就職ランキングで毎年上位にランクインするインフラ業界。社会を支えつつも、安定した堅実なビジネスを行っています。

また、鉄道やガスや電力など、一ユーザーとして身近なサービスであることも人気の秘訣です。しかし、いざ短期インターン等で志望動機を作成するとなると、手が止まる方も多いはず。

そこで、今回は、インフラ業界の短期インターンの志望動機について解説していきます。インターンや就活について疑問や不安がある場合は、JEEK(ジーク)にご相談ください。

インフラ業界について知ろう

まず、インフラとはどういった業界を指すか知っていますか?

インフラとは社会基盤を意味する「インフラストラクチャー」の略で、エネルギー(ガス、電力)、通信、鉄道、道路、運送、倉庫などの業界の総称です。

まずはそれぞれの職種にどんな特徴があるか確認してみましょう!

インフラ業界の業界研究をしたい方はこちら!

エネルギー

電力・ガス

インフラといったらエネルギーというイメージを持つ方が多いでしょう。中でも私たちの生活には欠かせない電気やガスといったものが有名です。触れることの多いインフラなのでイメージがしやすいです。

鉄道・高速道路

次に鉄道や、高速道路といった交通機関もインフラの一つです。私たちの移動手段やモノの流通にも欠かせないものです。また、近年では地方と都市との格差をなくすためにも交通インフラの活性化がめざましいので、需要の拡大が見込まれるインフラの一つでしょう。

通信

続いて通信インフラです。近年の通信インフラは、インターネット回線やスマートフォンの利用増加によりとても重要度が増しています。今後もインターネットの活用がさらに増すと見込まれるので、より高速で大容量の通信インフラを整備していく必要があるでしょう。

運輸・倉庫

最後に運輸・倉庫といったモノの流通には欠かせないインフラです。陸海空といった様々な流通網を駆使して人やモノを運ぶ運輸や、商品の保管や補充といった担う倉庫は物流の核になるものです。今後はインターネットサービスなどの利用によりさらに需要拡大が見込まれるでしょう。

インフラ業界でのインターン。その内容は?

インフラ業界で求められる人材

インフラとは何かを分かった上で、次はインフラ業界で求められている人材についてみてみましょう。

ただしこの内容を見て、求められる人材の要素と自分の価値観が合致しないと落胆する必要はありません。学生時点ですべての要素を兼ね備えることができる人は少ないです。

ここでは、自分の中で少しでも合致する部分がないか確認してみましょう。

・社会への貢献意識

インフラは人々の生活に欠かせない業界なので、社会への貢献意識なしには務まりません。

多くの人の役に立ちたいなど、人のためになる仕事がやりたい人はインフラ業界に向いています。

・強い責任感

人々の生活に欠かせない事業なので、インフラ整備が止まってしまうと困るひとが出てきます。そういったことが起こらないためにも、責任感が強い方が向いています。

子供のころからやり続けている事がある人など、やり遂げる力を持つ人はインフラ業界に向いています。

・ストレス耐性

社会貢献や責任感を強く感じる仕事が多いインフラ業界は、すべてが楽な仕事とは限りません。人々の役に立つために、世間の人が知らない地道なところでの仕事を必要とされる場合もあります。

そんな時もめげずに、ストレスを感じずに仕事に取り組むことができる人が求められているでしょう。

インフラ業界も新規参入などの波に押され、複雑化しています。それに伴い求められている人材が変わる場合もあるので、よりクリエイティブな人、やる気のある人が今は求められています。

JEEK厳選!おすすめの短期インターンシップ一覧!

志望動機を作成する際のポイント

社会に不可欠なサービスを提供するインフラ業界は安定したイメージを持たれています。そのため希望する学生は増えており、他との差別化や意識の違いが重要になってきます。

そこで広い職種を持つインフラ業界を志望するときに、大切なポイントを押さえていきましょう!

なぜインフラ業界なのか

まず、なぜインフラを選んだかが重要になってきます。ここでは広い意味でのインフラに対するイメージをふくらましましょう。

他の業界にはないインフラ業界の魅力を把握しておくことが大切です。

インフラの中でもなぜその分野なのか

次に、インフラの中でもなぜそのよう分野を選んだかを考えてみましょう。

例えば電気会社に勤めたい人の場合、「地震の多い日本で安定した電気供給をしたい」など、人それぞれの思いがあります。素直に自分の考えを出してみることが大切です。

社会貢献意識を持つようになった理由

いくら社会に貢献したいと語っても、なぜ社会貢献の意識を持ったのかという根拠がなければ説得力に欠けます。

「海外で頻繁な停電を感じ、日本の電力供給の安定性の価値を再認識した」など、社会貢献意識を形成した、自身の体験や価値観などを説明できるとなおよいでしょう。

どんな仕事がしたいか

希望するインフラの中でも、職種によって業務内容は変わってきます。

電気会社なら電圧の定期点検をする人や、電力発電の工場で働く人もいます。働いてみたいインフラを見つけたら、さらにそこで何をしてみたいか深堀してみましょう。

ここで考えたことはESで書いたり面接で話すことの基礎となります。しっかりとした土台を作れば志望動機も作りやすくなるので、上記のポイントを抑えつつ考えてみましょう。

好印象なES(エントリーシート)用の写真とは?

インフラ業界内定の先輩の志望動機は?

ここでは既にインフラ業界に内定した先輩の志望動機や志望理由などを見ていきましょう。実際に内定をもらった先輩のお話は業界のことを知るための有効な手段です。ここではインターン生用に書き直した例文で確認してみましょう。

先輩1 Hさん

私は幼いころに震災を経験しており、その時に子供ながらにライフラインの大切さを痛感しました。就活を始める際に社会に貢献でき、ライフラインに関わる仕事がしたいと思いインフラ業界を志望しました。

このインターンでは、インフラ業界についてより深い知識を学びたいと思い、そして自分の経験したことを活かせる職場で働きたいと思って応募しました。

また学生の頃はテーマパークのアルバイトでコミュニケーション能力を高めることができたので、地域の人と積極的にかかわる仕事をしたいと考えています。少しでも社会の役に立つような人を目指しています。

先輩 2 Sさん

私は社会の役に立つような仕事に就きたいと考え、インフラ業界のインターンを志望しました。

私は大学2年の時に初めて被災地でのボランティア活動をしました。そこではインフラ整備が終わっていないところでの暮らしをしている方たちと出会い、被災地の方の力強さを感じました。

そんな人たちの力に少しでもなりたいと思い、この業界を志望しました。

また、私は剣道を小学二年のころから続けており、高校生の時には主将を務めました。この経験から責任感と継続する力を得たので、この強みを軸にインターンではインフラの仕事について学んでいきたいと思います。

GD(グループディスカッション)の対策方法とは?

最後に

インフラ業界に関して解説してきましたが、いかがでしたか。少しでもインフラ業界に対する理解が深まれば幸いです。インフラ業界は、就活生にも非常に人気のある業界ですが、実際の業務内容まで理解している学生は非常に少ないです。

「安定してそう」「鉄道が好き」といった理由で志望する学生が多い中で、業務内容を理解したうえで志望していることは評価の大きなポイントになります。業務内容を理解するためには、短期インターンが最も効率的な方法です。

ワークや社員の方のお話を聞く中で、インフラ業界の本当の業務内容が見えてくるはずです。インフラ業界を志望する方は、ぜひ短期インターンに参加してみてください!

短期インターンなどのご相談もJEEKへ!

JEEKでは、皆さんの疑問に感じた事やインターンについてわからないことなど様々な質問を受け付けています。

今回の記事のようなインフラ業界の短期インターンはもちろん、長期インターンやその他業界のインターンのことなども取り扱っているのでお気軽にご質問ください。

他にも下記のような関連記事や求人情報など見てみることをお勧めします。じぶんの可能性を広めるためにも積極的にインターンの情報を調べたり、参加してみましょう!

インターンエントリー会はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう