「就活では、自己分析が必要である」とほとんどの就活生が聞いたことあるのではないでしょうか。

それにも関わらず、「自己分析をどこまでやればよいのか?」「何を行えばよいのか?」「そもそも自己分析とは?」といった声をよく聞きます。

本コラムでは、大手企業に内定をもらうために必要な自己分析の手順や方法を解説します。

JEEK(ジーク)には、他にも「グループディスカッションの対策方法について」「四季報の使い方とは」のコラムもございますので、ぜひご覧ください。

そもそもなぜ自己分析を行うのか

まず考えていただきたいのがそもそもなぜ自己分析をするのかです。この原点に立ち返り自己分析の定義を明確にし、自己分析をしていきましょう。

自己分析が必要な理由

就活で自己分析を行う理由は、自分のことをアピールするためです。採用担当者は、あなたが求めている人材かをどうかを見極めるために様々な質問をします。

その際、自己分析を行っておけば、面接官の質問にしっかりと答えられ、自分をアピールすることができます。自己分析を行わず、自分を理解していないことは、説明できない商品を売ることと同じです。

面接官に自分という商品を十分理解してもらうためにも、自分の個性、能力をアピール、PRするために自己分析を行うのです。

自己分析で見つけるべきこと

就活の自己分析で見つけるべきことは、自身の特徴と自身の価値観です。就職活動では「あなたの強みはなんですか?」という質問がほぼ全ての企業からされます。

そのため自身の特徴を理解し、相手が納得できるように説明する必要があります。もし説明することができないと「私の強みは、◯◯です。」と答えるだけで終わってしまいます。

面接の際、企業が実際に聞きたいことは、「あなたの強みが、どんなことに活かされたのか。」「いつから強みになったのか。」「強みになったきっかけは何ですか。」といった質問です。

こういった様々な角度からの質問に適宜対応するには自分の軸をしっかりもつために、自己分析を行うことです。

自分の強み(個性、能力)について答えるだけでなくそれを裏付けする根拠を論理に話す必要があるのです。自分の特徴と価値観を見つけましょう!

自己分析の方法

就活での自己分析は、「自分がどんな人間かを紐解く作業です。以下では、基本的な自己分析の方法についてまとめたので、ぜひ活用してみてください。

まずは自分史を作成しよう

最初は自分史を作ることです。自分史とは、過去のエピソードから自分がどんな人間か考える方法です。自分史の利点は、網羅性を確保できること、そして今後の就活における面接対策に活用できることです。

自分だけの年表なので、生まれてから今までどんなエピソードがあったかを時系列にまとめましょう。最初は、保育園(幼稚園)・小学校・中学校・高校と半生をいくつかのステージに分け、それぞれのステージごとにエピソードを思い出していくようにしましょう。

エピソード数としては、それぞれのステージで3~4つあれば十分です

意識的に考えたほうがよいのが何を目標にしていたか、何を目的にしていたかそのときのメンバーとの距離はどうであったか、モチベーションはどうであったかなどです。これらを意識することでより完成度の高い自己分析を行えます。

そして全てのエピソードが出そろったら、まずそれぞれについて、「嬉しかったことや」「悔しかったこと」「何故そうしようと考えたか」という、エピソードに付随してあなたが考えたことや感じたことを記入していってください。

自らの過去を振り返ることで「やってきたこと、できないこと、やりたいこと」が明確になり自身の強みを導き出すことができます

他己分析

自己分析をし、自分の特徴や強みがわかったら次に他己分析を行いましょう。他己分析とは、他人に自分のことを分析してもらう手法です。

自己分析の目的は、自身の価値観や強みを知ること、本当に自己分析をした結果と周りの人との評価が同じかどうか確かめることになります。

自分は気づいていなかった、もしくは弱みだと思っていた部分が、人と話すことで実は自分の強みだったことがわかる場合があります。

他己分析を行えば、必ず自分の知らない自分を知ることができます

・誰と行うべきか?

両親、恋人、親友に行ってもらいましょう。ハッキリと意見を言ってくれる先輩、後輩、友達と行うとなお良いです。表面的なことしか言ってくれない人は避けたほうがよいでしょう。

・どのような質問をするべきか?

適当な質問をしているともちろん欲しい回答は返ってきません。具体的な内容を聞く必要があります。以下にどのような質問が効果的な質問なのか例を紹介します。

漠然とした質問にならないように気をつけましょう。

・質問例

   「第一印象どういう人だと思った?その理由は?」

 「今は、私のことどんな感じに見えている?その理由は?」

 「私の長所と短所は?その理由は?」

 「2人の時と集団でいるときとでは、どのような印象の違いがある?」

 「どういう仕事が向いていそう?」上記は一例ですが、参考にしてみてください。

▶ポイント1.コミュニティが偏らないように。

コミュニティによって、あなたの役割は違うはずです。

バイト、ゼミ、サークルなど複数のコミュニティから質問をすると良いでしょう。メンバーが違うだけで自分への印象が異なることがあります。

▶ポイント2.まずは相手の分析を行ってから、自分の分析をやってもらう。

他己分析は、遠慮が入ると意味がなくなってしまいます。そのため、まず自分から相手の分析をすると良いでしょう。

▶ポイント3.意見を鵜呑みにしないようにする。

少数の意見は、鵜呑みにせずに参考程度にしましょう。かならずしも全員の意見が正しいとは限りません。まずは全体的によく聞き、最後に意見をまとめるのが一番良い方法です。

行き詰まったら

自己分析で紙や画面に向かっていても行き詰ってしまったという人は、とにかく行動して、その行動を分析するという方法を試してみてください。就活も進みますし、一石二鳥です。

行動してみて、何に興味を持ったのか、何に共感したか探してみます。そしてなぜそう思ったのか考えてみます。このように少しずつ行動を分析していくことで自分の特徴が見えてきます。

具体的にはOB訪問する、説明会に行く、周りの方はどんなことをしているのか聞いてみる、教授にお話を聞くなどを行いとにかく情報量を増やしていきましょう。

その後OBのどの話に共感したとか、説明会でこの働きは合っていると思ったとか、最初は直感で構いません。後から少しずつ深堀していくことで、分析しましょう。

この行動と分析を繰り返す方法は常に使えます。就活をしながらどんどん変化していく考え方にいち早く気付くかもしれません。

就活中は常に自己分析・行動分析を心掛けてみてください。

就活生が陥りがちなミスとは

いままで自己分析をどのようにやるのか具体的に紹介してきました。次に自己分析の注意点を紹介していきます。

自己分析≠自己PR

最初に自己分析は、自分のことをアピールするために行うと伝えました。

しかし、自己分析だけしていてもアピールはうまくなりません。エントリーシートを書いたり面接の練習をしたり自分のことをアピールするために準備しなければいけないことはいくつもあります。

つまり自己分析 ≠ 自己PRであり、自己分析 ⇒ 自己PRなのです。自己分析をもとに自己PRを決めていくのです。

自己分析に終わりはない

「自己分析をどこまでやればよいのか。」といった質問をよく受けますが、自己分析に終わりはありません。なぜなら、私たちは日々変わっていくからです。

また、心の状態によっても若干変わってきます。ただ自己分析の基準としては自分の特徴と価値観をある程度把握し、人に話すことができればよいです。そのうえで状況に応じて自己分析の幅を広げていきましょう。

自己分析によって適性企業が見つかるとは限らない

よく「自己分析をして自分にあった企業を探す。」という就活生と出会います。しかし、自己分析からは、企業は見えてきません。自己分析は、自分の特徴と価値観が分かります。

自己分析だけで企業を決めてしまうと、元々自分が知っている企業からしか選べないことになります。就活が始まる際は、自己分析と同時に企業探しも行いましょう。

後ろ向きにならない

自己分析は就活のスタートに行うので、希望とやる気に満ち溢れる反面、大きな不安も抱えながらやることになると思います。

自分でいろいろと考え、他の人に意見を求めたとき、思いもしなかった指摘やアドバイスをもらって、落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

ただ、そこでネガティブになってしまっては、就活の良いスタートが切れなくなってしまいます。

世の中に欠点や失敗のない人間などいません。指摘は真摯に受け止めながら、「とはいえ自分には良いところもあるはずだ」とポジティブに考えて乗り越えましょう。

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・自己分析を行う理由は、自分のことをアピールできるようになること

・自己分析はまず自分史を作ることから始める

・自己分析≠自己PRであり、自己分析⇒自己PR

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。

こちらのキャリアアカデミーのイベントでは徹底した就活対策を行っています!まずはこのイベントからスタートしませんか?

>>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう