インターンシップの面接で聞かれる5つの質問とその準備

今回は、インターンシップの面接でよく聞かれる5つの質問と、それに対してどのような準備をして臨めばよいのかに関して、いくつかヒントを挙げていきます。 インターンシップの面接を控えている方はぜひ参考にしてください。

 基本的に、この5つの質問に関してしっかりと答えられれば、自分についてきちんと知ってもらうことができます。

よくある質問①「なぜインターンをしたいと思ったのですか?」

インターンをはじめようと思った理由についての質問です。基本的には、自身の過去の体験や頑張ってきたことと、企業の方向性が合致していることをロジカルに説明できるかがポイントです。

また、インターン先の企業から学んでばかりではなく、自ら企業活動に貢献していきたい意志も忘れずに伝えましょう。

よくある質問②「学生時代に頑張ったことはなんですか?」

高校・大学生活において今までどんなことをしてきたのか、サークルや勉強、部活など含めてよく聞かれます。 出来事をバラバラに説明するのではなく、それぞれの話に一貫した自分の性格・パーソナリティが浮かび上がるよう、意識して話すと良いでしょう。

事実に基づく範囲内でいわゆる「盛り」を入れていくことも重要です。あくまで、事実に基づき、自信をもって面接に臨みましょう。

よくある質問③「インターンではどのようなことをやりたいですか?」

①の質問と重複する部分もありますが、インターンにおいてやりたいこと(職種・業務など)を、具体的に説明できるようにしておきましょう。

 もちろん、明確な業務内容はインターンに入ってからでないと分からないでしょうから、大まかな自分の意思を伝えられれば大丈夫です。 また、なぜその業務に興味を持ったのかも説明できると良いです。

よくある質問④「趣味、Word・Excel・PowerPoint等は使えるか、将来の夢etc…」

面接では、このような自分自身に関する質問がさらっと聞かれます。 こうした質問に関してはそこまで深く準備をする必要はなく、その場その場で対応できれば良いでしょう。

ただし、しっかりと自分の魅力が伝わるよう心がけてください。 このような質問への回答は人それぞれですので、等身大の自分自身をさらけ出すことが大切です。

グループディスカッションで圧勝する秘訣はこちら

【重要!】よくある質問⑤「週何回・何時間、期間はどのくらい入れますか?」

一見、単なる事務的なやりとりに見えますが、実は非常に重要な質問です。

いくら面接での評価が良くても、企業側の募集条件と応募学生の希望が一致しないと、それだけで不採用となってしまう場合が非常に多いからです。

事前に企業の募集条件(週何回以上、何ヶ月以上)をしっかりと確認し、その期間はしっかりと参加できるように「自分で時間を作り出す」という意識を持ちましょう。

 中途半端な仕事の仕方だと、その分インターンで獲得できるものは減ってしまいます。達成感もあまり得られない結果になってしまうかもしれません。

これらはインターンシップの選考のみならず、就職活動においても十分に応用できるものです。 最低限、このような質問によどみなく答えられるように準備して面接にのぞみましょう。

「将来への一歩を踏み出そう!」

メディアで話題沸騰中の「WILLFU STARTUP ACADEMY」を無料で体験できてしまうイベント開催中!

将来のためになる知識やスキルが身につく、印象的な1日となること間違いなし!お気軽にご参加ください!応募はコチラ▼

Line at banner
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう