JEEK(ジーク)では、多くの学生をインターンに送り出し、たくさんの就職活動実績や起業実績を作り上げてきました。

では、実際に長期インターンシップ後も活躍している学生は、インターン中どのような心構えで仕事をしていたのでしょうか?

長期インターンとは

社会人への第一歩!インターン参加中の心構え!〜初級編〜

①「ほう」「れん」「そう」をしっかりと行う。

まず、仕事をするうえで一番大切になってくるのが、「ホウレンソウ」です。

既に知っている方も多いかとは思いますが、「ホウレンソウ」とは、「報告」・「連絡」・「相談」のことです。

企業の血液とも表現される、この「ホウレンソウ」をしっかりできるようにすることが、インターンシップ参加時において非常に大切になってきます。

仕事を始めたばかりだと特に右も左もわからないことが多く、戸惑ってしまうときもあるでしょう。困ったときや、仕事の進捗状況など定期的に上司に伝えておけるようにしましょう

また、伝える内容はできるだけ簡潔かつ分かりやすくまとめたうえで相手にとって理解しやすいものにすることを心掛けましょう。

普段から、的確に素早く情報を伝えるというスキルを磨くことも大事ですね。

②身だしなみに気をつける。

社会人のマナーとして当たり前ですが、身だしなみには十分気を遣いましょう。

清潔感があって職場に適した服装でインターンシップに参加して、企業の方やお客さんに好印象をもってもらいましょう。

中には、服装が特に指定されていないインターン先もあったりと、具体的にどのような格好で出勤すればいいのか迷ってしまう場合もあるかと思います。

ただ、どの企業・業種・業界でも、清潔感のある上品で控えめな服装が基本的に求められています。

カジュアルな服装でも良いとされている企業であっても、自分の好みや趣味に走らずに清潔感があるかどうかをしっかり確認しましょう

では、男性・女性別に清潔感のある身だしなみについて詳しく見ていきましょう。

~男性の場合~

はきちんと整えましょう

眉にかからない程度の前髪にし、襟足はすっきりさせましょう

・ワイシャツの襟や袖口に染み汚れがないか確認しましょう

・靴の汚れはきれいに拭き取って、定期的に磨いて手入れしましょう

・ネクタイは派手なデザインンは避け、シンプルなものを選びましょう

~女性の場合~

・ヘアカラーは会社の規定に合っているか仕事に邪魔にならない長さになっているか気を付けましょう

・化粧はビジネスの場に合ったナチュラルなメイクにしましょう

・スカートを履く際は必ず肌色のストッキングを着用しましょう

・アクセサリーを身に着ける場合は、小ぶりで上品かつ目立たないものを選びましょう

インターンシップに参加する中で、社内の役員の方や大切な取引先の方と接する機会は結構あります。

会社の顔として良い印象をもってもらえるよう、職場に適した服装や身だしなみができているか十分注意しましょう。

面接時の服装についてはこちら

③言葉遣いに気をつける

こちらも当たり前のマナーになってきますが、ビジネスの場に適した言葉を使えるようにしましょう。普段学校で友人やサークルの仲間と楽しく会話しているような言葉では、当然社会人には受け入れられません。

学生にとってなかなか使う機会はあまりないかもしれませんが、正しい使い方で自然な敬語を話せるように努めましょう

具体的に仕事をするうえでどのようなことに注意すべきか、次に示しましたので参考にしてください。

・社外の方、特にお客様には必ず敬語で接する。

・社外の方と話すときに、自分の上司を敬う表現は避ける

・社内において、上司には必ず尊敬語を使い、同僚には丁寧語を使う

自分の親族に対して敬う表現はビジネスの場では使わない

・他社や取引先のお客様を言い表すときは必ず敬語を使う。

・相手の動作に対しての謙譲語は絶対に使わない

基本的には上記の留意点を抑えて社内・社外の方と接するようにしましょう。

どうでしたでしょうか。身だしなみやきちんとした言葉遣いなど、普段の学校生活を過ごしているだけではなかなか意識する機会がないのではと思います。

しかし、社会人としての最低限のマナーをしっかり身につけられることもインターンシップに参加することで得られるメリットではないでしょうか。

せっかくインターンシップに参加するのであれば、学生のうちから社会で求められるビジネスマナーも是非学んでいきましょう。

インターン中に実績を作る!インターン参加中の心構え!〜上級編〜

当事者意識を持つ

当事者意識、つまりは自分自身がその事柄に関係しているという認識をもって仕事に取り組むことが大切です。

実際に自分自身が直接関わっていなくても、問題が起こったときに当事者意識をもって「なぜこの問題が起きてしまったのか」「今後はどうしたら未然に防ぐことができるのだろうか」などと、主体的に深く考えていくと問題意識を常にもって仕事ができるようになります。仕事で周りの仲間よりもいち早く成果を残したいのならば、この問題意識を高いレベルで維持していくことが非常に大切になってきます。

日頃からどんなに小さい問題でも問題意識をもって生活していけば、いざ大きな問題が起きた時も論理的に課題解決の方法を考え出すことができ、仕事でも最大限のパフォーマンスを発揮できるでしょう。

インプットを大切にする

インターンシップに参加するにあたって頭に入れておけば役に立つ知識があります。

社会人では常識のようなものかもしれませんが、せっかくインターンに参加するならばしっかり身につけておきたいですよね。

①フローの知識

これは、主にテレビのニュースや新聞などの日常生活の場でも毎日目にするようなものです。

実際に会社の人と話したりするときにこういった時事の知識があると役に立つ場合が多くなります。

代表的なものとしては、日経新聞やロイターニュースなど暇なときに目を通しておけば、日本国内と世界のニュースについて頭に入れておくことができると思います。また、IT系のニュースも見ておきたいという方はTechCrunchなんかもいいです。

②ストックの知識

ストックの知識はフローとは異なり、スキルや技術といった意味合いが強くなります。

例えば、取引先へのメールの送り方や電話対応の仕方などのビジネススキルから、プログラミングだったり資格など実践的な知識になってきます。

なので、フローの知識よりもストックの知識の方が身につけるのが難しいですし時間もかかってくるかと思います。

専門性のある知識やスキルは今後社会に出てからも一生重宝される機会が多いので、インターンシップを通じて様々な経験を積んでいきましょう。

普段学校の授業などで得られる知識も非常に大事にはなってきますが、常日頃からニュースや新聞には短い時間でも目を通したり、興味のある分野や将来を見据えて必要だと思われる資格や知識習得に今から励みましょう。

いかがでしょうか?

今回はインターンシップ参加のうえで大事にすべき心構えをまとめました。

これからインターンシップに挑戦していく、という学生が多いかと思いますが、この記事で少しでも不安に思っていることや疑問が解決できたらうれしいです。

最後に

最後になりましたが、インターンシップ情報サイトJEEKでは、年間非常に多くの学生の就職活動やインターンシップといったキャリア支援を実施しています。

「インターンシップの企業ってどういうところが良いんだろう。」とか、「自分がどういう業界・職種に向いてるんだろう。」など気になることや不安なことがあればいつでもJEEKまで相談しに来てください!皆さんのご応募・ご相談お待ちしております!

エントリー会はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が気に入ったらJEEKに「いいね!」しよう