自分の将来を大きく左右する"就職活動”。成功させるためには、他の人に負けない早めの対策が不可欠です。

この記事では、就活の流れや対策のまとめについて解説しています。この記事を読んで、どの時期にどのようなことをしなければいけないのか知り、就活を成功させましょう!

2019年卒の就活の流れ

2019年卒の学生のスケジュールは2017年卒、2018年卒と同じスケジュールになります。

2017年卒の就活は大きく以下のような流れとなっています。

Step.1  インターンにエントリーする(3年生6-7月)

Step.2  インターンに参加する(3年生8月)

Step.3  業界の絞り込みを徐々に始める(3年生9-12月)

Step.4  OB・OGへの訪問(生の企業情報の収集活動)(3年生11~2月)

Step.5  会社説明会解禁、就活本格スタート(3年生3月)

Step.6  ESの提出/筆記試験やWebテストの実施、一部企業では面接スタート(4年生4月~6月)

Step.7  正式な選考スタート!面接解禁~内々定(4年生8月)

Step.8  内定式(4年生10月頃)

この中の重要な節目として、大学3年時の3月1日と大学4年時の6月1日があります。

大学3年時の3月1日

3月1日に経団連に所属している企業は広報活動が解禁されます。具体的には、以下のようなことができるようになります。

・プレエントリー

企業へのプレエントリーができるようになります。プレエントリーというのは、企業への本エントリーの前段階のエントリーのことで、企業の採用サイトへ氏名・住所・連絡先・大学等の情報を登録で完了となります。

プレエントリーをすることによって企業の説明会の申し込みをできたり、エントリーシートの項目を確認できたりするので、興味がある企業には必ずプレエントリーしましょう。

・説明会への応募・参加

3月1日が過ぎたら、企業の個別説明会や特別説明会が開催されるようになります。また、この説明会に応募できるようになるのも3月1日からです。

説明会の応募ができるのはプレエントリーした人に限られています。人気がある企業は3月1日の午前1時に説明会の席が埋まる場合もあるので、興味がある企業は3月1日になったら早めにプレエントリーと説明会への応募を済ませましょう。

大学4年時の6月1日

6月1日には面接が解禁されます。経団連に所属している企業はこの日までは面接をしてはならないことになっていますが、「面談」や「相談会」、「人事の方とのお話」などの名目で実質的な面接が行われる場合も多いです。

そのような企業については、6月1日に最終面接だけしてその場で内々定が出ます。

3年生の3月(広報活動解禁)前にすべきこと

3月になると、本格的に就活が始まり、非常に説明会や選考などで忙しくなります。そのため、3月前に準備しなくてはならないことを押さえ、3月になっても慌てないようにしましょう。

志望する企業を決めておく

3月1日にはプレエントリーをしなくてはいけません。そのため、3月1日よりも前にプレエントリーする企業を決めておく必要があります。

具体的には以下の二つの方法でプレエントリーをする企業を決めておきましょう。

・業界研究・企業研究

しっかりと業界研究・企業研究をしておきましょう。世の中にどんな業界があり、どういう役割を担っていて、どんな特徴があるのかを知っておけば、ある程度自分が興味がある業界。興味がない業界がわかってくるでしょう。

その上で、自分の興味ある業界内にはどんな企業がどういう位置づけ(シェア・特徴・強み弱み等)であり自分に合っている企業はどこなのかということを分かっておきましょう。

・インターンに参加

ある程度興味がある業界がわかってきたら、更なる業界研究や企業研究としてインターンに参加することをおすすめします。

インターンで実際にその企業に働いている人がその企業のことや業界説明をしてくれるので非常にわかりやすいです。

また、ワークや社員の方と話すことを通じて、ネットだけではわからない実際の仕事内容を知ることができたり、自分が本当にその業界や企業に合っているのかを確かめることができます。

自己分析

自己分析とは、簡単にいうと自分について詳しく知ることです。自己分析をすることによって自分の価値観や得意なことをはっきりさせると、企業選びに役立ちます。

また、面接で自分のことをアピールする際に自分についてわかっていないとうまくアピールできません。

このような理由で選考やプレエントリーが始まる3月までに自己分析を済ませておく必要があります。

適性検査対策

また、プレエントリーを済ませてエントリーシートを提出すると、適性検査を受けることになります。

適性検査では、筆記試験で対策すべきなのは言語分野という国語のような問題と、非言語分野という算数のような問題です。難易度としてはそこまで高くありませんですが、1問にかけられる時間が少ないので、早く解く練習をする必要があります。

3月以降は説明会参加やエントリーシート執筆で忙しいので、3月より前に対策を済ませておきましょう。

以上のことを表にまとめると以下のようになります。

(出展:キャリアアカデミー「就活はいつから何を準備をすべき」「2019卒向け就活スケジュール」「【2019卒の就活生へ】就活の先輩が届ける私達の就活スケジュール」より)

最後に

いままでの内容の要点をまとめました!

・3年時からインターンや企業研究をスタートし、3年時の3月に広報活動・4年時の6月に面接解禁となります。

・3年時の3月までに志望する企業の絞り込みや自己分析を行っておくと良いです。

この記事を読んだ方必見

志望企業の内定を獲得するためには、情報を集めること・早期に対策を始めることが必須です。

こちらのキャリアアカデミーのイベントでは徹底した就活対策を行っています!まずはこのイベントからスタートしませんか?

>>「キャリアアカデミー入塾相談会」のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう