学歴フィルターという言葉をご存知でしょうか?学歴が選考の最低基準になっていることを指します。

学歴フィルターがあると、どんなにその企業に行きたくても、熱意を伝えるチャンスすらもらえないこともあります。

就活が始まると嫌でも耳に入る「学歴フィルター」ですが、本当に存在するのでしょうか?

学歴フィルターとは

学歴フィルターとは、一定以上の学歴(卒業大学等)を、選考の最低条件として設けることです。一部の大手企業では確かに導入されています。

学歴最低基準に届かないと、どれだけ頑張てエントリーシートを書いても、熱心に志望動機をアピールしても、内定を獲得できる可能性は極端に低くなります。

しかし、多くの学生が誤解していることのは、学歴フィルターは絶対ではないということです。資格、留学経験等、学歴以外の要素で抜群のものがあれば、あきらめる必要はありません。

学歴フィルターはなぜ存在する?

ポテンシャルの代替指標として

新卒の場合、職務経験がないため仕事ができるかどうかを問うことができません。そのため、面接官は就活生のポテンシャルを見極めることが求められます。

実際、面接だけでポテンシャルを感じることはできるでしょうか?新卒の場合難しいでしょう。そのため、学歴を見ます。学歴が大学受験の努力を示すからです。

選考を効率化するため

学歴フィルターは応募者の多い大企業ほど顕著です。理由は明確です。全ての応募者のエントリーシートを読んだり、面接をすることができないからです。

対象者を絞るために、企業は学歴フィルターを用います。

実際、この学歴フィルターを通過すると、企業の就活サイトに載っていない選考ルートに招待されることがあります。

例えば、日立製作所事務系の場合、一定の学歴があるとリクルーターさんとの面談に招待されます。面談でよい結果だと、特別ルートで面接を行います。

ホームページ上では、GD-面接と記載されていますが、このルートだとGDがないのです。リクルータールートだと面接回数が減るとケースもあります。

このように大企業ではこのフィルターを抜けると、特別選考のルートに乗ることがあるのです。

どこで学歴フィルターがかかる?

最終面接で急に学歴フィルターを使うことはありません。学歴フィルターは選考の初期段階で使われます。

採用担当の読むエントリーシートの数を減らすために、面接官の負担を減らすためにこのフィルターを使うことが多いです。

ではこのフィルターを抜けて面接が始まるとどうなるでしょうか。面接へたどり着くと、学歴以上に就活生個人を見る傾向にあります。

学歴も重要ですが、就活生の価値観や思い、またはやる気などの側面を重視してきます。このフィルターを抜けたからって安心してはいけないのです。

学歴が良くても誤字脱字の多いエントリーシートでは面接に臨めませんし、企業研究を全くしていない状況で面接を受けても面接官は就活生のやる気を疑います。

学歴フィルターとは、あくまでも初期のスクリーニングに使うだけです。

最後に

自由応募が主流になり、平等になったと思われる就活ですが、学歴フィルターは依然として存在します。就活生が効率良く企業を受ける際には知っておきたい情報の一つです。

しかし、『ここ受けてもどうせフィルターにかかるから…。』と言わず、本当に行きたい企業ならESを出しましょう。

ESで落ちたとしても、何度も書くうちに質が上がっていくものです。学歴フィルターがあると言われている企業、そうでない企業をこれまでの採用実績などから把握して、バランスよく受けていきましょう。

キャリアアカデミーでは、自己分析、企業研究、ES、面接、グループディスカッションなどあらゆる選考ステップの対策ができます。学歴に不安があるけど、大企業の内定が欲しいという方は、ぜひ無料説明会だけでも参加してみてください。

>>「キャリアアカデミー無料説明会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう