短期インターンの面接に臨む際、女性の方であればメイクについて思い悩むかもしれません。

メイクが評価されることはないにしても、面接では第一印象は非常に需要な要素です。

そこで、今回は、短期インターンの面接の際のメイクについて解説していきます。

メイクや髪型に関しては一度正しい情報を知ってしまえば、その後は過度に気にする必要もありません。事前にしっかりと確認するようにしましょう。

その他にもインターンや就活に関して疑問や不安がありましたら、JEEK(ジーク)にご相談ください。

インターンの面接でメイクはどの程度注意が必要?

インターンの面接時のメイクは、就活ほど気にする必要はありません。過度に派手なメイクやノーメイクを避ければ問題ありません。

とはいえ、面接では第一印象が結果に影響することは事実。

悪い意味で目立たないように対策する必要はあると言えるでしょう。

・ナチュラルメイクが理想

あまりにも派手なメイクは清潔感が失われるため、社会人として働く際には悪印象になります。しかし、ノーメイクでも失礼にあたります。

ノーメイクだと、周囲がしっかりとメイクしてくる中で不健康で疲れたようにうつることも。

面接時のメイクのベストはナチュラルメイクです。自然な濃さや色使いのメイクを心がけましょう。

メイクの際に注意することは?

インターンのメイクの基本は「オフィスメイク」です。

「社会人になったときにこのメイクで失礼はないか?」という観点で考えるとわかりやすいかもしれません。

ここからは、ナチュラルで好印象のメイクをするために、顔の部分ごとのメイク方法を紹介していきます。

・ベース

ベースを塗る上で気をつけて欲しいことは、「肌の色に合った色を選ぶ」ということです。

明るすぎる色を選んでしまうと、顔だけ浮いたように見えて自然ではありません。

自分の肌の色に合ったファンデーションを用意しましょう。

また、クマが濃いと不健康な印象を与えてしまうので、コンシーラーを用いてクマを隠しておくと良いです

・アイメイク

アイシャドウはベージュやブラウンなど、暗めで肌に馴染みやすい色を選びましょう。このとき、濃くなりすぎないように注意が必要です。

アイラインは目立ちすぎないよう、細めに引いたほうが印象が良いです

アイラインが太すぎると、どうしても派手な印象になってしまいます。

また、目尻に沿って跳ね上げて、猫目のようにするメイクも人気で可愛いですが、面接の際にはやめましょう。

・アイブロー(眉)

眉毛は細すぎはNG。少し太いくらいでちょうどいいです。

また髪の毛の色に近い色を選ぶと、眉毛だけ浮いて見えることがなくなります。

メイクの際には綿棒などを使ってぼかしを作ると、柔らかい印象に仕上がるのでおすすめです。

・チーク(頬)

チークは濃くなりすぎないように気をつけましょう。

チークをつけたあとは少し離れて鏡を見てみて、濃くなりすぎていないか確認すると良いかもしれません。

色はピンク、オレンジ系が血色がよく見えるのでおすすめです。

・口もと

口紅は派手な色合いのものや、ラメ入りは避けましょう。口紅が濃いだけで一気に印象が変わってしまう可能性もあります。

「自分に合った」色合いのものを用意しておくと良いですね

色は血色がよく見える色がおすすめです。

最後に

インターンの面接時のメイクについて紹介してきましたが、いかがでしたか。

面接だからといって特別なことはあまりないですよね。意識としては「悪目立ちしないメイク」にする、といったところでしょうか。

面接の際に良い第一印象を与えて、インターン選考をよりスムーズに進められるように、頑張ってください!

また、インターンや就活に関して、なにか困ったことやわからないことがあれば、ぜひJEEKに相談してください。キャリアコンサルタントがお待ちしています!

JEEKでは就活に役立つイベントを開催しています!

「就活を見据えて、そろそろ短期インターンシップへの参加を考えている」

「インターンの選考を突破したい!」

「ES(エントリーシート)ってどうやってかけばいいの・・・?」

JEEKでは、こういった悩みを持った方に最適なイベントを用意しております!

気軽に覗いてみてくださいね!

JEEKイベントページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう