タクシー業界6年連続No.1の日本交通とは

日本交通は業界全体の未来を見据えている会社であると言えます。 タクシー業界で先陣を切ってスマホアプリの自社開発を推進、LINEアプリ連動企画など業界内で積極的にIT化を進めています。 また、海外展開にも非常に積極的です。

日本交通は歴史のある会社ですが、考え方はとても柔軟です。 頭ごなしにあれやれ・これやれではなく、まずはチャレンジしてみようという風土のある会社です。

東京に本社を構える日本最大級のハイヤー会社

お客様一人一人のニーズに合わせ、 乗務員のきめ細かいサービスと高級車両で 最高の空間をご提供するのがハイヤー運転手という仕事です。 日本交通のハイヤーとは完全予約制のサービスで、交通機関の中でも高い付加価値を持っているものです。 この領域でも保有台数1,200台以上(通常のタクシーは4,000台強)と日本最大級のハイヤー会社でもあります。

タクシー運転手が憧れる日本交通社専用乗り場

都内32カ所に日本交通のタクシーだけが乗り入れることができる専用乗り場を設置しています。 例えば、六本木ヒルズ、ミッドタウン、虎ノ門ヒルズ、日本テレビ 、慶應病院、順天堂医院、東京女子医大病院、 グランドハイアット、リッツカールトン、シャングリラホテルなど。 タクシー運転手にとっては安定した稼ぎになる為、日本交通で働くことの大きなメリットと言えます。

日本交通の新たな取り組み

「キッズタクシー」「お出かけサポートタクシー(介護)」「陣痛タクシー」等の特別なおもてなしをプラスした新サービスを展開しています。 また、コンビニ(ファミリーマート)にタブレットを設置し、その場がタクシー乗り場にできるという先進的な取り組みをしています。 他にも、あらゆるツールでの支払いによりキャッシュレスでスムーズに(docomo、au、yahoo、LINEなど)、便利な決済システムを業界で先駆けて導入しています。

未経験の中途転職者の年収

給与面でいうと、入社3ヶ月は、月給40万円保証という制度があります。 入社1年目の平均年収は420万円という高水準の給与実績もあります。 入社1年目でも600万円以上稼ぐ人が全体の3%(入社1年目のみです)、400?600万円の中に収まる人が全体の68%と安心した働き方ができる実績が出ています。 それを実現できているのは、12,500社との法人との契約によるタクシーチケット(法人チケット単価は現金の4倍です)制度や、無線配車利用客(無線配車の単価は通常の2.5倍)といわれる、流し以外の電話指名やアプリ利用のお客様を掴んでいることが要因として挙げられます。

日本交通タクシー運転手の求人は未経験でも採用されるのか

タクシー運転手になる前職ではほぼ全ての業界、業種を網羅しているくらいに多岐に渡ります(元ITエンジニア、元製造業エンジニア、元歯科技工士、元コンビニアルバイト、元飲食店の店長、元アパレル、専業主婦、などなど)。 研修制度も非常に充実しており、未経験者の研修は1ヶ月間にも渡り、その間に日当も1万円+交通費が支給されます。 もちろん、免許取得の費用も会社が全額負担してくれます。 経験者の転職に関しては研修期間は10日間のみ、すぐに路上にでて営業することが可能、と大手特有のルールに縛られることがないという点も働きやすさに現れています。 高齢者の転職にも広く門戸が開かれています。 例えば定年を決める際、60~65才で選択定年制というものもあります。 また、定年後も定時制雇用として68才まで雇用可(現在400名以上がご活躍されています)という実績があります。

タクシー運転手/ドライバーの業界特集 【日本交通編】まとめ

88年の歴史と業界トップでありつづける安定感には、 日々の現場での接客・サービス、それに加えIT技術を駆使した圧倒的なイノベーション力があるからこそ。 強く安定した企業を、社員全員でつくっていく風土がある日本交通にぜひチャレンジしてみてください。