長期インターンでも人気のある営業職では、どのような業務が経験でき、就職活動にどのように活きるのかについて解説します。

大学生のうちに社会人と対等にビジネスの場でコミュニケーションをとるスキルを習得すれば、就活では圧倒的に有利ですし、入社後の成長も早いです。

JEEK(ジーク)では多くの企業が営業職のインターンの募集情報を掲載しています。興味がある方はぜひ求人を探してみてください。

また併せて、「営業職の長期インターンってどんなことをするの?」「”営業”インターンで手に入るスキル」等のコラムもご覧ください。

営業(セールス)の種類

営業とは自分の会社の商品を、会社の外部の相手に対して売る仕事全般を指します。その商品の種類や、売る相手によって営業の方法もさまざまです。

営業のなかにもいくつか種類がありますが、「どんな相手に売るのか?」という視点から、主に法人営業個人営業の2つに分類することができます。

数あるインターンの職種の中でも、営業職は、ビジネスシーンで社会人と対等の立場に立つことができるため、社会人基礎力を鍛えるのには最適な職種といえます。

会社の外に出れば、インターン生という立場は言い訳になりません。一社会人として、会社の顔となり顧客と相対することになります。大きな責任を伴う仕事ですが、その分裁量権を持ち、成長することができます。

法人営業

企業に対して自社の商品を売るお仕事です。インターン先の企業の業務内容により、大手企業から中小企業までと、顧客企業は多岐に渡ります。

他の企業の社員と渡り合って仕事をするため、業界の知識などの勉強も欠かせないでしょう。

クライアントがベンチャー企業や創業間もないスタートアップ企業だと、自分と一緒に仕事を進めていく相手が経営者という場合も多く、学生のうちから経営者の視座の高さを肌で感じることができます。

個人営業

個人など消費者に商品を売るお仕事です。法人営業と比して、扱う商材の単価が小さいことが多いため、早期に成果を残せるケースも多いです。

しかし、論理的であることが要求される法人営業に対して、個人相手ではさらに「この買い物は納得感があるか」「この人からなら買ってもよいか」など情理面への配慮も必要であることが多く、感情へ訴えかけることが求められます。

法人営業と個人営業のなかで、さらに営業をする相手との関係性により、さらに新規営業既存(ルート)営業の2つに分類されます。

新規営業

今までに取引実績のない、新しい顧客を獲得するための営業を指します。

接点のないところから、電話・メール、時には飛び込み営業など、あらゆる手段で担当者との接点を作ります。

その中で、自社商材に興味を持ってくれた顧客に対して、具体的な提案をしていきます。

新規営業では、関係性を作り出すステップが最も困難で、多くの営業マンが苦戦する部分でもあります。

相手の潜在的ニーズを探りながらも、ニーズがない相手は潔くあきらめるバランス感覚が求められます。また、何度も断られながらも、粘り強く交渉を続ける「精神的なタフネス」も必要です。

既存(ルート)営業

過去に取引のある相手に商品を売る営業を指します。法人営業であれば日頃から担当者といい関係を築いていくことが大切になります。

接点を生み出す法人営業とは異なり、実績のあるクライアントに対して、さらなる価値提供をするには、自社サービスで何ができるかを考えます。

時には、クライアント自身が認識していない課題を営業マン自身が発掘し、解決までのプロセスを提案する、コンサルティング能力が求められます。

営業インターンでできる業務内容とは

営業インターンでは主にリストアップやアポイントメント獲得、営業アシスタント、営業同行、単独営業などの業務を経験できます。具体的な仕事内容について見ていきましょう!

リストアップ

他の社員やインターン生が営業を行いやすいように、営業先を選定して営業リストを作成します。

ウェブサイトや書籍等あらゆる媒体から情報収集したり、社内の顧客データを活用するなどして、自社サービスへのニーズを潜在的に抱えていると考えられる企業をリスト化します。

アポイント獲得の成果を上げるための鍵はこのリストアップにあるといっても過言ではありません。

地道な作業ですが、まじめに取り組むことが、社内での信頼獲得につながり、より重要な仕事を任せてもらえるようになります。

アポイントメント獲得

電話やメール、資料郵送、飛び込み営業などあらゆる手段を使って、企業とのコンタクトを図ります。

特に電話で営業することをテレアポといい、営業未経験者はこのテレアポから業務が始まることが多いです。

「実際に企業の人と、電話でビジネスの話をするなんて…」と不安に思う人もいるかもしれませんが、研修を通じて実際のテレアポの前にロールプレイングなど行うため、そこまで心配しなくても大丈夫です。

営業アシスタント

実際に営業に行く人の資料の作成や企業の調査など、準備全般を担当します。

入念な準備のためには社内ヒアリングを通じて得た、自社の商品やサービスの理解が欠かせません。

営業同行

先輩社員の営業に同行し、アイスブレイクから提案までの話の進め方、クロージングまでの一連の流れを見ます。簡単な部分は積極的に説明するするなどしながら少しづつ商談に参加し、単独営業をする際のイメージ作りに役立てます

単独営業

営業同行で十分に経験を積めば、ようやく独り立ちです。自分一人、または自分がメインとなって行う営業を行います。

受注・販売を獲得して終了というわけではなく、顧客に価値を提供し、継続的な関係を構築していくことが大切です。

営業の仕事の中でも、成果が獲得件数として目に見えやすいのが特徴です。

自分で仮説を立て、検証するという作業を繰り返すため、営業の仕事の中では最もやりがいがあり、成長も大きいです

営業インターンで身につくスキル・能力とは?経験は就活でどのようにいきる?

営業インターンではビジネスマナーといった社会人の基本から、コミュニケーション能力、思考力、実行力、提案力まで、就活に必要な、ひいては新入社員になった後にも役立つさまざまなスキルが身につきます。

営業は社会人としての基礎が身につく職種とも言われているほどです。

また営業インターンで作った実績が就活で役に立ち、内定を得られたというインターン生も多くいます。

営業インターンをしてこれらの能力を身につけたことで、インターン前よりも一回りも二回りも成長したという声もJEEKには多数寄せられています。

コミュニケーション能力

基本的に営業の仕事は社外の人とコミュニケーションをとることがメインになります。

受注を獲得するためには相手の課題を解決するためのサービスや商品の提案が大切になります。

社内外で必要な情報を引き出し、自身の考えを伝達するスキル、つまりコミュニケーション能力が身につきます。

また顧客自身も気づいていないような課題を発見するための観察力や、企業と継続的な関係を構築する社会的能力も身につきます。

営業で得られるコミュニケーション能力を身につけることにより、就活の面接で、質問に的確に回答し、考えを論理的に伝えることができます。

思考力・実行力

営業のお仕事は「良いサービスなので、買ってください!」とはじめにこちらの要求を通すより、むしろ顧客の課題解決に寄り添い、そのうえで必要となるサービスを提供することが大切です

よって営業前であれば顧客の課題を整理し、解決のために必要なことを考える能力、営業後であれば、営業で得た情報から、課題を発見したり、解決に必要なことを考えたりする能力が身につきます。

またこれらの能力を活かし、思考した結果行うべき行動を、社内・社外の関係者に配慮しながら実行することが求められるので、実行力も身につきます。

就活の面接では営業インターンで身につけた論理的思考力を発揮できるほか、営業インターンでの課題解決営業の経験自体がアピールポイントになります

また関係者に配慮して行動するという経験を積んで得られた細かい部分への気配りをアピールできます。

提案力

営業には自分が正しいと思うことを、説得力を以て説明する能力が必要となります。

また営業には論理的であるだけでなく、相手の感情を動かすことが求められています。

営業のインターンで提案力を身につけることができれば、就活の面接で自分の魅力を面接官に伝えることができます。

ビジネスマナー・作法

営業は社会人を相手にする機会が多いため、ビジネスマナーや作法など、社会人に必要なマナーを一通り身につけることができます。

あいさつや言葉遣いといった基本的なことから、電話の出方からメールの文面、名刺交換など…研修でインプットしてから、実際に営業していくなかでアウトプットすることによって着実に身につきます

実務を経て身につけたビジネスマナーあれば面接で堂々とふるまうことができ、他の就活生と一気に差をつけることができます

また、ビジネスマナーは就職後誰もが研修で学習することになりますが、すでに習得している営業インターン経験者はより早く実践の場に繰り出すことができます。

>>営業のインターンで手に入るスキルについて、もっと詳しく知りたい!

営業インターン生のスケジュール

実際にJEEKを使ってインターンを探し、営業インターンとして働いている学生にインタビューしてみました!

営業インターンの1週間のスケジュール

Q1.営業インターン中の業務内容はどんな感じですか?

私がやっている業務はアポ取り、クライアントとの連絡、訪問、ミーティングの4つですね。

仕事のフローとしては、まず企業訪問するために電話でアポとり、いわゆるテレアポをします。

そこでアポイントがとれたらクライアントとなる企業の担当者の方と連絡をとり、実際に訪問するという流れです。

ミーティングは適宜やりますが、まとまった時間をしっかりとってやるのは、週末の報告ミーティングですね。

週の始めに立てた目標・スケジュールと実際のものを比較して業務を振り返ったり、上司からフィードバックを受けたりします。

Q2.授業とインターンは両立できてますか?

勤務日数は週2日、1日8時間勤務してフルコミットしていますけど、このスケジュールでも半期で20単位くらいはとれるので、大学との両立について悩んだことはほとんどないですね。

むしろ大学に週3日、インターンに週2日行くことで、メリハリのある大学生活が送れているな、というふうに感じています。

営業インターンということで土日はクライアントが休みなんですよね。

それで土日にインターンが入らないので、勉強したり、友達と遊んだり、サークルに行ったりと、大学生らしいこともしっかりできています

営業ではない職種、特に企画職などは土日OKで勤務できるところもあるみたいです。

Q3.実際のところ、給料については満足していますか?

個人的にはかなり満足しています。バイトしていた時はどうしても時給を気にしながら働いていたためか、早く時間がすぎないかなと思いながら働いていて、時間が過ぎるのはすごく遅かったですね。

でも今はどれだけの成果を出したかで給料が決まるので、如何に時間を大切に使うかという考えに変わりました。時間が経つのがあっという間なんです。

だいたいこのスケジュールで組んでるときは、具体的な数字だと月に10万円くらいはもらえているかな、というイメージです。

給料日は給与明細見るたびに、嬉しくてニヤニヤしてしまいますね。

>>営業のインターンをしている学生の声をもっと聞いてみたい!

最後に

営業インターンでは社会人の基礎となる、さまざまな仕事を経験できます。人気の職種の1つであるのも頷けますね。

また成果が数字となって目に見えやすい職種でもあるので、成果を出せば就活でも強力なアピールになるでしょう!営業インターンをやってみたいけど、不安なことがある」という方はJEEKにお気軽に相談してくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう