みなさんは就活塾をご存知ですか?実は、受験に予備校があるように、就活にも就活塾(就職予備校)が存在します。

就活塾は、地域によって就職予備校や就活スクールとも呼ばれます。

自己分析、業界研究、企業研究、エントリーシート添削、面接対策など、就活のあらゆるシーンを、就活のプロフェッショナルである講師がサポートしてくれます。

「就活塾」という単語を、一度は聞いたことがある方もいるかもしれませんが、全く知らないという方も多いかと思います。

そこで今回は、多くの大学生がよく知らなかったり、あまり良いイメージを持っていない、就活塾に関して、入塾で得られるメリットやデメリット、サポート内容など詳しく解説します。

>>就活塾の無料説明会を探す

就活塾(就職予備校・就活スクール)とは

就活塾とは、就職活動に関するサポートを有料で、就活生・就活を控える学生に対して提供する塾です。地域によっては、就職予備校・就活スクールとも呼ばれます。

受験予備校の就職活動版といえば、イメージしやすいかもしれません。

自己分析、業界・会社研究、エントリーシート添削、面接対策、グループディスカッション練習など、就職活動の選考にかかわるあらゆる知識・テクニックを習得することができます。

指導をしてくれる講師は、様々いますが、多くは大企業の人事や、企業の採用活動のコンサルタント、大学のキャリアセミナーの講師の経験がある方です。

面接や採用の裏側を知っているからこそ、内定という結果に直結する指導ができるのです。

また、就活テクニックの指導だけではなく、就活生の精神的なサポート・ケアもしてくれます。

就職活動は不安の毎日です。多くの学生が「本当に内定が取れるのか」と思い悩みますし、面接で落とされるたびに自己否定をされているような感覚に陥ります。毎年、選考がうまくいかずに精神的に病んでしまう就活生が多数いることも事実です。

そんな不安の尽きない就職活動において、頼れる存在がいると大きな精神的支えになります。

つまり、就活塾とは、就職活動に関する知識・技術を習得できることに加え、就活期間の精神的な支えになる存在であるといえます。

就活塾(就活予備校・就活スクール)に通うメリットは?

就活の専門家のサポートを受けられる

先述の通り、就活塾の講師の方の多くは、大企業の人事や面接官を経験していたり、企業の採用コンサルタントを前職とする方です。

そういった採用の裏側を知る講師は、どんなエントリーシートが通過するか、面接ではどんな回答をすると評価を得やすいか、面接官が学生のどこを見ているか、といった情報を全て知っています。

人事の最終決定の場面に関わり続けていた、いわば「就職活動の専門家」から直接アドバイスをもらえることで、効率的に戦略的に就職活動を進めることができます。

多くの学生が、先輩の社会人やOBから得た、「求職者(採用される側)視点」でのアドバイスのみしか知りえないのに対し、「採用者(採用する側)」のアドバイスを得られることは、大きなアドバンテージになります。

また、就活には常に不安が付きまといます。「本当に内定が取れるのか」という不安や、周囲と不必要に比較してしまったり、周囲の何気ない言葉が心に刺さったりと、精神的な負荷が非常に大きいのです。

そんな時に、就活塾に通っていれば、就活の専門家が個別指導・個別相談に応じてくれて、悩みを解消してくれます。就活には自信が必要です。

何度もエントリーシートや面接で落とされてしまうと、いざ面接に進んでも自信のない話しぶりになってしまいますし、自己否定感が強くなってしまいます。

明るい姿勢や話し方は第一印象を左右する重要な要素ですので、自信がない話し方だと落ちてしまう可能性が高くなります。

不安を払拭して、就活で評価されるテクニックを習得できることはもちろんですが、迷いや不安を解消することができることも実は大きなメリットです。

自信をもって就活に臨むことができれば、結果につながりやすいですし、たとえ落ちてしまっても切り替えて次の選考に進むことができます。

インターネットでは得られない情報が得られる

特に長い歴史と豊富な指導実績を持つ就活塾の場合は、実際に通過したエントリーシート、内定を獲得した学生の面接の受け答え、どんなスケジュールで就活を進めたのかなどの、莫大な情報が蓄積されています。

近年は、いくつかの就活サイトに登録すれば、無料や比較的安価で、合格者のエントリーシートや選考体験記を閲覧することはできますが、就活塾で得られる情報は、その数と密度が違います。

大きな就活塾であれば、毎年数百人以上の就活生を指導しています。その全学生の選考情報を持っています。

その情報は、「面接は厳しい雰囲気です」「4回面接があります」といったインターネットで得られる程度の情報ではありません。

「一次面接では志望動機ではなく、学生時代のことが聞かれる」「最終面接は志望動機しか聞かれず、逆質問の時間が多い」といった、リアルで具体的な情報です。

また、インターネット上には合格者の声しか掲載されませんが、就活塾は不合格者の選考体験記も持っています。成功者の声よりも失敗談のほうが参考になるものです。

面接でどんな質問がされるのか、どんな回答が期待されているのか、何が評価されているのか、内定者はどんな回答をしたのか、不合格者はどんな回答をしたのか。

これらの情報が事前に分かれば、綿密な準備ができますし、面接にも自信をもって望めると思いませんか?

そういった貴重な情報にアクセスできることも、就活塾のメリットの一つです。

大学を超えてOB・OG訪問ができる

就職活動では、OB・OG訪問が重要なステップです。就活をスタートした当初は、

合同説明会・企業説明会では、大勢に向けた画一的な説明しか受けることができず、その企業の詳しい事業内容・採用スケジュール・選考フローを知ることはできません。

そこで、自分が本当に望む会社なのかを確認したり、面接で話す志望動機を練るために活用するのが、OB・OG訪問です。

非常に便利なOB・OG訪問ですが、通常、同じサークル・ゼミの卒業生しか、訪問の約束を取り付けることができません。

同じ大学の卒業生も、年次が近ければ問題はありませんが、なんの接点・共通点も持たない社会人に時間をいただくことは非常に難しいです。

つまり、自分のコミュニティから内定者を出していない企業には、OB・OG訪問をすることができないのです。

しかし、就活塾に入塾すると、就活に特化した新たなコミュニティができます。大きな就活塾になると、1万人以上の卒業生を輩出しており、あらゆる業界のほとんどの企業に内定者・卒業生を輩出しています。

就活塾に入ることで、OB・OG訪問につながる人脈が広がり、「外資系企業、難関企業に行きたいけどOB・OGがいないから訪問を諦める」といったことがなくなります。

就活前の方には実感できないメリットかもしれませんが、毎年「総合商社のOB訪問がしたいけど、OBがいない」といった悩みを多く耳にするので、就活が始まれば、ありがたみを実感するでしょう。

1人ではできない対策ができる

就活では必ず、グループディスカッション、集団面接を経験します。この二つは、苦手意識を持つ就活生が非常に多いです。

両選考とも、通常の個人面接やエントリーシートと同様に、コツをつかみ、経験を積めば容易に通過できるのですが、一人では対策ができないという理由で、苦手意識をもってしまうようです。

就活塾では、グループディスカッションや集団面接など、一人では対策できない選考ステップも、ほかの就活生と対策することができます。

さらに、講師からアドバイスを受けることができます。

通常、集団面接やグループディスカッションは、志望度の低い企業等で実践を通じて経験を積むので、アドバイスやフィードバックを受ける機会はありません。

客観的な視点でのアドバイスは非常に貴重です。

就活仲間ができる

何度も述べた通り、就活は日々不安との戦いです。大学の親しい友人や家族には相談しにくかったりして、一人で悩みを抱えてしまい病んでしまう就活生が多くいます。

就活塾で、目的を同じくする仲間と出会い、何気ない不安や愚痴などを話すことができることは実は非常に重要なのです。

そういった精神的な面以外にも、同じ業界を受ける仲間と、選考情報を共有しあうことができます。選考結果がいつ来るかとやきもきするより、「友人は通過連絡が来たのに自分は来ていない」と潔くあきらめることができます。

面接で何が聞かれたか、SPIでどんな問題が出題されたかなど、就活仲間との情報交換は貴重な情報源です。

他の会社を受ける場合でも、志望動機や自己PRなど、参考になる情報は多々あるものです。

また、就活中はどうしてもモチベーションが下がってしまうことがあります。そんな時でも、就活塾という環境に身を置けば、本気で覚悟をもって行動している仲間が常にいるため、自分自身を奮い立たせることができます。

就活塾に入塾した受講生の多くは、上記のメリットを受けて、難関企業・人気企業・大手企業から内定を獲得しています。

就活塾に通うことのデメリットとは

費用がかかる

当然ですが、これだけ手厚いサポートが受けられるのですから、就活塾には相応の費用がかかります。

就活塾やコースにもよりますが、内定までのサポートで5万~25万円程度です。

サポートの手厚さにより値段に幅があります。最も安いコースだと、10回程度の個人面談と模擬面接、最も高いコースだと回数無制限の個人面談、模擬面接、ES添削、グループディスカッション練習などのサポートが受けられます。

中には、サポートの質に絶対の自信を持ち、内定が出なければ全額返金という「内定保証」を掲げる

学生には少し高く感じるかもしれませんが、就職活動は40年間以上を働く場所を探す期間です。自分のその後の人生の送り方を左右すると考えれば、高くはないと思います。

また、学生時代の20万円程度の出費であれば、就職してしまえばボーナスだけで十分に返済できます。

納得いかない形で就職活動を終えて、不満を持ったまま働き続けるよりは、学生時代に未来の自分に投資するという気持ちで、自分の納得のいくキャリアを歩んだほうが幸せではないでしょうか。

>>就活塾の料金って高い?費用はどのくらい?

テクニックに走ってしまう

就活塾では、就活の専門家からアドバイスを受けることができます。人事から高評価を得ることを目指して指導を受けることができるため、通常の学生よりも技術・知識で優位です。

しかし、あまりにも洗練された受け答えが、面接に慣れている印象を受けて、「ほかの企業もたくさん受けているのか」と判断されてしまうこともあるようです。

これは相当に面接の訓練を積み、緊張もしなくなるレベルまで達した学生が直面する悩みですので、多くの学生には縁のない悩みでしょう。

こんな人におすすめ!就活塾に通うべき人とは

自分のPRポイントがわからない

多くの就活生が思い悩む「自己分析」。

面接やエントリーシートで「あなたの強みは?」「弱みは?」「学生時代頑張ったことは?」「大学時代にどんな勉強したいの?」と聞かれて、自信をもって回答できますか?

また、その回答に対して「具体的に教えて」と言われても回答できますか?

回答に詰まるという方は、就活塾をおすすめします。専門家の指導の下、あなたの過去の行動からあなたの本当の強み、弱みを発見してくれます。

また企業に評価してもらいやすい「学生時代頑張ったこと」の話し方等も教えてもらえます。

「部活動で全国大会に出場した」「英語弁論大会で優勝した」などキャッチーな自己アピールが思い当たらない方は、就活塾を検討してみてもよいかもしれません。

どのように就活対策を進めていけばいいかわからない

就活は誰にとっても初めての経験です。また、新卒採用はほとんど一回限りのチャンスしかありません。不安にならない学生はいません。それでも何となく就職活動をして、内定をもらった企業に入社する学生もいます。

しかし、やはり就活が不安だったり、入りたい業界・企業があるという方は、就活塾に入塾する方が、より確実でしょう。

もちろん、就活塾には通わずに、第一志望企業からの内定を獲得する学生もいます。

しかし、広告や商社、金融など人気業界の大手企業になると、内定を獲得するのは一部の学生のみです。人気企業に入りたい!という思いがあるのであれば、就活塾を検討してみてもよいかもしれません。

就職活動は、自己分析に始まり、業界研究、企業分析、エントリーシート、面接などあらゆるステップがありますが、それぞれにコツがあります。

企業人事や採用コンサルティングを経験する講師から、そのコツを知ることができることは、非常に大きなアドバンテージなのです。

大学時代に打ち込んだことがない

就職活動で最も定番の質問は「大学時代に力を入れたことは何ですか?」です。この質問にどのように回答するかで、あなたの評価が決まります。

多くの学生は、サークルで幹事長や副幹事長を務めた経験、アルバイトで売上に貢献した経験、留学で多くの人と話した経験等を話します。

中には、起業やインターン、ビジネスコンテストなど珍しい経験を話してアピールする人もいます。

その中で、何もアピールすることがなかったり、勉強だけ頑張ったエピソードを話しても、面接官は魅力を感じないでしょう。

就活塾には、そんなアピールする経験がない学生が毎年入塾します。それでも、毎年95%以上の内定率を誇ることができるのは、アピールするエピソードを探してあげて、どのようにアピールするのかまで一緒に決めてくれる、というサポートがあるからです。

大学時代に何もアピールできるような経験を積んでいない、サークルでも遊んでばかりいた、という方には、就活塾をおすすめします。

最後に

当然、就活塾に通わずに就活を成功させている人も多数います。しかし、基本的に就活は一度だけ。初めての就活で、第一志望の企業の内定を獲得できる学生はそう多くはありません。

「就活を頑張りたい」「就活が不安」「一人では就活を乗り切れない」という方は、就活塾を検討してみてください!

もし、「突然就活塾に行くのは不安」「就活塾に行けば効果があるのか」知りたい方は、まずはJEEK(ジーク)の個別相談会にお越しください!

>>就活の不安を解消!JEEK個別相談会のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう