金融業界には、銀行や証券、保険、リースなど様々な形態がありますが、私たちの生活に必要不可欠なシステムであることに疑いはありません。

国民生活だけでなく、あらゆる産業の根幹にある金融業界は、毎年就職ランキングでも上位にランクインします。

そんな人気の金融業界ですが、いざ短期インターン等で志望動機を作成するとなると、手が止まる方も多いはず。

そこで、今回は、インフラ業界の短期インターンの志望動機について解説していきます。インターンや就活について疑問や不安がある場合は、JEEK(ジーク)にご相談ください。

金融業界について知ろう

金融業界は、大きく銀行・信用金庫、証券・投資銀行、保険、リース・カードなどに分けられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

金融業界の業界研究をしたい方はこちら!

銀行・信用金庫

銀行は主に個人などの資金余剰者からお金を集め、企業などの資金需要者へ貸し付け、その差額を利益として得ています。

銀行は地方銀行と都市銀行に分けられます。

・都市銀行

東京に本店を持ち、全国的に展開をしています。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などのメガバンクが分類されます。

・地方銀行

各地域に本店を持ち、各地方内で営業を展開しています。横浜銀行などが分類されます。

また、信用金庫は銀行と同じ金融サービスを提供していますが、相互扶助を理念とする非営利組織である点が銀行と異なります。

信託銀行は銀行業務に加え、遺言や不動産、株式代行などの信託サービスが加わります。

証券・投資銀行

企業が発行する株式・債権を個人投資家や機関投資家などに販売しています。

証券会社の業務は大きく分けてディーラー業務・ブローカー業務・アンダーライター業務・セリング業務の4つに分けられます。

・ディーラー業務

証券会社や投資銀行自体が株式の売買を行う業務です。

・ブローカー業務

証券の注文を証券取引所に伝達する業務です。

・アンダーライター業務

企業が株式や社債を発行するのを代行する業務です。また、関連して企業間の売買であるM&Aのアドバイザリーも含まれます。

・セリング業務

有価証券を個人投資家に販売する業務です。

また、投資銀行というのは証券会社の中の法人向けのサービスを行っているもので、M&Aのアドバイザリーや株式や社債の引き受けを主に行っています。

保険

生命保険・損害保険は、同じリスクを持つ人がお金を出し合い、そのリスクを被ってしまった人にお金を渡すというシステムです。

生命保険会社は加入者から長期的に保険金を集めて、加入者が亡くなった際に保険金を支払います。集める保険金と給付する保険金の差額と、保険金を預かっている間に運用することによる運用益が生目保険会社の収入です。

生命保険会社が人の生死というリスクについて保険を提供している一方で、損害保険会社では事故や災害などといったリスクに保険を提供しています。収益構造については生命保険会社と同じです。

リース・カード

カード会社は人々の決済を便利にする役割を担っています。カードに加盟している加盟店からの手数料と、クレジットカード使用者からの年会費を収益源としています。

リース会社は、機器や設備などを企業に貸し出し、企業からリース料を受け取るという仕組みになっています。企業からしたら高額な機器を購入しないで済む、管理・廃棄の手間が省けるといったメリットがあります。

金融業界の長期インターンって、何をするの?

金融業界で求められる人材とは

ー素直さ

入社前の段階では金融知識は求められません。それよりも、入社後にしっかりと学ぼうという姿勢が見られることのほうが大切です。

ー責任感・倫理観

お客様が個人であることや企業であることに関わらず、お金は大切なものです。そのようなお金を扱う以上、倫理観や責任感は不可欠になっています。

また、金融業界は他のメーカーなどと異なり、商品がありません。そのような性質上、商品なしでお客様に信頼していただく人間力が必要になってきます。

ータフネスさ

金融業界では他の業界と比較して一般的に労働時間が長かったり、他人と関わる機会が多く激務となっています。そのため、社員にもそのような業務に耐えられるタフさを求められます。

短期インターンは就活にどのように活きる?

志望動機を作成する際のポイント

なぜ金融か

ESを書く際に、まずはなぜ数ある業界の中でなぜ金融業界にしたのかということをしっかりと伝えましょう。また、そのことを自身の体験と交えて書くことができると説得力が増します。

金融の中でもなぜその分野か

また、金融の中でなぜ銀行であったり、なぜ証券なのかということをはっきりさせましょう。しっかり業界研究をして、その分野が担っている役割を理解したうえでESに書きましょう。

どんなことを学びたいか

企業側からすると、受動的にただ教えてもらおうとする学生よりも、主体的に何かを学び取ろうとしている学生のほうが評価が高いです。

自分が応募するインターンシップのおおよその内容を把握した上で、そのインターンシップに参加したうえで自分がどのようなことを学びたいのかということをはっきりさせましょう。

金融業界内定の先輩の志望動機は?

銀行の志望動機の例文

私は様々な企業を財政面から支えることができる金融業界に興味を持っています。その中でも銀行は、融資という最も代表的な財政面の支援ができると考えています。今回のインターンシップでは、銀行における実際の業務内容や必要なスキルを学び、社員様や他のインターンシップ生と切磋琢磨することで自身のコミュニケーション力や論理的思考力を磨きたいと思っています。

損害保険会社の志望理由の例文

私は部活のマネージャーを行っていた経験から、他人をサポートすることにやりがいを感じるということがわかりました。損害保険会社では、リスクマネジメントによって他企業の挑戦をサポートすることができると知り、非常に興味を持っています。しかし、実際に中で   いる人はどのような仕事をしているのかということについて調べただけではイメージがわかないので、今回のインターンシップでのワークや社員様からのお話を通して理解を深めたいと思います。

JEEKのキャリアアドバイザーが、ESを添削!

最後に

今回金融業界の志望動機をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

実際にESが書けない、どのインターンシップに応募したらよいかわからないなどございましたら、ぜひJEEKにご相談ください。JEEKのキャリアアドバイザーが無料でサポートさせていただきます。

是非短期インターンに参加して、就職活動を有利に進めましょう!

JEEK登録ページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう