就職活動の面接では、学生に対して面接官が「何か質問はありますか?」と聞くことが頻繁にあります。

逆質問と呼ばれるものです、学生が自分の疑問をぶつけるのは当然ですが、ここで質問する内容も重要な選考の対象となっています。

そこで、この記事では逆質問で何を見られているか、どんな質問をすればいいか、どんな準備をすればいいかを解説していきます。

JEEK(ジーク)には、他にも面接ES(エントリーシート)に関するコラムがございますので、ぜひご覧ください!

逆質問は重要な選考対象

志望動機や学生時代頑張ったことなどいくつかの質問に回答したあと、残り10分ほどで面接官が「何か聞きたいことはありますか?なければ面接は以上で終了です。」と言うことがあります。

これが逆質問です。言葉の通り、「聞きたいことはないです。面接ありがとうございました。」と答えると、意欲がないと評価されてしまいます。

つまり、逆質問は、企業研究をしっかりしているかを確かめるための質問です。企業研究・事業分析ができていれば、具体的な質問ができますし、準備を怠ると誰でもできるような質問しかできません。

したがって、逆質問も重要な選考対象で、しっかりと準備が必要ということになります。

逆質問のポイントは?

面接官にとっては「企業研究をしているか」、つまり「企業への志望度」をはかる質問ということは、学生にとっては志望度をアピールするチャンスです。

以下の二つのポイントを押さえて、事前に準備するようにしましょう。

前向きな質問

自分の将来の目標を実現できる会社であるのか確かめる質問。

例えば、「私は●●を将来やりたいと考えております。そのために、貴社では○○を新入社員から挑戦することはできますか?」のような、自分の将来のビジョンを説明しつつ前向きさをアピールしている。

志望動機を改めて説明

これまでの面接の中でうまくアピールできなかったことを、最後に改めて説明する。志望動機をここでもう一度説明するようなイメージ。

(出展:キャリアアカデミー「就活お役立ちコラム」より)

逆に、「給料はどのくらいですか?」や「就業時間はどのくらいですか?」など、前向きではなかったり、パンフレットやHPで確認できるような質問は、自ら「企業研究していません」と告白するようなものです。注意しましょう。

質問例

実際に、面接官から高評価を得られる逆質問の例を見ていきましょう。この質問をするために、どんな準備が必要かもわかるでしょう。

「以前説明会で、今後エネルギー領域に注力すると伺ったのですが、そのなかで若手社員はどのような仕事を任せていただけるのでしょうか?」

「○○というニュースを拝見しましたが、社内では実際にどういった動きがありますか?」

説明会やパンフレット上の情報や事前に調べたことを確認するような質問は、企業の志望度をアピールするうえで有効です。

最後に

逆質問に関して説明してきましたが、いかがでしたか。

逆質問をはじめとして、特に面接の対策は自分一人ではなかなか難しいものです。プロのアドバイザーに指導してもらうのが、間違いありません。

キャリアアカデミーでは就活対策講座の無料説明会を開催しています。キャリアアカデミー入塾者の内定率は96%。

多くの学生がプロのアドバイスを受けて、志望する企業の内定を獲得しています。「就活が不安」「自分一人ではなにをしていいかわからない」という方はぜひご参加ください。

>>キャリアアカデミー入塾説明会のお申込み

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう