就活の始まりである「エントリー」。何社くらいすればいいのか、いつまでエントリーできるか等気になることも多いと思います。この記事では、エントリーの時期やエントリーによってできるようになること、一般的なエントリー数などについて解説します!

JEEK(ジーク)には、他にも「就活の軸の定め方」「就職活動の流れ」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

エントリーとは

本エントリーとプレエントリー

エントリーは広報活動解禁と同時に可能になるプレエントリー」と、選考を受ける企業にする「本エントリー」があります。

一般的に広報活動が解禁(例年3月)されると、少しでも興味がある企業すべてにプレエントリーをし、インターネットや説明会などで興味がある企業を絞り、選考を受けたい企業だけに本エントリーをするという流れになります。

プレエントリーの段階では名前や住所、連絡先、大学名などを登録するだけですが、本エントリーの際には企業が志望理由や自己PRなどについて出題するES(エントリーシート)の提出をする必要がある場合がほとんどです。

プレエントリー後にできるようになること

プレエントリーでは、企業のサイトに個人情報を入力して「マイページ」と呼ばれる自分だけのページを作ります。このマイページを通して以下のようなことができるようになります。

・企業の採用ホームページ閲覧

企業はプレエントリーをした学生だけが見ることができるコンテンツを作っている場合が多いです。そのサイトには「採用担当者の声」や、「現在働いている人の声」、給料や福利厚生などが記されている「募集要項」など、企業を選ぶ際に参考になる情報が沢山載っています。

・説明会予約・参加

また、多くの企業では説明会の予約をマイページからしかできないようになっていたり、そもそも説明会の情報がプレエントリーをした学生にしか流れないようになっていたりします。説明会に参加したい企業については必ずプレエントリーをするようにしましょう。

・ESの内容確認

先ほど述べた通り本エントリーの際にはESの提出が必要な場合がほとんどですが、このESの設問内容はプレエントリーをしないと知ることはできません。逆に言うと、早い段階でプレエントリーをしてESの内容を把握しておけばESの作成に長い時間をかけることができます。

・企業からの接触

これは上3つと異なり、必ずあてはまることではないのですが、プレエントリーをした学生に企業の方が直接連絡を取ってイベントの情報を届けたり面談という名目で会おうと誘ったりすることがあります。

このようなイベントや面談などは参加することによって企業の情報を収集することができたり特別ルートの選考を受けることができたりします。プレエントリーをしていないとこのような機会を失ってしまうため、興味のある企業には早めにプレエントリーをしましょう。

プレエントリーの数は?

文系学生・学部卒の理系学生の場合

50社程度エントリーするのが一般的です。理系学生や文系学部の学生では、学部の専門と一致したところに就職するとは限りません。

経済学部を出ても人事部配属がありますし、営業学部は大学にないですよね。このように文系学生の多くは職種が定まっていないため、多くの企業にエントリーするでしょう。自分のやりたいことや自分の考えにマッチする企業に会うため、50社程度のエントリーをすることが求められると考えられます。

また業界を絞らない就活でもこの程度のエントリーになります。海外営業志望で、それが叶うならどこでもいいという考えのもと就活する人などがこの例に当てはまるでしょう。

理系修士・業界や職種を絞っている文系学生の場合

就きたい職種や志望する業界が明確な場合は20~30社エントリーする人が多いです。

周りでは50社程度エントリーしている中、「20~30社のエントリーでいいのか?」と疑問に思う就活生が多いです。

しかし、エントリーしている企業の業界が自分の専門分野で知識があったり、志望する業界が限られているため他の就活生に比べてその業界への理解が深かったりなどの理由で、沢山エントリーしている人よりも1社あたりで内定をもらえる確率が高くなっているはずです。

学校推薦をメインに進める理系学生・既に滑り止めの企業の内定を持っている場合

上記の場合、5~10社しか受けない人もいます。理系の学校推薦だと、内々定率は自由応募と比較して高いです。

10年前と比べると、学校推薦でも選考で落ちるようになってきていますが、未だに学校推薦取得で100%内々定という企業は存在します。そのため、理系で学校推薦メインの学生でも数社は自由応募でエントリーすることがあります。

また文系学生だと、大変少ないですが「インターンでベンチャーから内々定を持っていて第一志望群しか受けない」という学生はこの程度のエントリー数になります。

プレエントリーの時期は

3~4月にかけてエントリー

3月の解禁日と同時に企業への最初のエントリーが始まります。その後は学内企業説明会が各大学にて行われます。この時期が最もエントリーが行われる時期です。

選考解禁前にかけたエントリー

5月の下旬あたりになるでしょう。経団連基準の選考開始前(2017, 2018, 2019卒などは6月)にもエントリーが増えます。これは、経団連基準の前から選考が行われ、自分の持ち駒の減少を知るためです。

多くの企業は選考解禁前「面談、質問会、交流会」などと名を変えた面接が行われます。この選考の結果を選考解禁前に知ることができるため、選考解禁前から自分の今の持ち駒となる企業の選考状況がわかるのです。

選考解禁後にかけたエントリー

選考解禁後になると多くの企業が就活生に内々定を出します。一方、同時に複数の内々定を貰った就活生は内々定を辞退します。

そのため、予定の採用数に達しなかった企業はここで二次募集の案内を出します。この時期が、エントリー時期の一つにあたります。

エントリーする人は、内々定を取っても納得がいかないから就活を継続する人や、内々定を取れなかった人です。このような人たちが新たにエントリーし始めます。

(出展:キャリアアカデミー「人によって違う!?内定が獲得できるエントリー数とは?」「就活においてエントリーとは何をすることなのか」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・エントリーにはプレエントリーと本エントリーがある。

・エントリー数は人によって変わるが、志望する企業が絞れているほど少なくなる。

・エントリーをする時期は様々であるが、広報活動解禁後の3~4月に最もエントリーが多くなる。

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。こちらのキャリアアカデミーのイベントでは徹底した就活対策を行っています!まずはこのイベントからスタートしませんか?

>>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう