プログラミングはこんな人におすすめ!

・ITエンジニアを目指す人・Web/アプリサービスの開発に携わりたい人・ITスキルを1つの強みとして将来活躍したい人・将来はよく分からないけど、ITに興味がある人

プログラミングスキルの必要性

世界規模で需要の増すプログラミング人材

プログラミングスキルが世界的に求められている1つの理由として、「深刻なエンジニア不足」が挙げられます。

現在、世界規模でスキルの高いエンジニアが圧倒的に不足しています。IT化の波は生活のあらゆるシーンに押し寄せており、製品だけでなく、サービスにもITが活用されています。

ITから完全に離れて生活することは、もはや不可能といっても過言ではないでしょう。

インターネットは日々の生活を支えていますし、直接的には見えづらい様々なインフラ(電車や電気、ガス、水道など)もITで制御されています。

自動車も今ではコンピュータの塊です。今後、ITがなくなることは絶対にありません。それどころか増える一方です。

昨今注目されている「IoT(Internet of things)」も普及の一途をたどっています。

世界時価総額TOP100社を見ても、TOP100社の内、12社がテクノロジー関連の会社であり、金融に次いで2番目に大きい市場規模となっています。

プログラミングに少しでも興味があるのなら、いますぐに学習を始めるべきでしょう。

プログラミングを学ぶことの4つのメリット

・「こんなサービスあったらな」を自分の手で形にできる!

・企画職として働く場合も、Web/アプリサービスの際に開発に役立つ!

・働きながら自分の価値を高められる!高収入!

・時間も自由!場所も自由!拘束されない働き方が可能に!

「こんなサービスあったらな」を自分の手で形にできる!

日本を代表するソフトウェア技術者の1人であり、プログラミング言語「Ruby」の設計者でもある、まつもとひろゆき氏は、

「プログラミングはコンピュータへの翻訳作業ではなく、自身のアイデアを表現するもの

と述べています。

アイデアをプログラムへ落とし込むことで、思考が整理され、さらにルールさえ作ってしまえば、コンピュータが自分の代わりに作業してくれるなど、自身の力を何倍にも拡張できるのが、プログラミングを学ぶことの最大のメリットの1つといってもいいでしょう。

「こんなサービスがあったら便利なのに…」と誰しもが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

プログラミングができるようになると、そのちょっとしたアイデアを、アプリとして、Webサイトとして、形にすることができるようになります。

自分が思いついたアイデアやコンセプトを実際に形にできて、世に届けることができたら楽しいですよね。

ちなみに、アイデアとプログラミングの素養があれば、ソフトウェアやサービスのすべてを自分1人で作る必要は全くありません。

外部に依頼することも可能ですし、他者に協力を仰いで、チームで開発することも可能です。

企画職として働く場合も、Web/アプリサービスの際に開発に役立つ!

エンジニアやプログラマー志望でない人でもプログラミングを学ぶメリットはあります。

IT業界では、プロデューサーやデザイナーなど様々な職種がありますが、どのような職種であってもエンジニアとのコミュニケーションが発生します。

プロデューサーは事業やサービスの方向性を決める際に、それが技術的に可能なのか、どれくらい工数がかかるのかなどを話すことになります。

また、デザイナーもプロデューサーなどから降りてきたものをデザインに落とし込み、エンジニアに実装してもらう際に、エンジニアと話すことになります。その際にプログラミングの知識があれば、より円滑な議論をすることが可能になります。

働きながら自分の価値を高められる!高収入!

エンジニアやプログラマーは多くのIT企業で不足しており、求人ニーズが高まっています。アメリカだけでも2020年までに100万人ものエンジニアが不足すると言われています。

またプログラミングはわかりやすいスキルとして身につくものなので、その場かぎりのスキルではなく、自分自身の価値を高めてくれます。

もはや会社が自分を守ってくれる時代は終わったと言われていますが、プログラミングのスキルを高めることで、自分の力でお金を稼ぐことが可能になります。働きながら自分の価値を上げていく。プログラミングならそんな働き方を実践することが可能です。

ちなみにプログラマーの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。

一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。

時間も自由!場所も自由!拘束されない働き方が可能に!

「毎日オフィスに長時間縛られて仕事をしてるけどたまには自宅で仕事したいなあ・・・」

「どうしてこんなに辛い思いをして朝の電車に乗って通勤しなきゃいけないんだろう・・・」

と現在の生活に不満を感じている人は多いのではないでしょうか?

エンジニアは時間や場所に捉われずに自由に働くこともできます。なぜならエンジニアの仕事はパソコンとその身さえあれば十分事足りるためです。

最近では特にIT企業でエンジニアを大切にする文化が進んでおり、人によっては海外を旅しながら各所でバケーションを楽しみながら仕事をする人もいるくらいです。

仕事の時間帯についてもエンジニアは特に制約がないため、夜中の方が仕事しやすいという方であれば、夜中から朝方まで仕事をして昼間に睡眠をとるなんてことも企業によってはできます。

プログラミング学習の障壁

・学習のモチベーションを維持することが難しい

・現場で使えるスキルが身につく実感がわかない

・わからないことがあった時に自分で解決することが難しい

・何から勉強していいかわからない

「誰も強制してるわけじゃないし辞めちゃおうかな・・・」学習のモチベーションを維持することが難しい

プログラミング学習の障壁の一つとして独学で勉強していると飽きてしまうといったことが挙げられます。

いくらプログラミングに興味を持って学習を始めても、その興味が相当強いものでないかぎりは、大抵の場合途中で飽きてしまう方がほとんどです。

独学には締め切りがないため、学習するもしないも自分次第です。そうなると人間は他にやるべきことができた際に学習を後回しにしてしまいます。

「本当にこれで使えるスキルが身についているのだろうか・・・」現場で使えるスキルが身についている実感がわかない

独学でプログラミングを勉強していると、いま勉強している内容が本当に現場で役立つスキルなのだろうかと実感を得づらいです。

カリキュラムや本の構成上は自分のプログラミングスキルが向上していることになっているけれど、本当に役に立つスキルが身についているのか、本当にこれで制作できるようになるのだろうかと実感が持てなくなり、学習を続けられなくなってしまう方が多く見受けられます。

実感を得るためにはやはり現場経験のある方に実際にアドバイスをもらいながら学習を進めることがいいでしょう。

「ググってもわからない・・・」わからないことがあった時に自分で解決することが難しい

調べた通りにやったはずなのに、本に書いてあった通りにやったはずなのにできない時、困る時というのが、プログラミングを学んでいると必ず出てきます。

そういった時に、相談できる相手が居るのと居ないのでは、大きな差が出てしまいます。自力で問題を解決するのは想像以上に難しいものです。

字を読んで理解した気になるだけであれば、本やネットで調べた情報を読み漁るだけでも充分かもしれませんが、自分で活用することが可能なスキルとして確実に身につけていくには、やはりつまづいた際に手を差し伸べてくれる先生が必要です。

もしくはお互いに助け合って学習を続けられそうな仲間を見つけることもいいかもしれません。

「何から手をつけていいんだろう・・・」何から勉強していいかわかならない

プログラミングを勉強しようと思い立っても、いざ始めてみると何から手をつけていいかわからないといった事態に陥りがちです。

一般的にプログラミングと呼ばれるものには、多くの言語やフレームワークが含まれており、目的に合わせて学習する言語やフレームワークを選択しなければなりません。

また言語も一つ習得すれば何か作れるようになるわけではなく、複数の言語やフレームワークを組み合わせなければ、意味のある制作物を生み出すことはできません。

自分の作りたいものは何なのか、そのためにはどういった言語、フレームワークを学習すべきなのかを明確にする必要があります。

おすすめのプログラミング学習サービスの紹介

・洗練された学習プログラムと疑問即解消のメンター制度が充実「TECH::CAMP」

・目的に合わせて幅広い言語の学習が可能「TechAcademy」

・学習管理を徹底するコーチング制度が充実「WebCamp」

・無料のオンライン学習サービス「Progate」

洗練された学習プログラムと疑問即解消のメンター制度が充実「TECH::CAMP」

TECH::CAMPは、最短1ヶ月でサービスを作ることが出来るエンジニアになる、通塾形式のプログラミング学習プログラムです。

未経験からでも1ヶ月でサービスを作るのに充分なスキルを身につけることのできる、洗練された学習教材を使った学習が可能です。

またメンター制度が充実しており、学習を進める上で疑問が生じた際には、即時疑問を解消することのできる環境が整っています。→詳細な紹介記事はこちら

目的に合わせて幅広い言語の学習が可能「TechAcademy」

TechAcademyは、Webアプリケーション、Webデザイン、Webのディレクション、マネジメント、Officeソフトまで幅広く学ぶことができるオンラインスクールです。

効率的な学習プログラムを組み込んだオンラインブートキャンプ形式で、第一線で活躍する現役エンジニアのサポートと独自の学習システムで短期間で成長可能です。

またカリキュラムを通して身につけたスキルを活かして制作した制作物は、コンテスト形式で評価を受けることができます。→詳細な紹介記事はこちら

学習管理を徹底するコーチング制度が充実「WebCamp」

Web Campは「本気でスキルを習得させること」を追求した半通塾形式のプログラミング学習プログラムです。

楽しく学習を継続するための徹底したコーチング、生活スタイルに合わせて選べる2つの受講スタイル、現状スキルの把握、習熟度が確認できる学習管理システム等、様々な角度からあなたの学習の継続を徹底サポートし、確実にスキルを身につけるための仕組みが充実しています。

→詳細な紹介記事はこちら

無料のオンライン学習サービス「Progate」

「初心者から、創れる人を生み出す」ことを理念とした無料のオンラインプログラミング学習サイトです。特に用意するものもなくパソコン一つあればオンライン上で学習できてしまうので、「とりあえず独学でプログラミングを学習してみたい」という人にはおすすめです。

Webサービスを創るのに必要となる言語(HTML,CSS,JavaScript,PHP,Rubyなど)をオンラインでわかりやすく学べる、10万人以上のユーザーに愛される人気のサービスです。

→詳細な紹介記事はこちら