就職活動をしたくない・しないという方、就活中の方を対象に就職活動をしないという選択肢がどんな意味を持つのかのでしょうか。

就活自体に後ろめたい気持ちがあるからと言って未来が真っ暗というわけではありません。この記事では未来をどのように明るく自分なりの選択肢を決めていくのかをポイントに説明します。

JEEK(ジーク)には、ほかにも「中小企業で働くメリット・デメリット」「就活を成功させる3つの方法」のコラムがございますので、ぜひご覧ください!

就活をやめたい人って?

まずは就活未経験者のためになぜ就活をやめる人・しない人がいるのか簡単に説明します。

就活をやめることに前向きにな方

就活をしないという方の中にはすでにやることが決まっていている前向きな方がいます。

・起業したい

・院に進学予定

など

就活をせずともすでに進路があり、いちいち企業に入らなくてもいいと考えている人たちです。今回はこのような前向きな方に焦点を当てるのではなく、少し後ろめたい気持ちをお持ちの方について解説していきます。

就活を精神的にきついと感じている方

本題はこちらです。就活をすでに始めていてもう時期的に終盤を迎えたり、就活以前にあまり就活をしたくないと思っている方について解説していきます。

そもそもどんな人が就活をやめるという選択肢をとってしまうのか

・就職したいところがない

・残業、上司との飲み会が面倒

・時期的に就職できる企業がなく半ばやけくそになっている

・周りからのプレッシャーに耐えられなくなった

・嘘をついてまで就活するのが馬鹿らしくなった

・就職活動自体めんどくさくなった

・なかなか受からず挫折

・終わりが見えない

・未来が見えない

など

以上のような理由があげられます。

なかでも就活を途中で挫折してしまう人多いです。ほかにも、企業の方から話をきいてもよくわかんないし興味も湧かない、面接に行っても恥ずかしい思いだけして結果は不合格ということ方も多いです。

では、就活をやめた場合についてその後の人生の選択肢を説明します。就活自体に後ろめたい気持ちがあるからと言って未来が真っ暗というわけではありません。

この記事では未来をどのように明るく自分なりの選択肢を決めていくのかをこれから説明していきます。

就活をやめた後の未来を切り開く選択肢

起業する

起業する選択肢は今の時代ならではです。

いきなり言われてもと思ったかもしれませんが、あなたが就活したときには息苦しさなど何かしら疑問を抱いたりしたはずです。

そういった疑問や自分が不満と感じたことを生かし理想の企業を作ってみてはどうでしょうか

また、就活をしない人を集めて起業するというのも十分ありです。実際に成功した例もありますし、無理ではありません。

ただ起業をするにあたり勉強をする必要があります。具体的には、今何が需要があり何を始めれば儲かるか、サイトの作り方などを起業をするにあたり情報収集をする必要があります。

もう一つ認識しなくてはいけないことは全国で毎年1万件以上の企業が倒産しているという現状です。創業された企業のうち、1年以内に60%、5年以内に80%が倒産するといわれています。

そのため起業するなら綿密な計画をたてる必要があります。

長期インターンを始める

半年~1年間といった長期インターンに参加してみましょう。

長期インターンはベンチャー企業が多いため企業について学べるだけでなく、営業スキル・ビジネススキル・企画プレゼンスキルなどの能力を伸ばすことができます。

また、風通しがよく、融通が利き、大手企業なら5年目に任される仕事を入って1か月で任されることも十分にあるので居心地よく生活ができます。

それだけでなく、長期インターンから内定をもらえることもあります!JEEK(ジーク)では長期インターンを紹介していますので是非ご覧になってください。

海外へ行く

海外へ留学したり語学を学んだり、ビジネススクールに通ったり、気分を入れ替えるために住む場所を変えて再スタートするのも一つの手段です。

今まで気づかなかった世界が見えてくることや、本当に自分がやりたいこと、良い仲間に出会えることもあります。これらは就職したらできない体験です。

就活せずに海外に行き成長し日本に帰ってきたり、そのまま海外でやりたいことをみつけ海外で働き始めたりするのも良いです。

院に進学

大学院に行くという選択肢があります。文系学生ですと院はちょっとと思うかもしれませんが自分の大学の院について調べてみましょう。実は知らないだけで興味がある場合もあります。

調べる手段としては、直接院生、教授に聞くのが一番です。

たとえ院に行くという選択肢が良くないと感じても教授や院生と話すことで人脈が広がったり、新たに自分の興味ややりたいことに気づくこともあります。

違う大学に進学する

なにか物足りなさや今やっていることにあまり関心がわかないという方は大学に入り直すというのも1つの手段です。

大学を変えたり、学部を変えたり選択肢は多様です。もちろん日本の大学ではなく海外の大学に入学するのもひとつの考えです。

就農する

就農と思った方が多いと思います。就農するとは農業の仕事に就くという意味です。

自分で農業を営み生活をすることです。難しいと思った方がいるかもしれませんが実は、国のバックアップがあります!

具体的には、農水省では農業を始めたいという人をバックアップしています。

就農前の研修期間(2年以内)の所得を確保する給付金を給付してくれ、就農直後も給付金がもらえます。

そのため資金的な話は解決できるのであとは経営を考えたり、農業の知識を蓄えたりする必要があります。農業の方の平均年収は約450万、多い場合だと1000万2000万稼いでいる方もいます。

漁師になる

全国漁業就業者確保育成センターという組織があります。こちらでは全国で募集していますので探してみるのも一つの手段です。

林業に就く

林業に携わるための支援や相談窓口が各都道府県にあります。全国森林組合連合会では厚生労働省の委託による林業就業支援事業、林野庁の補助なども用意されています。

 地域おこし協力隊隊員になる

総務省が「地域おこし協力隊」バックアップしています。1~3年の間を地域で生活しながら、地域活性化に取り組む活動です。

以上のように選択肢はたくさんあります。どれも共通していえることはアクションを起こすことです。

人に聞いたりネットで調べたり、イベントに参加してみたり手段はいくらでもあります。実際興味がないものに参加したり接触したりすることでその選択肢を消せたり、逆に自分の知らない世界に飛び込んだことで新たな発見をしたりすることができます。

もしネットなどで調べてもよくわからないという方はまずJEEKのイベントに参加してみてください。あなたの選択肢の幅を広げていきます!

(出展:キャリアアカデミー「就活しないという選択」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・就活を途中で断念しても明るい未来がある

・選択肢は起業、長期インターン、海外へ行くなどたくさんある。

・今からやるべきことは調べる、イベントに参加する。まずJEEKのイベントへ!

この記事を読んだ方必見

また、選考がうまくいかなくて就活しないという方は、プロの方に相談するとよいかもしれません。キャリアアカデミーでは、人事経験者の講師があなたの就活を内定までサポートします。もう一度就活を頑張ろうという方は、まずこのイベントからスタートしませんか?

>>「キャリアアカデミー無料相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう