インターンや選考で定番中の定番の質問である、志望動機(志望理由)。

なぜ業界や企業を受けようと思ったのかを論理的に説明するだけでなく、その条件を満たすほかの業界ではない理由も想定しておくことが必要です。

そこで、今回は、文字数別志望動機の書き方ということで、600文字の志望動機のポイントを解説していきます。

JEEK(ジーク)では、インターンや就職活動に関する相談を受け付けています。不安なことや疑問に思うことがありましたら、ぜひご相談ください。

志望動機は使いまわせる!?

ES(エントリーシート)で、何度も聞かれる定番の設問である志望動機。

聞かれるたびに、毎回ゼロから作るのでは非効率です。忙しく時間に追われる就職活動時期には非常にもったいない時間の使い方です。

志望動機など、内容が大きく変化せず、形式的な設問には、ある程度テンプレートを用意して、様々な企業で使いまわせれば効率的にエントリーできます。

そのため、インターンや就職活動のエントリーが始まる前に、志望動機は文字数別に作成しておくとスムースに就職活動を進めることができます。

特に、200字400字600字はよくある文字数ですので、それぞれ作成しておくことをおすすめします。

志望動機は何を書けばよい?

志望動機をいざ書くとなると、意外と悩みます。そこで「何を書けばいいの?」そんな疑問にお答えします。

志望動機にはある程度のフォーマットが存在します。このフォーマットに従って書いておけば、説得力がありかつ納得感のある志望理由に仕上がります。

大きな流れは以下の通りです。

・志望理由を端的に

・志望動機を抱くに至った原体験

・原体験から考えた自分なりの考え

・その動機から具体的にどんな仕事がしたい

・まとめ

以上の5点を盛り込めれば、志望動機としては満点です。

結論から書くことは、志望動機に限らず、ES中の設問に共通していえる注意点です。

続けて、その理由を持つに至った自身の価値観を明記します。ここまでは多くの方ができるのですが、さらに書くべきなのは、その価値観を形成した原体験です。価値観という主観的な感情に関する記述に、根拠を付与することができます。

また、忘れたはならないのが、「そうした想いを持ってどんな仕事がしたいのか」を具体的に書くことです。

最後に、簡単にまとめて完成となります。

しかし、現実は文字数の制約がありますので、すべてを書くことは非常に難しいです。

そこで、続いて600文字以上の志望動機の場合、どこまでを書くべきかを解説していきます。

自己PRの書き方はこちら!

600字以上の志望動機はどこまで書けばよい?

志望動機でよく問われる文字数のうち、最長なものが600~800です。

実際に書いてみるとわかりますが、800字で先述の5つの要素を盛り込むにこと自体は難しくはありません。

しかし、ある程度の分量が要求される分、しっかりと内容のある文章に仕上げなければなりません。言い回しを工夫するなど密度を高める必要があります

また、600字以上も書く内容がないという声もよく聞きますが、その場合は業界研究・企業研究が不十分である可能性もあります。

しっかりとその業界・企業に対して理解し、どんな仕事をするのかを具体的にイメージすることができなければ志望動機を作り上げることもできません。

業界研究・企業研究を十分に行ったうえで、ES(エントリーシート)の志望動機に取り掛かるようにしましょう。

広告業界の研究についてはこちら!

600字以上の志望動機の例

実際の文例を見てみましょう。

例)金融業界(銀行)志望の志望動機

社会的に意義の深い仕事に取り組みたいと考え、金融業界を志望しております。金融機関は収益性を前提に、公益性の担い手でもあります。

私は今後、銀行が果たすべき役割は一層拡大していくと考えています。というのも、日本では地方を筆頭に、人口減少と高齢化が相まってあらゆる経済活動が停滞しています。

今後この現象は、地方だけでなく日本全体で発生していくと考えられます。縮小局面にある国内経済を活性化するためには、企業の海外進出、投資回収に時間を要する分野への積極的投資、海外消費を取り込むインバウンドが重要です。

金融機関であれば、海外進出時の資金提供、エネルギー分野等でのプロジェクトファイナンス、インバウンド振興ファンドの組成など、あらゆる産業に対して最適な支援ができます。

また、各自治体で財政難が叫ばれる中、民間企業の力を活用するPPP事業が推進されています。銀行としては、PPPに対して長期的な運転資金を提供するだけでなく、政府・民間企業・住人等の多くの関係者を巻き込むプロジェクト全体をアレンジする役割を担うべきだと考えています。

上記のような日本が抱える様々な課題に対して、多様な手法で解決に挑むことができますし、その中で自身の社会に対する介在価値を実感することができると考えて、銀行を志望するに至りました。

私としても、収益を追求するだけでなく、社会に資するという観点でも働く意義を見出したく、銀行が最も親和性が高いと考えています。

冒頭で端的に志望理由が述べられ、以降の分では、自身の考えや思い入れを詳細に記述しています。さらに、その考えをを踏まえて自分が何をしたいのかを非常に具体的に述べています。

関心のある事業領域、そこで実現したいことを可能な限り具体的に記載しましょう。文量でいうと、この具体的な内容が半分程度占めるはずです。

600字以上のボリュームがあると、読み手・聞き手にとって、話が具体化する中で当初に述べた大きな志望理由の印象が弱まる可能性もあるので、最後はしっかりと志望動機を再提示し、自分がしたい仕事と志望動機が合致していることを示しましょう。

最後に

いかがでしたか?

少しでも志望動機の書き方のポイントをご理解いただければ幸いです。何かと忙しい就職活動期間には、効率よく選考を進めていくことが重要です。

「もっと詳しく志望動機の書きかたを知りたい」「書いてみた志望動機を添削してほしい」といったご要望があれば、JEEKでいつでも相談に乗りますので、気軽にお問い合わせください。

困ったことがあったらJEEKに相談しよう!

JEEKでは、インターンや就職活動に関する疑問にお答えしています。

毎年多くの学生をサポートしてきたJEEKのキャリアアドバイザーが、あなたの挑戦をサポートいたします。

また、まだインターンを始めるか迷っている・・・という方におすすめなのが、インターンエントリー会です。

インターンシップのリアルや、あなたに合った企業選びをお手伝いします。

ぜひ、参加してみてください。

インターンエントリー会はこちら

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう