学生のうちにITの世界を経験したい!

Qインターンシップを始めたきっかけは何ですか?

大学で知識と技術そのものを学ぶことができましたが、実際に自分がITの職業の分野で活躍している姿がイメージしづらかった事と、プログラミングを実践で経験したいと考えて、インターンシップに応募しました。

前々からプログラミングに興味がありましたが授業でかじった程度でした。大学でゼミに入るまでには運用できるとうになりたくて、学生でなおかつほとんど未経験でも学ぶことができるインターンという点に惹かれて、マッチングッドに入ることを決めました。

またマッチングッドでは、他にもインターン生が多く働いていると聞き、学生が働くための環境作りがなされているのだと感じたのも、マッチングッドで働く大きな決め手になりました。

Q.マッチングッドではどんな仕事をしていますか?

まだリリースしていないプログラムのテストケースの実施・作成やお客様のシステムのログの解析や簡単なプログラムの作成、他にもモックアップの作成や何らかのサイトやシステムの外観デザインの施策や検討の段階で用いられる模型の作成も行っています。

また、人材会社に対してマッチングッドがどんな製品で、どんなメリットがあるのかを電話で提案営業しています。たまに企業の商談の同行もさせてもらえるのはとてもよい経験になっています。

Q.インターンシップを経験することでどんな力が身に付きましたか?

マッチングッドで学んだことはとても多くありますが、特にタスク管理やスケジューリングの大切さを学びました。学校の研究は時間があり、質の高いものを作ることに重きを置いていましたが、会社ではコストと時間のバランスをとることが大切だと学びました。

また、大学で様々な知識や技術を学んできましたが、具体的にIT工学などがどのようにして用いられているかを生で体験できたのはとてもよい経験です。

他にも一つの課題やわからないことに対してひたすら向き合って考えていく姿勢を学べました。初めてのシステムを見るので自分で見たり読んだりしてひたすらまねていって、追加していく力やわからない部分について的確に質問をする力が身に付きました。

学校とも両立可能な圧倒的成長の場!

Q.働き始めて意識が変わったことはありますか?

実際にマッチングッドで働き、ITの分野において何の力が求められているかを意識し、学校で勉強や研究などをするだけでは気が付くことができないことに気づけたのはとてもよかったと思います。

それに自分と年齢の変わらない学生でもどんどん業務をこなしているのを見て他のバイトと違ってとても良い刺激を受けています。どこまでできる能力があるのかが、すぐにうき彫りになるし、他のインターン生にも負けられないので、質やスピードを高めることが常に求められます。 また、勉強とは違って時間が限られているので、限りある時間の中で自分ができることは何か意識する癖が自然と身に付きました。

Q.学業との両立はどうなさっていますか?

私は大学院生なので、研究と授業+インターンをしていますが、週の労働の最低基準の12時間という時間は確保できているし、土日は休みなので趣味の楽器演奏もでき、学業とインターンシップの両立は問題ないと思います。

他のバイトと比べて学生であることを考慮してもらえるし、インターン生としての業務の内容も学校の内容とリンクしているのでとても勉強になります。また、アルバイト同様に空いている時間に働けるのでとても融通がききますし、学校で補講などがある時も自由にシフトを動かせるのはとてもありがたいです。

Q.将来の夢はありますか?

Web系のソフトウェア開発に携わるSEになって普通じゃ考えられないぐらいの額を稼ぎたいです。将来的には今やっていることを生かすことができる企業に入れればいいと思っています。将来の人物像としては、今まで経験したことを土台に、その上に何か新しいことを作り出せる人間になりたいと思っています。

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう