう。注意すべきポイントは、相手の役割を邪魔をしないことです(誤りや不足があった時の修正はOK)。

時間管理をしないといけない

面接では時間管理は面接官の役割ですが、グループワークでは自分たちで時間を管理する必要があります。時間厳守は社会人が仕事をする上の大原則です。

終了時間に成果物ができていない、という最悪な事態を招かないように計画的に時間を配分しましょう。

目的を明確にする

グループワークには、必ず「最終目的」があります。相手と議論をしているうちに、気づけばその最終目的から外れてしまっていた、というはよく起こるので、十分注意してください。

限られた時間を無駄にしないようにしましょう。基本条件を念頭に置いて物事を考えるのも社会に出てから必要な能力です。ここがずれてしまうと大きく減点されますので要注意です。

楽しむことも大切

はじめに説明したように、就活でのグループワークの多くは「疑似的な仕事体験」です。いわば、その企業から与えられた最初の仕事になります。

事前準備は大切ですが、気負ってしまってはいい結果も出ません。

楽しみながら、冷静にこの機会を乗り切りましょう。余裕をもって行動することも就活を乗り切る上でも大切です。

(出展:キャリアアカデミー「就活でのグループワーク対策」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・企業がグループワークで見ようとしているものは、より実践的な状況での社会人・業務への適性

・グループワークには「企業に関するもの」「実務系のもの」「発想系のもの」の3テーマがよく出される

・グループワークでは協力しあうことが大切

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。

こちらのキャリアアカデミーのイベントでは徹底した就活対策を行っています!

まずはこのイベントからスタートしませんか?

>>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう