これからますますの成長が予測されているIT業界の花形職、エンジニア。

人材不足が影響していることもあり、オシャレなオフィスと充実した学習環境、なおかつ高給で働いているエンジニアが最近増えてきています!

アメリカの大学ではすでに"コンピュータサイエンス"の学部が大人気を博しており、他学部からもその知見を得ようと人が押し寄せるそうです。

この記事をご覧いただいているみなさまは特に!エンジニアに興味がある方々だと思います。

そこで・・・今回は、IT企業でエンジニア職に就く方法を最近の就活事情を交えながらご紹介します!


イケてるエンジニアの就職事情

まずはイケてるエンジニアの就職事情から!
すでにスキルがあって、素晴らしい成果があるエンジニアはどの企業からもひっぱりダコです。
ベンチャー/大企業問わず、様々な企業からオファーが殺到するでしょう。
就職活動は安泰です。安心して就職活動に臨めます。

普通のエンジニアの就職事情

一方、独学レベルで学習を進めていて、まだ実績経験がないエンジニアの就職活動はどうでしょうか?

実際のところ、学生生活を送りながら、自力で(高いレベルの)サービスを形にして選考に臨める学生は少数です。

ここで、実績の代わりに審査されるのがいわゆる


などの社会人基礎力です。

実は、こうした土台の上で戦うのはやはり面接官との相性といったような"運"の要素も必要になる上に、コミュニケーションが円滑にとれる人が有利になりやすいんです。

なので、まだ実績をお持ちでない学生さんは、今から世間に通用する成果物を作ることが就職活動に勝つための近道だと言えます。

【初心者でも参加できる!】エンジニアインターンのススメ

インターンに参加しよう!

では、企業へのアピールとしての成果物を作るためにはどのようなことをすれば良いでしょうか?

その手段として最も効率的なのが、 エンジニアとして企業でインターンすること です。

エンジニアを志す学生さんにとってインターンに参加することのメリットは、

などがあります。

やはり独学で勉強を続けるよりも、アドバイザーやメンターと二人三脚での学習の方が効率が良いですし、なによりも仕事をしてお給料をもらいながら実績を作れるので、アルバイトに時間を使うよりも有意義な時間の過ごし方ですよね!

初心者でも参加できる!

もちろん、初心者や未経験者の方でも参加可能なのがインターンシップの魅力です。
就職活動とは違い、インターンは”スキルを身につける”ために参加するものですから、

このように、エンジニアとして就職活動を実施しようと思っている方にはインターン参加がオススメです!

エンジニアのインターンの検索はこちらからどうぞ!