インフラ業界というと理系職と思う方がいると思いますが、実は文系出身の方も多くいます。中には、インフラ業界とは、どんな仕事をしているの?と疑問に感じる方もいると思います。

本コラムでは、インフラ業界の説明、インターンでどのような経験ができるか詳しく解説していきます。

インフラ業界の業界研究はこちら!

まずはインフラ業界について知ろう!

まずインフラとは、どういった業界を指すか知っていますか?インフラとは、エネルギーや通信、交通機関など人々の生活に欠かせないライフラインを担っている社会貢献度の高い業界です。

就活でも人気のあるインフラですが、少し調べただけの企業研究ではすべてを理解することは難しいです。

インフラ業界は奥が深く魅力が多い分野なので、自分でも気になることがあったらとことん調べてみましょう!以下は、インフラの代表例です。

エネルギー分野

インフラといえば電気やガスなどの、エネルギー分野が欠かせないものです。私たちの生活に関わる重要な仕事なので、需要も高く人気もあります。昨今では、環境にやさしいクリーンなエネルギー開発を行うことが注目されており、太陽の熱を使ったソーラーパネルなどの活用に関心が寄せられています。

交通

電車や鉄道、高速道路といった交通機関もインフラの一つです。他のインフラの基盤にもなる交通インフラは、近年、大都市と地方を結ぶ大事な役割を担っており、今までの日本の発展ひいては今後の発展にも存在感を増していくインフラです。

通信

今の時代、ほとんどの人が携帯電話もしくはパソコンなどの通信機器を使っており、人々の生活とは切っても切り外せない重要なインフラになってきています。今後もインターネットや通信技術の安定した供給は見込まれ、さらに高速で容量の大きい通信インフラの整備が必要不可欠となるでしょう。

運輸・倉庫

最後はモノや人の流通には欠かせない、運輸や倉庫といったインフラです。陸海空の流通網を用いて人やモノを運ぶ運輸や、商品の保管などの管理を行う倉庫は、物流の中心です。今後はインターネットや交通網の整備により、さらに飛躍が見込まれるインフラです。

インターンシップをやると、どのようなことが身につくの?

長期インターンでのインフラ業界の仕事内容紹介~基本編~

ここまで「インフラ業界とは」について学んでみて、少しでもご理解していただけたでしょうか。インフラ業界は分野が広い分、自分の興味のある分野を調べて探すことが大事になってきます。

選択肢が多いので、迷う方が多いのも事実です。そこで長期インターンを利用して、自分が興味のある分野で働く際に業務内容にギャップがないかなど、現場での仕事の雰囲気を感じてみることが大事になります。

下記では、長期インターンのインフラ業界では何をやるのか、どんな職種があるのかなどを紹介していきます。

インフラ業界での企画

・仕事内容

主に企画職とはリサーチや商品開発などが一般的ですが、インフラ業界での企画は従来のインフラを応用、または、全く別のインフラ設備を開発することが主な仕事内容になってきます。

全く興味のない分野でも、新しいことや知らなかった知識などに触れ合える機会が多いので、将来インフラ業界での企画を希望している人は挑戦してみることをおすすめします。

・身につくスキル

また、企画職の主な仕事内容は上記のように書きましたが、もちろん他にも宣伝や広告などの分野を行ったりする企業もあるので調べてみることが大切です。

企画立案やプレゼンの仕方まで実際の職場で身についたスキルや体験したことはあなたの強みになります。

・こんな人におすすめ

他にもグループワークが得意な方、クリエイティブで自分の考えを持っている方など、企画という仕事をやってみたいと思う方は、ぜひ考えてみてください。

インフラ業界での営業

・仕事内容

企業における営業は会社の顔となる代表的な業務であり、それはインフラ業界でも変わりません。せっかく開発したエネルギーのインフラ設備も、誰かが売り込まなければ利益を生むことはありません。

ただ売るだけではなく、同時に、営業とは自社の製品を一番熟知しており、自信をもって売り込むことができることが大切になってきます。

・身につくスキル

自社の製品や他社とは違う部分を研究するので、観察力などが身に付きます。

もちろん営業ですから、社会人の方と話す機会も増え、ビジネスマナーなどを身に着けるチャンスが生まれます。ここで培った営業の技術を就活までに自分のモノにできれば、就活も心強いでしょう。

こんな人におすすめ

コミュニケーション能力をさらに上げたい方、営業のいろはを身につけたい方などは挑戦してみる価値ありです!

インフラ業界でのマーケティング

・仕事内容

インフラ業界でのマーケティング業務は、開発されたインフラ設備に付加価値やサービスを付け、いかにお客様に買ってもらうかを考える業務です。企画で商品を開発し、マーケティングで商品の価値を高め、営業で商品を売っていく流れが企業のスタイルです。

・身につくスキル

マーケティングも企画と同様、社内外を含めたコミュニケーション能力や提案力などが鍛え

られていくので、総合的な力が養われます。

・こんな人におすすめ

ぜひ、マーケティングをやってみたいという方、マーケティングの仕事に興味があるという方は将来の自分の。

インフラ業界の技術職について

ここまでは、主に文系の事務職中心の職種についてまとめましたが、インフラ業界では理系の技術職も求められています。技術職のインターンは希少なので、将来インフラの技術職での就職を希望している方は、まず事務職で働いて経験を積むことも、将来の役に立つかもしれません。

最後に

いかがでしたでしょうか?少しでもインフラの業界や職種の理解につながることができたなら、幸いです。インフラ業界は堅実で安定しており、市場や収入の安定などが見込まれるため、学部を問わず多くの学生に人気です。

ただ、人気が高く必ずしも内定をいただけるとは限らない、競争の激しい業界です。

そういった中で、業務内容やインフラ業界の研究ができている学生は多くはありません。

業務内容を理解したうえで、就活を進めると説得力も増し、評価が上がります。そのため、これを機に長期インターンを利用して、インフラ業界について詳しく知りましょう。

今回の記事のようなインフラ業界やほかの業界のコラムもあるので気になる方は下記のリンクから探してみてください。

他にも、インターンについてわからないことや、疑問に思ったことがあればJEEKにお問い合わせください!

JEEK登録ページはこちら

困ったことがあったらJEEKに相談しよう!

JEEKでは、インターンを始める学生を応援しています!

大学生になると将来の仕事を意識し始める時期になりますが、実際大学生のうちに何をすればいいかわからない方もいると思います。「自分には何が向いているだろう」、「自分は何がやりたいのだろう」など、ほとんどの大学生が一度は悩むことです。

そんな時は一人で悩まず、ぜひJEEKに相談してみてください。

JEEKには、あなたの悩みに親身になって、あなたをサポートしていくキャリアアドバイザーがいます。将来の進路や就活を考えていく上で、必ずしもあなたにとってインターンをすることが必要だとは限りません。インターンはあくまでも手段の一つです。

あなたにとって何が大切なのかを、インターンや就活に詳しいキャリアアドバイザーがと共に一緒に考えてみましょう!

また、JEEKでは毎日行われているインターンエントリー会というものがあります。

もちろんキャリアアドバイザーが、あなたの悩みや知りたいことにお答えしますので、興味のある方はぜひ下記のリンクから見てみて下さい。

インターンエントリー会はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう