普段からしっかりお化粧する人も、あまりお化粧をしない人も短期インターンに参加するときは、どのような化粧をしたらいいのか悩むかもしれません。

インターン参加時は、面接時ほどメイクや髪型に注意する必要はないと思っている学生も多いですが、インターン時のメイクも重要です。

短期インターンは数日間に及ぶため、学生の素の振る舞いや態度を観察することができます。その際、あまりにも派手なメイクやノーメイクで参加してしまうと、企業としてもよい印象を受けません。

せっかくなら良い印象を面接官や周りの人に与えたほうが良いです。 そこで、今回は、短期インターンの参加時のメイクについて解説していきます。

その他にもインターンや就活に関して疑問や不安がありましたら、JEEK(ジーク)にご相談ください。

インターンの参加時でメイク・化粧はどの程度注意が必要?

就活の際程気にする必要はありません。インターンであれば、過度に派手なメイクやノーメイクでなければ問題はないといえます。

しかし、インターン期間中は一挙手一投足を見られていると思ってよいでしょう。

そのためメイクも注意が必要です。

インターン面接時のメイクについてはこちら

ナチュラルメイクが理想

とにかく、清潔感が第一です。相手に良い印象をあたえることが出来るように、身だしなみをきちんと整えるように努めましょう。

派手なメイクは、清潔感が失われやすく、社会人として働く際には悪印象になります。かといって、ノーメイクでも失礼にあたるので最低限のメイクは行いましょう。

周囲がしっかりとメイクしてくる中で自分だけノーメイクだと、不健康で疲れたようにうつることも・・・。

ベストはナチュラルメイク。自然な濃さや色使いの化粧を心がけましょう。

メイクの際に注意することは?

インターンシップ期間中のメイクで気をつけるべきことを、メイク箇所ごとにまとめました。

スキンケア

清潔感が大事なので、肌がきれいであるに越したことはありません。

普段から、スキンケアをきちんと行い、肌を綺麗に保っておくとファンデーションなどのベースメイクをがっつり行う必要がありません。

ニキビや一時的な肌トラブルに悩むこともあるかもしれませんが、清潔感があれば大丈夫なのでうまく対処しましょう。

ベース

ベースを塗る上で気をつけて欲しいことは、「肌の色に合った色を選ぶ」ということです。

明るすぎる色を選んでしまうと、顔だけ浮いたように見えて自然ではありません。

きちんと下地を塗ってから、顔の中心に自分の肌の色に合ったファンデーションを塗りましょう。

また、クマが濃いと不健康な印象を与えてしまうので、コンシーラーを用いてクマを隠しておくと良いです。

アイメイク

✓アイシャドウ

アイシャドウはベージュやブラウン系など、暗めで肌に馴染みやすい色を選びましょう。このとき、濃くなりすぎないように注意が必要です。

また大粒のラメが入っているシャドウは、派手に見えやすいのでなるべく避けましょう。

✓アイライン

アイラインは目立ちすぎないよう、細めに引いたほうが良いです。アイラインが太すぎると、どうしても派手な印象になってしまいます。

また、目尻に沿って跳ね上げて、猫目のようにするメイクも人気で可愛いですが、面接の際にはやめましょう。

しかし、元々つり目の人がタレ目になるように長くアイラインを引く必要はありません。自分の目のかたちを活かすようなメイクを行いましょう。

✓マスカラ

普段は、とにかくまつ毛を多く!長く!というお化粧をしている人もインターンに参加するときは、控えめにきれいにセパレートしたまつ毛を目指しましょう。

コームなどを利用して、マスカラのだまは取っておくと良いです。

✓つけまつげ

普段つけまつげをしている人は、していない自分の顔に見慣れないかもしれません。しかし、マスカラとビューラーで十分まつげの印章を残すことが出来るので、ここはぐっとこらえてつけまつげをするのは控えましょう。

✓まつ毛エクステ

いつもよりも薄い御化粧をするから…普段メイクをしないからうまくマスカラが塗れない…様々な理由からまつエクの利用を考える人もいるでしょう。

今は、かなりナチュラルなタイプもあるので長さ・太さ・本数に気を付ければ短期インターン中でも就活中でもまつエクの利用はOKでしょう。

✓アイプチ

自分の目の大きさにコンプレックスがある、アイプチをしないとお化粧できない、自信を持って人と目を合わすことができないという人がいると思います。

かなり上手にお化粧をして、周りにばれない程度にならアイプチの使用もOKです。ただし、下を向いたときに不自然だったり、テープなどががっつり見えているとあまり良い印象をあたえることが出来ません。

普段からしぜんなお化粧を練習しておいた方が良いでしょう。

アイブロー(眉)

眉毛は細すぎはNG。少し太いくらいでちょうどいいです。

また髪の毛の色に近い色を選ぶと、眉毛だけ浮いて見えることがなくなります。

メイクの際には綿棒などを使ってぼかしを作ると、柔らかい印象に仕上がるのでおすすめです。

チーク(頬)

チークは濃くなりすぎないように気をつけましょう。また、目の真下に酷入れるのもインターンや就活では好ましくありません。

チークをつけたあとは少し離れて鏡を見てみて、蛍光灯の下で濃くなりすぎていないか確認すると良いかもしれません。

色はピンク、オレンジ系が血色がよく見えるのでおすすめです。

口もと

口紅は派手な色合いのものや、ラメ入りは避けましょう。唇に濃い色がのっているだけで一気に印象が変わってしまう可能性もあります。

「自分に合った」色合いのものを用意しておくと良いですね。

リップグロスは、風が吹いたときに唇に髪の毛がついてしまったり、口紅ほど色持ちがよくないのであまりお勧めできません。

口紅は、色がはっきり出すぎるので選ぶのに注意が必要です。

さっと塗りなおせる色付きのリップクリームなどが便利かもしれません。

最後に

インターンシップや就活の期間はTPO(時、場所、場合)に合わせたメイクをすることが求められます。

しかし大学生活ではそういったことをあまり意識してこないため、わからないこともたくさんあると思います。メイク以外にも、不安なことがたくさんあるのではないでしょうか。

そんなときはJEEK(ジーク)に相談してみてください。毎年多くの学生のインターンシップや就活をサポートしてきたキャリアアドバイザーがお答えいたします。

JEEK登録ページはこちら

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう