インターンや就職活動で、ES(エントリーシート)とともに提出が求められる写真。写真の良し悪しで合否が決まることはないものの、第一印象を決定づける大きな要素です。

しかし、このような場面でどのような写真を準備すればよいのかわからない方は多いはずです。

そこで、今回は、インターンや就職活動で準備すべき、ES用の写真について解説していきます。

JEEK(ジーク)では、このようなインターンや就職活動に関する質問を受け付けております。疑問や不安がある方はぜひご相談ください。

ESの書き方はこちら(まずは導入編から)

インターン・就活用に使用するES用の写真とは?

いつ使う?


インターンでは、エントリーシートとともにデータ形式で提出する場合が多いです。

一方就活では、データで提出する企業もありますが、履歴書に添付する等、データだけでなく、実際に写真を用意する必要があります。

どうやって準備する?


①写真スタジオで撮影

最も定番でかつ間違いのない方法です。他の方法に比べて高価ですが、撮影から加工、編集までを行ってくれるため、安心です。

就活生に人気なのは伊勢丹の写真室です。2万円ほどかかりますが、高品質な写真を用意してくれるため、毎年多くの就活生が訪れます。

また大学でも、就活シーズンになると、生協等でプロのカメラマンが写真を撮ってくれる場が準備され、比較的安価で撮影することができます。


②スピード証明写真で撮影

写真スタジオよりも手軽で、かつ安価に済ませられる方法です。しかし、スタジオ撮影と比べると、質は落ちます。データ形式の画像も必要になることが多いため、スピード証明写真だけでは不十分です。

スタジオ撮影が間に合わない場合など、緊急の時に活用すると良いでしょう。


③スマートフォンで撮影

スマートフォンで自撮りをしたり、友人に取ってもらう方法です。非常に手軽ではありますが、就活ではNGです。

入社後の社員証に使用する写真にもなるので、このような方法で撮影していたという人はこれを機にスタジオで撮影するようにしましょう。


撮影時の注意点は?


「写真のサイズは?」「どのような服装で撮影すれば良い?」など、様々な疑問に解説していきます!

ESの写真撮影を控えている方は、参考にしてみてくださいね!

サイズ、枚数、背景色

サイズは縦40ミリ、横30ミリの写真を用意しましょう。用意する枚数は人によりますが、20枚程度が平均的だといえます。背景色は基本的に何色でもよいです。もっともベーシックで、肌の発色がよく見える背景色はグレーだと言われています。


服装

服装はスーツで撮影しましょう。色は黒か濃紺、柄は無地か薄いストライプが無難です。派手なスーツはなるべくさけましょう。

スーツの色や柄も大切ですが、それと同様に重要なのが、サイズ感です。自身にフィットするスーツを用意しておく必要があります。

私服面接の服装についてはこちら


髪型

髪型は黒か暗めの茶色である必要があります。明るすぎる髪色は、印象がよくありません。

また、顔がしっかりと見えるような髪型にする必要があります。長髪の場合はきっちりと髪を束ねると清潔感のある印象を与えます。

髪を結ぶ位置は高すぎず、目の高さの延長線上に結び目がくるように結ぶとバランスがよく、上品になります。ポニーテールは避けましょう。

ミディアムヘアの場合は、無理に結ぼうとせず、サイドの髪を耳にかけるなどして顔を出しましょう。

また、前髪は目にかからないように気をつけましょう。顔が暗く、表情が見えないため、全体的に暗い印象を与えてしまいます。

だからといって、ピンを使っておでこの真ん中あたりを止めてしまうと、子供っぽくなってしまいます。前髪を分けるなどして、対処しましょう。


メイク

メイクは、全体的に「濃すぎず、薄すぎず」を意識しましょう。チークを塗りすぎたり、派手なアイシャドウ、カラコンなどはNGです。

以下、メイク箇所に分けて紹介していきます。


目元

アイシャドウで目の周りを囲ったり、アイライナーで目の際を強調するメイクは、近寄りがたい印象を与えるためあまりよくありません。

目元のメイクだけを足し算しすぎることがないように注意しましょう。

とはいえ、薄すぎもNG。不健康な印象を与えてしまいます。

アイシャドウは、ベージュ系かピンク系をぼかすように塗っていくと自然な仕上がりになります。


口元

口紅は、血色がよく見える色を選びましょう。ピンクなどの明るすぎる色合いは避けたほうが無難です。ピンクベージュ系、ローズピンク系、ベージュ系のオレンジなどがオススメです。

また、キラキラしたグロスや、パール系の口紅は控えましょう。「やりすぎ」という印象を与えますし、清潔感がなくなってしまいます。


ベースメイク

ベースメイクは、自分の肌にあった色を選びましょう。自分の肌よりも明るい色を選ぶと、顔が白く浮いてしまいます。

ファンデーションを塗ってみたときに、首の色と見比べて浮いてしまっていないか確認すると良いです。

また、クマなどが目立つと不健康な印象を与えるので、コンシーラーなどでケアするようにしましょう。

短期インターンの面接のメイクについてはこちら


表情


ここまでいろいろなことに気をつけてきました。最後に大切なのが、表情です!柔らかくかつ凛とした表情で撮影をしましょう。


1 正しい姿勢で!

軽く胸をはり、姿勢を正して撮影しましょう。普段猫背になってしまうという方は特に注意が必要です。また、写真館などで撮影するときには、椅子の高さにも気をつけましょう。自分にあった高さに調整すると良いです。


2 簡易レフ板を使って表情を明るく!

ハンカチや白い紙、ノートなどを膝の上に乗せるだけでレフ板のような効果が期待できます。

一工夫で顔も明るくなるので、スピード写真で撮影するときなどは、試してみると良いかもしれません。写真館での撮影の時は不要です。


3 顎をひく

おでこをカメラに突き出し、顎を引くイメージで撮ると写りがよくなります。

これは「シンデレラ角度」といって、テレビ番組でも紹介されていた有名な方法です。

顎を引くことで、シャープな写りになります。


4 自然な笑顔で!

必ずしも笑顔で撮影すべき、とは言いませんが、笑顔のほうが好印象を与えます。

口角をあげて、自然な笑顔で撮りましょう。このとき、歯を見せないように注意が必要です。

最後に

いかがでしたか?

ESに使う写真は、選考の合否を左右することはありませんが、その人の第一印象を決める大切なものですよね。どうせ撮るなら良いものを撮れるように、少し下調べをすることも大切です。

JEEKでは、このような就活の素朴な疑問にもお答えしています。

ぜひ活用してくださいね。

JEEK登録ページはこちら

困ったことがあったらJEEKに相談しよう!

JEEKでは、インターンシップや就職活動などに関する疑問を受け付けています。

わからないことや質問したいことがある方はぜひJEEKにお問い合わせください。

また、JEEKでは、「インターンエントリー会」というものを実施しています。

・インターンのエントリーシートの書き方を知りたい 

・個別にサポートを受けたい 

・自分に合っている職種や業界、オススメ企業など教えてほしい 

・インターンシップに合格したい!

上記に一つでも当てはまるものがある方は、ぜひインターンエントリー会にお越しください。

JEEKのキャリアアドバイザーがお待ちしています。

インターンエントリー会はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加