留年や留学などで、大学(院)や専門学校の卒業が半年伸びることがあります。その場合、3月ではなく9月に卒業する学生がいます。

9月卒業の場合、就活はどのようなスケジュールで動いていくのでしょうか?そんな疑問をもとに本コラムでは9月卒業の就活生の現状を紹介しています。

JEEK(ジーク)には、他にも「WEBテストや玉手箱などの違い」「就活成功を成功させる3つのコツ」のコラムもございますので、ぜひご覧ください!

4月入社と10月入社がある!

みなさん4月出社と10月出社があることはご存知でしょうか?

そもそも10月入社って?

10月入社とは初出社が10月になることです。これは留学した学生が9月に卒業する際、企業がその学生を新卒採用として雇うために設けられた制度です。

以前、9月卒業の学生は、翌4月に社会人となる学生と同じ新卒の扱いで採用試験を受けていました。

ただ、卒業した9月から3月までの期間の履歴書が空白になってしまうことを考慮して9月に卒業してからすぐに働けるように設けられたのが10月入社です

最近では、10月入社を行っている企業が増えています。

10月入社のスケジュール

▼12月頃 9月卒業者用求人へのエントリー開始

▼2月頃 面接の実施

▼卒業直後(or4月) 正式入社(企業による)

また、転職サイトでは、秋採用の求人が出されていることがあります。

経験不問で募集をかけている企業もあるため、9月卒業の場合はそちらの求人も視野に入れて就活するのもよいです。

働き方が多様化している

ひと昔前までは、就職活動を行い、最初に採用された会社で定年まで勤めるのが一般的でしたが、現代の日本ではそうしたことが当たり前でなくなりつつあります。

スキルアップや理想のキャリアプランのために転職したり、一度仕事から離れた女性が子育てを終えてキャリアを再開させたりすることが珍しいことではありません。

フリーランスやダブルワークといった働き方さえ世間に認知されて始めているのは、それだけ働き方が多様になった証になります。

9月卒業をする場合は、3月卒業とは異なる経験や体験を生かして、就活に臨むべきです。秋卒業のメリットや優れた点を打ち出していきましょう。

9月卒業はマイナスではない

ハンディキャップなし!

9月卒業は、3月卒業に比べて母数が少ないので珍しいというだけでなんのハンディキャップもありません。

小中高と大学生活までは、およそ同世代と足並みのそろった生活だったかもしれませんが、社会人になれば、出世や昇給のタイミングは人それぞれですし、転職する人もいます

それを良い経験にできるかどうかは、秋卒業という立場で学業に対してどのように取り組んできたのか、また就活や企業研究にどのような姿勢で取り組んでいるかを、企業に示すことができるかどうかにかかっています。

どのような理由で9月卒業になったのか、またその環境でいかに努力を重ねてきたのか、しっかりアピールしましょう。

ただマイナス点が一つあります。それはすべての企業が10月入社の体制をとっているわけではないことです

もし志望する企業が4月入社のみであればそちらの選考を受けましょう。採用情報に書いてありますので、自分の志望する企業が10月入社の体制を取っているかしっかりチェックしましょう。

(出展:キャリアアカデミー「9月卒業の就活生の現状」より)

最後に 

いままでの内容の要点をまとめました!

・10月入社の体制をとっている企業が増えている

・10入社もそうだが日本全体の雇用形態が多様化している

・9月卒だからこその経験や知識を武器にできる

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。こちらのキャリアアカデミーのイベントでは徹底した就活対策を行っています!まずはこのイベントからスタートしませんか?

>>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう